ワンルームのリノベーションを安く済ませるには?【大家さんのお悩みQ&A】

  • リフォーム/塗装
  • リフォーム・リノベーション

大家さんのお悩みにオーナーズ・スタイル編集部がお応えするQ&Aシリーズ。今回は、ワンルームのリノベーションを安く済ませる方法についてです。安く済ませるとはいえ、似たようなワンルームが多く並び、借り手市場が続く中で大切なのはやはり、他の物件との「差別化」です。

Q、入居者の回転が速く空室になりがちなワンルームのリノベーションを考えています。安い費用で他の物件との差別化を図れるリノベーションはあるのでしょうか?

A、収納力を上げたり、外観だけをリノベするなど、一部分に特化することで安く抑えるプランもあれば、サブリースや定額制を利用して安い費用でワンルームを丸ごとリノベーションする方法もあります。

単身世帯が増えているとはいえ、ワンルームも供給過多な状態が続いています。ライバル物件との差別化を図るのは重要なポイントですね。

ワンルームのリノベーション費用を安く済ませるには、大きく分けて2種類の考え方があります。一つは、居室の一部や物件全体の中の一部分だけをリノベーションする方法。もう一つは、パッケージ化された商品で、ワンルーム全体をリノベーションする方法です。

まず、一部分のリノベーションについてです。居室や物件全体をリノベーションするわけではないので、単純に安価な費用で施工を済ませることができます。

ワンルーム物件におすすめなのは、例えば収納力アップのリノベですね。「見せる収納」として、壁一面を収納棚にしてしまえば、収納力も上がり、扉がないので居室に圧迫感を与えません。壁一面を使わなくても、トイレの上やキッチンの上など、ちょっとしたデッドスペースに横板を渡すだけで、簡単な収納スペースが出来上がります。

居室全体を安くリノベーションしたい場合は、パッケージ化されたプランを利用するのもおすすめです。(株)クラスコの提供する初期投資0円プランは、一定期間をサブリースで借り上げて、その家賃収入をリノベーション費用に充てる、というものです。

定額制でワンルームを丸ごとリノベーションする(株)MEコーポレーションは、引き渡し後2カ月を超える空室を無期限で保証してくれ、エイムズ(株)では借り上げによる民泊運営にも対応しています。

“安さ”の基準をどこに置くかによって、選択するリノベーション方法は変わってきます。物件の状態や予算、これからの経営プランに合わせて、他物件とうまく差別化を図れる選択肢を検討してみてください。

安価なワンルームリノベーションについてのOSnetの記事

安価に、特定箇所だけリノベしたい。そんなサービスはある?

借り手市場が続く中、多彩なリフォーム・リノベーションサービスが登場しています。定額でパッケージ化されたもの、リノベーションからサブリースまでを一括して行うもの、外観だけに特化したものなど、物件の状況に合わせた最適なプランを選ぶことが大切です。

低コストで収納力を増やす、プチリノベのアイデアが知りたい

安く収納力を上げるリノベーションをしたいときには、「見せる収納」を活用するといいでしょう。壁一面を収納棚にしたり、棚を取り入れるスペースがなければ、吊るすだけのハンガーパイプを取り付けるだけで、安く収納力アップのリノベーションをすることができます。

定額制・サブリース付き・初期投資0円のリノベーション

ありきたりなリフォームではなく、デザイン性を高めつつ料金プランを明確にした企業が増えてきています。サブリース収入で初期投資を0円に抑えられるプランや、定額でワンルームを丸ごとリノベするプランなど、今注目の人気リノベーションをご紹介します。

安く賢いリノベーションでワンルームの価値を高める

いかがでしたか?一部をリノベーションしたり、企業が掲げるプランを利用したりすることで、安い費用でワンルームの価値を高めることができます。同じワンルームでも、ターゲット層によって効果的なリノベが変わってきますので、入居者層に合わせたプランを選択してください。

スムスム君

記事をシェアしてみよう!