企業レポート
[提供:司法書士法人アンジュ]

スピードを重視。家賃滞納の問題を低コストで早期解決!

法律
  • 弁護士・司法書士
公開日:2018年12月24日
更新日:2019年10月8日
スピードを重視。家賃滞納の問題を低コストで早期解決!1

すべてのオーナーに起こりうる家賃滞納や賃借人の夜逃げなどのトラブル。それを早期解決するのが、建物明渡請求を専門で行う司法書士法人アンジュだ。スピードを重視し、低コストで依頼を解決する実績をもつ。代表司法書士の小柳さんに話を伺った。

家賃滞納問題専門。スピード重視で法律に基づいた穏やかな対応を

家賃滞納や建物明渡請求は、解決が遅れれば遅れるほどオーナーの損失が大きくなり、回収も難しくなる。いざ、このようなトラブルが起こった時に頼りにしたいのが、建物明渡請求・滞納家賃回収を専門で行う、司法書士法人アンジュだ。

スピードを重視し、低コスト、ワンストップで多くの賃貸オーナーからの依頼を解決してきた実績を持つ。

「例えば家賃滞納の場合、『すぐに払います』と言いながら払わないで住み続ける人が多くみられます。この場合、まず内容証明郵便を送付し、それでも解決しない場合は明渡訴訟を起こして退去してもらいます。法律に基づいて穏やかに手続きを行うだけで、決して入居者を威圧的に追い出すようなことはしません。安心してご相談いただければと思います」と、代表司法書士の小柳みちよさん。

家賃滞納などのトラブルを未然に防ぐために、「時間がある時に物件に足を運ぶことが大切」と話す。雨戸やカーテンがいつも閉まっている、ポストに郵便物があふれている、ゴミ屋敷化しているなど、物件を実際に確認することで、入居者の変化に気が付くことがあるとオーナーにアドバイスを送る。

「トラブルの解決に必要なのは、とにかくスピードです。少しでも不安を感じたらすぐにご相談ください。相談は無料です」と小柳さん。「もしや」と不安に感じたら、ソフトな口調に穏やかな人柄が伝わってくる小柳さんに、まずは相談してはいかがだろう。

スピードを重視。家賃滞納の問題を低コストで早期解決!2

司法書士法人アンジュ 代表司法書士 小柳みちよさん

「トラブルは放置すればするほど、解決が困難になっていきます。2ヵ月滞納が続いたら、まずはご相談ください」

スピードを重視。家賃滞納の問題を低コストで早期解決!2

※この記事内のデータ、数値などに関しては2018年12月12日時点の情報です。

取材・文/淵脇 祐樹

資料請求をするとこんな資料がもらえます

家賃滞納問題の解決をはじめとした取り扱い業務、代表の挨拶、アクセス等を記載したパンフレットを差し上げます。

スピードを重視。家賃滞納の問題を低コストで早期解決!2

この記事をシェアする


司法書士法人アンジュ

0120-038-661

お問い合わせの際は、オーナーズ・スタイル・ネットを見たとお伝えください。

商号 司法書士法人アンジュ
受付 9:00~21:00
定休日 土曜・日曜
対応エリア 全国
ホームページ http://s-ange.jp/ange/
所在地 東京都千代田区神田神保町3-23 新聞之新聞ビル405
この企業・専門家の企業レポート
関連する企業レポート
関連するセミナー
2020年0731日(金) まで毎日受付をしています!
賃料減額要請・テナント退去の無料電話相談窓口|青山財産ネットワークス
法律
個別相談
公開日:2020年4月17日

賃料減額要請・テナント退去の無料電話相談窓口|青山財産ネットワークス

青山財産ネットワークスが新型コロナウィルスの影響でオーナー様が直面している不安やお悩みなど解決します。テナントからの賃料減額請求、所有不動産の価値、収入減での保険の見直しなどなんでもご相談ください。

無料
主催:青山財産ネットワークス
関連する記事
高齢化の進む現代の相続に|残された配偶者を守る相続法改正のポイント

高齢化の進む現代の相続に|残された配偶者を守る相続法改正のポイント

資産を多くお持ちの大家さんほど、相続方の改正は常にチェックしておきたいところ。約40年ぶりに大きく改正された相続法には、配偶者の保護を目的とした権利がいくつか新設されました。久保原弁護士による連載の第18回は特別編として、相続法の配偶者に関する改正ポイントについて解説していただきました。

国交省発表「大家さんのための単身入居者の受け入れガイド」要チェック!【大家さんお役立ちニュースVol.12】

国交省発表「大家さんのための単身入居者の受け入れガイド」要チェック!【大家さんお役立ちニュースVol.12】

賃貸経営を応援する「オーナーズ・スタイル」編集部が、大家さんに役立つお役立ち情報や業界トピックスなどを皆さまへお届けするニュース記事。Vol.12の今回は、国交省が発表した「大家さんのための単身入居者の受け入れガイド」、全宅連・全宅保証が調査した「住まい方の意識トレンド調査」の結果など、気になる情報をお届けします。

平成世代は住まいもSNS映え、まちのブランド重視?【大家さんお役立ちニュースVol.11】

平成世代は住まいもSNS映え、まちのブランド重視?【大家さんお役立ちニュースVol.11】

賃貸経営を応援する「オーナーズ・スタイル」編集部が、大家さんに役立つお役立ち情報や業界トピックスなどを皆さまへお届けするニュース記事。Vol.11の今回は、平成世代と昭和世代の暮らし意識調査、関東エリアでお部屋探しされている駅・路線ランキングの結果など、気になる情報をお届けします。