ローディング

地域密着の「不動産相続の相談窓口」が全国に誕生!

  • 相続/節税/保険
  • 相続コンサルティング
地域密着の「不動産相続の相談窓口」が全国に誕生!1

「相続なんてまだ早い」と思っている人ほど、急に相続が起きて戸惑いがち。円満相続には事前の心構えが必須だ。そこで「特にトラブルや悩みはないけれど、ちょっと聞いてみたい」人にピッタリの「窓口」が登場した。

全国約170カ所の窓口が相続前や後継者からの相談まで解決

「空き家になった実家をどうしよう」という悩みから、「土地やアパートをどうやって分けたらいいの」といった現実的な課題まで、幅広く持ち込める「不動産相続の相談窓口」(以下「窓口」)が、不動産オーナーから注目を集めている。

相続の悩みは、弁護士や税理士に相談するというイメージが強いが、実際に相続が起きると、できる対策は限られている。

「発生前に、どう引き継ぐのかを決めることが重要です。が、発生前の相談先が多くない。そこで相談先に迷っている人に向けて開かれました」と、窓口のモデル店でコンサルタントを務める大澤さん。

窓口は、全国に約170カ所あり、ホームページから確認できる。窓口の多くは地域密着の不動産会社や工務店が担う。しかし不動産会社に相続を聞くという発想は乏しいかもしれない。

「日本人の家計資産のおよそ7割は不動産資産といわれているので、資産を引き継ぐときには、不動産の扱いを避けて通ることができません。本来であれば、不動産の価値や取扱の実務を熟知した不動産会社がイニシアチブをとるべきなのです」と大澤さん。

仮に相続をきっかけに不動産が流通しなくなれば、不動産会社にとっては死活問題となることもある。「不動産を熟知している彼らは、“円滑に相続できるよう地域のオーナー様をサポートすることが事業のためにも必要”だと認識している。そういった意識をもった企業が、窓口のネットワークに集まっているのです」と大澤さん。

オーナーの円滑な相続を第一に考えた提案を行い、土地の売却やアパート建築でも無理な営業を行わないのも安心だ。

地域密着の「不動産相続の相談窓口」が全国に誕生!2

不動産相続の相談窓口コンサルタント 大澤 健司さん

「相続問題は、財産を残す側が「どう引き継ぐか」を考えて決めておくことが大切。何もしない状態で残された家族は大変です。不動産オーナーの年齢にかかわらず、大事な資産をきちんと引き継ぐために勉強会と相談を、次の世代のことを考えるキッカケにしていただければと思います。」


地域密着の「不動産相続の相談窓口」が全国に誕生!2

不動産のプロ集団が運営!横連携で柔軟に対応できる

この「窓口」を運営しているのは、2005年に創業し、全国の不動産仲介・管理会社、工務店、建設会社に対して事業支援サービスを行うハイアス・アンド・カンパニー(株)だ。 同社のパートナー会社は1300社に達しており、“不動産会社に相続相談を”という考え方を一般的なものにするべく、窓口を立ち上げ、全国的なネットワークを築いて、運営を行っている。

(大澤さん)「相続においては、相続人の居住地と、相続する不動産の所在地が遠く離れてしまっているケースも珍しくありません。地域の相続問題を解決したいという意識を持ち、研さんを積んだ企業が全国ネットワークを組む窓口では、そういったケースにも有効な対策を打てるのが強みです」

地域密着の「不動産相続の相談窓口」が全国に誕生!2

【会員限定】この記事の「オーナーズ・スタイル誌」での掲載ページを
PDFでダウンロードできます。

PDFをダウンロード

不動産相続の相談窓口

0120-231-213
お問い合わせの際は、
オーナーズ・スタイル・ネット を見たとお伝えください。
商号 ハイアス・アンド・カンパニー株式会社
受付 9:00~18:00
定休日 土曜・日曜・祝日
対応エリア 全国
ホームページ https://fsouzoku.jp
所在地 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビルディング5階
  • 大規模修繕ナビ|大家さんの賃貸経営を応援するオーナーズ・スタイル・ネット
  • 初心者のための空室対策ノウハウ事典 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営
  • 動画でわかる!賃貸経営 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営