OSレポート
[提供:CBIT]

毎日5分!収益改善・空室対策はCBIT(シービット)の賃貸経営分析ソフト「ビズアナ オーナー」

  • 管理、空室対策

面倒な事務入力業務作業をなくし、管理会社からの収支報告書を専用サイトにアップするだけで、詳細な経営分析を可能にするのが「ビズアナ オーナー」だ。

手間なし、低コストで現状と競合データがわかる賃貸経営分析ソフト

所有物件ごとの収支や稼働状況、競合物件対策など、経営者として賃貸オーナーの業務は多岐にわたる。しかし、時間の問題やエクセルでの管理が煩雑などの理由で、状況をきちんと把握できていない人も多いだろう。そんなオーナーにおすすめしたいのが、システム開発を手がける(株)CBIT(シービット)が開発した賃貸経営分析ソフト「ビズアナ オーナー」だ。

一番の魅力は、とにかく手間がかからないこと。管理会社から届いた収支報告書を専用サイトにアップするかFAXで送るだけでデータ化され、パソコン上で詳細な分析が可能になる(下図版参照)。

また、良心的な価格も見逃せない。月額利用料金は1万円からで、戸数が増えるほど割安になる。50戸所有するオーナーなら月額利用料金は2万円で、1戸あたりの利用料はわずか400円。さらに、周辺の競合物件のデータを確認できる「賃料相場ビッグデータ」も1区画まで無料。例えば東京23区なら各区が、23区以外では各市が1区画となり、築年数や間取り、広さ、賃料などのデータを閲覧できるため、空室対策にも好適だ。

「今まで管理会社の言うことに疑問を抱いていたオーナー様も、ビズアナ オーナーを使うことで、経営者として対等な立場で交渉や提案ができると思います」と開発担当者。ぜひこの機会に導入を検討してみてはいかがだろうか?

 

※この記事内のデータ、数値などに関する情報は2019年3月6日時点のものです。

取材・文/淵脇 祐樹

資料請求をするとこんな資料がもらえます

ビズアナ オーナーで実現できることや主な分析機能、ビッグデータの区画詳細などを掲載した資料を差し上げます。


【会員限定】この記事の「オーナーズ・スタイル誌」での掲載ページを
PDFでダウンロードできます。

PDFをダウンロード
スムスム君

記事をシェアしてみよう!


その他のカテゴリーを探す

初心者のための
空室対策ノウハウ事典

空室対策には、「物件力アップ」、「販促力アップ」、「顧客満足度アップ」の3本柱が必要です。それぞれについて、不動産オーナー初心者の方にもわかりやすくノウハウをまとめています。

ノウハウ事典トップへ

動画でわかる!賃貸経営

オーナーズ・スタイル主催セミナーやカンタンDIY講座、物件見学会レポート、など、記事では紹介しきれないノウハウや話題のテーマを動画でお届けまします。

動画一覧を見る