企業レポート
[提供:メットライフ生命保険]

大家さんにこんなに役立つ!生命保険の様々な活用法|メットライフ生命保険

相続/節税/保険
  • 生命保険
公開日:2019年4月15日
更新日:2020年12月25日
大家さんにこんなに役立つ!生命保険の様々な活用法|メットライフ生命保険1

生きているうちから活用できることも生命保険のメリットだ。メットライフ生命大阪桜ノ宮エイジェンシーオフィスでは、その様々な活用法をアドバイスする。

オーナーズ・スタイルネットでは気軽に気になる企業の資料を取り寄せることができます

この記事を読んで興味があれば、ページ内にある【資料を請求する】、または【この企業・専門家に問い合わせる】をクリックして資料を取り寄せてみてください。

将来の資産形成に生命保険の活用を

生命保険の考え方は時代によって多様化している。死亡時に現金が受け取れるだけでなく、生前からリスクマネジメントに利用できることにも注目すべきだ。

現在、日本での年間死亡者数約130万人(※2016年)のうち半分以上はがん・心疾患・脳疾患の三大疾病が原因で亡くなっており、死亡しなくても三大疾病にかかっている人の数は200万人以上と非常に多い。生命保険ではこれらの病気に加え、認知症や要介護認定を受けても、その時から現金を受け取ることができる。

「死亡のリスクヘッジも重要ですが、生きているうちに三大疾病などに該当した際のリスクヘッジも重要だと考えます」とメットライフ生命(株)大阪桜ノ宮エイジェンシーオフィスの正司さん。

大家さんにこんなに役立つ!生命保険の様々な活用法|メットライフ生命保険2

メットライフ生命保険株式会社
エグゼクティブ エイジェンシー マネージャー
正司 惠一さん

同社では賃貸オーナーのための特命チームを作り、不動産、税務、法務それぞれを網羅するプロの布陣で取り組んでいる。年間数百件の相談を受け、様々な悩みを解決してきた。中には生命保険加入によって、相続においても不動産以外の資産を作ることができたケースも。相続が発生した瞬間に現金化できたため、「争続」のトラブルなく円満に相続ができたそうだ。こうした争続対策の他、納税資金対策、節税対策なども包括的にサポートできる点もメリットだ。

同社が定期的に開催するセミナーでは、生命保険を有効に活用する対策を詳しく解説。将来の資産形成を少しでも気にしている方は、ぜひ参加してみてほしい。

CHECK!1つでも当てはまったらご相談を

□ 生命保険は万一のときの保険だと思う
□ 病気のリスクが怖い
□ 認知症や介護への備えに不安がある
□ 相続対策を考えていなかった
□ 長年、保険の見直しをしていない

※この記事内のデータ、数値などに関する情報は2019年4月9日時点のものです。

取材・文/石川 正雄 撮影/村田 一豊

さらに詳しくメットライフ生命保険のサービスについて知るなら

メットライフ生命保険のサービスについて、さらに詳しく知るためには資料請求がおすすめ。【この企業・専門家に問い合わせる】ボタンをクリックするか、下記の【資料請求をする】をクリックすると簡単に資料請求ができます。

相続における基礎知識などを紹介する資料をお送りします。

この記事をシェアする


メットライフ生命保険

06-6882-7751

お問い合わせの際は、オーナーズ・スタイル・ネットを見たとお伝えください。

商号 メットライフ生命保険株式会社
受付 10:00~17:00
定休日 土曜・日曜・祝日・年末年始
対応エリア 全国
所在地 大阪府大阪市北区天満橋1-8-30 OAPタワー36階

この企業・専門家の企業レポート

関連する企業レポート

関連するセミナー・イベント

関連する記事