賃貸保証会社ダ・カーポに聞く!民法改正で連帯保証人の解釈変更、大家さんへの影響は?

  • 管理/空室対策
  • 家賃債務保証

今後需要が増える賃貸保証・家賃保証サービス。保証会社っていったい何をしているの?

賃貸保証会社ダ・カーポに聞く!民法改正で連帯保証人の解釈変更、大家さんへの影響は?0

民法改正による「連帯保証人の保護」で、賃貸保証・家賃保証サービスを利用する方が増えると予想されますが、こういった保証会社はどういった内容を保証しているのでしょうか?気になる保証内容についても聞いてみました。

入居者が家賃を滞納した場合、オーナーに対して賃料を保証

「賃貸保証会社・家賃保証会社は入居者が家賃を延滞した時、賃貸オーナー・大家さんに対して立替え払いをします。家賃支払いの連帯保証をする代わり、契約者(借主)本人から保証料を手数料として受け取ります。利用形態はさまざまあり、不動産会社指定の保証会社に加入しなければいけないケースや、利用者が連帯保証人がわりに利用するケースもあります」

家賃の振込忘れ、連続滞納の入居者の「改善」をおこなう会社も

「賃貸保証会社によっては、家賃振込先、家賃支払い約定日の確認を行い、振込忘れ防止の徹底をしてくれる会社もあります。また、弊社でも運用している「家賃引落型」のサービスを利用すれば、毎月同じ日に引落結果に関わらず立替送金を行うので、家賃支払確認や代位弁済報告の業務から解消されます。

滞納者には訪問等を行い生活改善や無理のない返済計画を提案。入居者のよき相談相手になり、行政に一緒に出向き生活支援相談にて解決策を一緒に考える事も。訪問・渉外対応の記録を記し書面等に残しておくことで紛争になりうる事態を未然に防いでくれるので、督促によるトラブルを回避し、保証会社に任せることができます」

賃貸契約解除後も転居されない困った入居者の交渉と法的手続きもお任せ

「弊社では契約解除後も転居されないなどといったトラブルがあった場合には、賃料相当損害金、弁護士・訴訟費用を保証した上で任意交渉と法的手続きを平行して退去に向けて協議します。滞納初月から渉外対応等を記録し交渉しているので資料をもとに早期解決に導いていきます」

保証会社に依頼していない場合、賃料、弁護士、訴訟費用がすべて賃貸オーナー、大家さんの負担になり、正当な渉外対応等の記録がない場合、紛争が複雑になり問題が長期化することもあるそうです。保証の分野に詳しい専門家に一任できると安心ですね。

家賃の「回収」だけでなく、家賃を支払う入居者の「改善」も行う!?

賃貸保証・家賃保証会社は「家賃の立て替えと保証をし、回収を行う」ばかりでなく「入居者の生活改善」にまで対応するケースがあるようです。

「保証会社は貸金業ではなく保証契約に基づく連帯保証になりますので、督促業務の根底には入居者様のよき“相談相手”“ライフパートナー”である事が重要だと考えています。行政のお手続きのお手伝い、失業中の方にはお仕事に就くためのお手伝いなど生活改善していく上でのライフプランを共に考えることも多々あります。

入居者を尋ねた際、本当に貧窮していた場合には福祉協議会の支援制度等を紹介し、それから家賃をお支払いいただけるように一緒に考えて生活のサイクルを改善していただいています」

入居者の状況確認の際、実際にあったトラブル&事件!

家賃未納で音信不通の入居者、実は室内で倒れていた!
賃貸保証会社ダ・カーポに聞く!民法改正で連帯保証人の解釈変更、大家さんへの影響は?0 ※イメージです

「以前に対応した家賃未納になった音信不通の入居者様のご自宅で警察と立会いのもと、安否確認を行いました。入居者様はお部屋内で倒れており救急車で運ばれ無事でしたが弊社スタッフがあらゆる角度から状況を調査し渉外対応記録を残す中で入居者様への異変に気付き命の安全を確保できた良い事例でした」


病気で失業した入居者が適した職業を見つけるまでサポート
賃貸保証会社ダ・カーポに聞く!民法改正で連帯保証人の解釈変更、大家さんへの影響は?0 ※イメージです

「腰の病気が原因で失職してしまった入居者様が連続滞納をしている中、弊社が家賃保証を行い、信用を保全した状態で入居者様の生活改善に向けて計画立案を行い、返済は長期間かかりましたが腰の負担にならない適した職業を見つけるまでよき相談相手として対応いたしました」


「上記はほんの一例ですが、家賃滞納してしまう原因には人それぞれいろんな理由があります。その原因にしっかりと一緒に向き合う事が重要だと考えています。」

自主管理の大家さんは注意!入居者が家賃を滞納した時の、あなたの督促方法は大丈夫?

