建物を傷めない太陽光発電で屋上を有効活用!安定収益や減税が可能に

  • 資産活用/売買

マンション屋上を有効活用して太陽光発電を考えているが、設置工事で建物が傷むのが心配。そんな不安を解消し、安定収益や減税のメリットをもたらす画期的な太陽光発電システムを提案しているのが(株)アソシエイツだ。

再生可能エネルギー普及への貢献を目指し企業活動を展開

2009年、環境に優しい自然エネルギーの普及を目指して設立された(株)アソシエイツ。産業用太陽光発電システムを中心に、将来は地球温暖化対策であるパリ協定を踏まえたCO2の削減を目標に、省エネのための創エネづくりを目指している。また、災害時にも対応できる再生可能エネルギーの全般普及への貢献をコンセプトに活動を展開中だ。

「これまでマンションやビルの屋上への設置は、置基礎やアンカーを使用する施工方法が中心だったため、屋根へのダメージや水漏れのリスクがあり、弊社では行っていませんでした。しかし今回、アンカーを打ち込まない画期的な架台が開発されたことを機に、屋上の空きスペースの有効活用をお考えのオーナー様に積極的にご提案することになりました」と同社営業担当の今井さんは語る。

株式会社アソシエイツ

今井 薫さん


次世代の太陽光システムで資産価値を損ねず屋上を活用

画期的な架台とは、昨年11月に実用新案登録を行い、特許申請中のビル屋上用太陽光発電低重心架台「ROOF POWER UNIT」(ルーフパワーユニット)だ。

「特長は、置基礎やアンカー打ちの要らない工法で、屋上を傷めず、漏水の危険性もなく設置ができることです。また、一般的な太陽光システムに比べ、これは1ユニット約255kg(モジュール270w×9枚を含む)と軽量なので荷重による建物への負荷を軽減。従来の置基礎工法では時間も施工コストもかかりましたが、ルーフパワーユニットはエレベーターや階段で運び、屋上で組み立てられるので工事が短期間でスムーズです」(今井さん)

高い耐風性能も特長。風を受け流す低角度の設計等で、風速50mの風があたっても問題のないことが風洞実験で実証されているので安心・安全だ。ほかにも、設置している屋根面は紫外線や雨が直接当たらないので劣化を防ぎ、防水メンテナンスの費用・手間も大幅に軽減。万が一の災害にも対応した補償制度を含んだ安心のアフターサービスも充実している。

設置環境や目的に合わせて最適な設置・運用を提案

同社の太陽光発電の最大メリットは、業界最高水準の利回りだ。

「太陽光発電システムを10kW以上設置し、20年間にわたり、電力の全量を固定価格で売る『全量売電』を選択した場合、売電価格が21円(2017年度)から18円(2018年度)になっても利回り10%が可能な価格になっています。また、節税を希望するオーナー様には、発電した電力を『自家消費』し、法人税や固定資産税を節税する選択もおすすめ。法人税は全額即時償却、固定資産税(設備分)は3年間半額という大きなメリットを得られます」(今井さん)

同社では設置場所や設置目的・要望に合わせて、最適なシステムを提案し、太陽光発電だけでなく、省エネ全般、税金関係の相談にも対応。現地調査・提案を無料で行っているので、屋根の有効活用をお考えの方はお気軽にご相談を。

※この記事内のデータ、数値などに関する情報は2018年7月10日時点のものです。

取材・文/神戸 久美子

資料請求をするとこんな資料がもらえます

アンカーを打ち込まず、屋上を傷めない次世代太陽光発電「ルーフパワーユニット」の詳しい資料をお送りします。


スムスム君

記事をシェアしてみよう!


株式会社アソシエイツ

072-981-6856
お問い合わせの際は、
オーナーズ・スタイル・ネット を見たとお伝えください。
商号 株式会社アソシエイツ
ホームページ http://www.associatescorp.net/
所在地 大阪府東大阪市西石切町6-3-15