OSレポート
[提供:大倉]

お悩み物件を事業用に再生!サブリースで長期安定経営も

  • 資産活用、売買
  • トランクルーム、倉庫

「不便な立地で空室が続いている」、「持て余している土地がある」-そんな課題のある物件を再生して借り上げ、サブリースしている大倉について紹介する。

長期安定経営に向け土地ごとに最適な事業プランを提案

「お悩みの物件を有望な事業用物件に再生しませんか」と語るのは(株)大倉の祷(いのり)さん。同社は創業45年。倉庫・工場・店舗など、事業用土地活用のプロ集団だ。リスクを避けたいオーナーに寄り添い、長期間のサブリース契約を行う。

「弊社は物件ごとに市場調査を行い、最適な再生プランを立案します。その上で必要なリノベーションを行って、サブリース契約をします。サブリース前には、弊社が付加価値をつけるため、リノベーション費用を負担する場合もあります」と祷さん。

つまり、オーナーは不安なく長期的な安定収入が得られることになる。もちろん、サブリース契約に限らず、仲介の希望にもしっかりと対応する。

事業用物件の中でも有望なのが倉庫だ。物流や倉庫の需要は年々高まっている。賃貸住宅と異なり、駅に近い必要がないことが特徴だ。また、賃貸住宅に比べ建築費や修繕費を抑えられるので、利回りが高い。さらに、法人との10年20年の契約になるので、長期安定経営も叶う。将来的に周辺のニーズが変わったとしても、以下の事例のように他業種への転換もしやすい。

サブリース契約を行える背景には、同社の客付け力がある。創業以来のネットワークや事業用不動産を専門に扱うグループ会社を通し、迅速で的確な客付けを実現。

また、エリア別に事業用物件を検索できるWebサイトも用意し、万全の態勢で臨んでいるので、ぜひ一度相談してみてほしい。

株式会社大倉 物流施設開発事業部


事業部長兼東京支店長 祷(いのり) 英二さん


「私たちは創業以来、オーナー様とテナント企業様のベストマッチングを行ってきました。これまで培ってきた企画力・提案力・グループ力を駆使して、案件ごとに最適な事業計画を立案。長期安定経営をサポートいたします。」


周辺ニーズに合わせた多様な再生プランを提案

CASE1:築26年の倉庫を店舗にリノベーション

外観が広告塔になる個性的なカラーを採用。周辺に自動車関連企業が多いことが分かり、その店舗としての活用を提案。テナントとしてチューニングショップを誘致した。

Before

After

CASE2:倉庫からインドアテニスコートに

柔軟な発想による成功事例。既存倉庫の広さと高い天井を活かし、外観は残したまま、テニスコートに。

Before

After

※この記事内のデータ、数値などに関する情報は2018年3月6日時点のものです。

取材・文/太田 雅美 人物撮影/青木 茂也


株式会社大倉

0120-73-1192
お問い合わせの際は、
オーナーズ・スタイル・ネット を見たとお伝えください。
商号 株式会社大倉
受付 9:00~18:00
定休日 土曜・日曜・祝日
対象エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉・関西圏
メールアドレス info.Tokyo@daiso-net.co.jp
ホームページ http://www.daiso-net.co.jp
所在地 東京都港区赤坂2-10-16 新陽ビル5階
設立 1973年10月
資本金 1500万円
この企業・専門家に問い合わせる

その他のカテゴリーを探す

初心者のための
空室対策ノウハウ事典

空室対策には、「物件力アップ」、「販促力アップ」、「顧客満足度アップ」の3本柱が必要です。それぞれについて、不動産オーナー初心者の方にもわかりやすくノウハウをまとめています。

ノウハウ事典トップへ

動画でわかる!賃貸経営

オーナーズ・スタイル主催セミナーやカンタンDIY講座、物件見学会レポート、など、記事では紹介しきれないノウハウや話題のテーマを動画でお届けまします。

動画一覧を見る