家賃を滞納してしまった入居者への対応を数多く経験している賃貸保証・家賃保証会社。専門家の方から見て、自主管理の大家さんがやりがちな気をつけるべき督促方法はあるのでしょうか?

賃貸保証会社ダ・カーポに聞く!民法改正で連帯保証人の解釈変更、大家さんへの影響は?0

やってはいけないNG行為

・自宅のドアをたくさんノックする


・ドアに張り紙を貼る


・自宅に勝手に入る


 


「自宅のドアにたくさんノックをする、ドアに張り紙を貼るなどの行為は、後々威圧行為、プライバシーの侵害などで紛争になりうる事があります。また、音信不通の入居者の自宅を部屋内に入って確認するなども、紛争になりうる事があるので注意が必要です。家主様の判断で自力救済(部屋内の荷物を独自の判断で処分)をされたりリスクの高い事例もありましたので、気をつけてください。独自判断はトラブルの危険性がありますので、専門家に相談しましょう」

ーでは、専門家の方は督促においてどんな点に注意されているのでしょうか?

「弊社では、国交省に認可されていますので当然に督促業務は法令遵守のコンプライアンスを徹底しており問題が錯綜・複雑にならぬように状況証拠等を収集し滞納問題の早期解決をします。貸金業法で定められている取り立ての規制は当然順守しながら、渉外対応等の記録をしっかりとしてトラブルを避けるのはもちろん、入居者の事情もしっかり汲みながら家賃の“回収”ではなく“改善”できるように心がけています」

オーダーメイドの賃貸保証プランが作れる保証会社ダ・カーポ

今回お話をうかがった株式会社ダ・カーポは、大家さんや管理会社向けに特化した賃貸保証サービスを提供しています。滞納家賃の保証だけでなく、残置物撤去の保証、訴訟費用、原状回復費用の保証を通常プランに付帯しており、オプションにて早期解約違約金、賃貸借更新料などの保証を追加する事ができます。また、孤独死等の対策を考えた保証プランを手厚くすることも可能。オーナー、大家さんの要望を伝えて、オーダーメイドの保証プランを作成する事もできるのが魅力です。

賃貸保証システムの概要とメリット

賃貸保証会社ダ・カーポに聞く!民法改正で連帯保証人の解釈変更、大家さんへの影響は?0

家賃収入の安定

家賃滞納は賃貸経営の収支に多大な影響を及ぼします。同社では、滞納報告より立替払いを行うベーシックプランと口座振替を行い当月内に引落結果に関わらず全額を概算払いするサポートプランの2つの方法により、収支の安定、不安を解消します。

空室リスクの軽減

ダ・カーポ独自の入居審査により、スピーディな審査、審査承認率も高い実績を誇っています。今まで入居の可否の判断に困っていた入居者も安心して入居してもらうことができ、空室リスクを減らせます。

家賃滞納以外も保証

入居者が家賃を滞納した際、家賃の保証はもちろんのこと、明渡訴訟になった際も訴訟費用等が保証範囲となり、煩わしい対応も任せることができます。そのため今までかかっていた手間や費用から解放されます。又、賃料トラブルの専門部署が入居者の家賃が正常化する迄をサポートする事により問題の長期化も防げます。

家賃債務保証、賃貸保証の相談は株式会社ダ・カーポへ

同社は家賃債務保証業を適正かつ確実に実施することができる事業者として、国土交通省に登録しています(※)。安定的に業務を運営するための財務的基盤があり、内部規則・組織体制の設備等の基準を満たした家賃債務保証業者ですので安心してお任せすることができます。

民法改正による連帯保証人への影響で空室を心配されるオーナー様、家賃滞納などで困っている大家さんは一度相談してみてはいかがでしょうか?

※【国土交通省登録業者】家賃債務保証業者 国土交通大臣(1)第27号


03-6454-4190
お問い合わせの際は、
オーナーズ・スタイル・ネット を見たとお伝えください。
商号 株式会社ダ・カーポ
受付 10:00~19:00
対応エリア 全国
ホームページ https://daca-po.co.jp/
所在地 東京都北区赤羽1-52-1 田口ビル7階
  • 大規模修繕ナビ|大家さんの賃貸経営を応援するオーナーズ・スタイル・ネット
  • 初心者のための空室対策ノウハウ事典 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営
  • 動画でわかる!賃貸経営 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営