企業レポート
[提供:メットライフ生命保険]

賃貸オーナーの「想いを続かせる」相続対策に生命保険の活用を

相続/節税/保険
  • 税理士
公開日:2019年4月15日
更新日:2020年10月5日
賃貸オーナーの「想いを続かせる」相続対策に生命保険の活用を1

相続問題の解決法のひとつが生命保険だ。メットライフ生命 大阪桜ノ宮エイジェンシーオフィスでは、法律や税務の面も考慮した活用法をアドバイスする。

オーナーズ・スタイルネットでは気軽に気になる企業の資料を取り寄せることができます

この記事を読んで興味があれば、ページ内にある【資料を請求する】、または【この企業・専門家に問い合わせる】をクリックして資料を取り寄せてみてください。

「争続」ではなく円満な「想続」を

アパートなど不動産オーナーの頭を悩ます要因の一つが相続対策。不動産は分割が難しく、相続人が複数いる場合に揉めることが多いためだ。対策が不十分な場合、「争続」という言葉で例えられるように、残された家族で争いが起こることも珍しくはない。

メットライフ生命保険(株)大阪桜ノ宮エイジェンシーオフィスでは、相続の中心を「財産」ではなく「人」であると考え、人が人を想う気持ちを大切にしながらアドバイスをする。死亡後に現金を受け取ることができる生命保険の活用は、相続時の問題点を解決する有効な手段となる。

同オフィスは、幅広い専門家のネットワークを活かし、保険だけでなく、法律面でも税務面でもワンストップで横断的にオーナーの立場に立ったコンサルティングを実施。スムーズな遺産分割のために、相続財産の種類、相続における問題点など、まずは現状を把握するという第1歩目の段階からサポートする。

また、相続対策のノウハウも豊富。例えば生命保険の場合、通常はみなし相続財産とされるが、契約形態を変えるといった方法で、相続税の課税対象とならないような対策も立てられるそうだ。

近年は高齢者の認知症患者が増えており、相続対策は早ければ早いほど良いだけに今から動いておきたい。同社が定期的に開催する主催セミナーでは、生命保険を有効に活用する対策を詳しく解説。相続について、少しでもお考えの方はぜひ参加してみてほしい。

賃貸オーナーの「想いを続かせる」相続対策に生命保険の活用を2

メットライフ生命保険株式会社 エグゼクティブ エイジェンシー マネージャー 正司 惠一さん

誰もが、遺族が末永く円満な関係を続けてほしいと想っています。そんな想いが続く『想続』になるようアドバイスいたします。

賃貸オーナーの「想いを続かせる」相続対策に生命保険の活用を2

※この記事内のデータ、数値などに関する情報は2019年1月11日時点のものです。

取材・文/石川 正雄 人物撮影/村田 一豊

企業の資料を取り寄せることができます

メットライフ生命の生命保険を活用した相続対策について、さらに詳しく知るためには資料請求がおすすめ。【この企業・専門家に問い合わせる】ボタンをクリックするか、下記の【資料請求をする】をクリックすると簡単に資料請求ができます。

資料請求をするとこんな資料がもらえます

相続における基礎知識などを紹介する資料をお送りします。

この記事をシェアする


メットライフ生命保険

06-6882-7751

お問い合わせの際は、オーナーズ・スタイル・ネットを見たとお伝えください。

商号 メットライフ生命保険株式会社
受付 10:00~17:00
定休日 土曜・日曜・祝日・年末年始
対応エリア 全国
所在地 大阪府大阪市北区天満橋1-8-30 OAPタワー36階

この企業・専門家の企業レポート

関連する企業レポート

関連するセミナー・イベント

関連する記事