空室対策にも!収益物件の新たな価値を創造する「民泊」の活用法とは?

  • 資産活用/売買
  • 民泊、マンスリー

旅行と不動産2つの業界を変えるほどのインパクトがあるといわれる民泊。その実態と可能性とは?最大手の仲介サイト「Airbnb」の長田さんと、Airbnbと初めて資本提携した民泊運用代行会社「エアトリステイ」の吉村さんに話を伺った。

旅行者向けのホームシェアが新たな空室対策に

一般に“民泊”と呼ばれるホームシェア。そのホームシェアの世界最大手・Airbnbのサイトでは、世界191カ国、8万1000都市に約500万件超の宿泊施設が提供されている。訪日外国人旅行者も急増し、2020年の東京五輪を追い風に、数年後には4000万人に達すると言われている。

長田「外国人旅行者にとってAirbnbは主な宿泊先としての地位を獲得しており、米国からの訪日旅行者の3割以上、オーストラリアやシンガポールからは5割以上がAirbnbを利用しています。最近は日本人の若者やビジネスの利用者も増えており、市場は益々拡大していくでしょう」

そんなホームシェアが、新たな空室対策として注目されている。

長田「賃貸で良い物件がホームシェアでも良いとは限りません。逆もまたしかりです。例えば築年が古い、駅から遠いなど、賃貸では不利な条件でもニーズはあります。外国人旅行者はレンタカーで移動することも多いので、内装がキレイでデザインが良ければ、築年数や利便性をあまり気にしません」

賃貸の空室対策という限られた枠組みに捉われていると、それ以外の可能性に気づかないわけだ。売却物件に買い手が付くまでの間、ホームシェアで収益を上げて付加価値を高め、想定より高い価格で売れたケースもあるという。

しかし、2018年6月に施行された民泊新法(住宅宿泊事業法)では、180日以内という営業日数制限や、法手続きが面倒なために参入が難しいという声も聞く。

吉村「実は、その制限内でも十分に採算が合うケースが少なくありません。家賃を下げないと埋まらなかった物件をホームシェアにして1室当たりの収益を賃貸時代の2倍以上に高めたり、マンスリー賃貸とのハイブリッド運用をすることで、アドオン(追加)の収益化が可能です。法制化を機に登録件数は大きく減少しましたが、ホームシェアを利用したい旅行者は間違いなく増えています。その結果、需給ギャップが発生して、新法下でいちはやく実施したホスト(住宅宿泊事業者)は非常に稼働率が高まっているのです。競合が一時的に減っている今こそチャンスではないでしょうか」

手続きの面倒さ、未知の分野への不安は、信頼できる運用代行会社を選べば取り除ける。運用代行のコストも要チェックポイントだ。賃貸向けでは活用法がないと諦めていた物件でも、一度トライしてみる価値はあるだろう。

ワンストップでフルサポートのエアトリステイで民泊を始めよう!

「今空室の物件が民泊に向いてるのかな?」「どのくらいの収益が出るの?」「何から始めればいいのかわからない」「うまく運営していけるかな」――エアトリなら、すべての疑問や不安が解消。準備からスタートまでお任せでOK!

エアトリステイ 4つの強み

1.業界平均20%前後の約半分!低価格の運用代行料月額1 万円+予約金額の11%
2.無料で収支シミュレーション
3.著名な大企業と提携して各業務をサポート
4.Airbnbの公式パートナー

エアトリステイのワンストップサービス内容

豊富なサービスを丸ごとパッケージ化した一括セットアッププランと、必要なサービスを組み合わせるカスタマイズやオーダーメイドも可能!

※この記事内のデータ、数値などに関しては2018年12月12日時点の情報です。

取材・文/木村 元紀 撮影/豊島 正直

資料請求をするとこんな資料がもらえます

エアトリステイのワンストップサービスや、無料診断の詳しい資料を差し上げます。

スムスム君

記事をシェアしてみよう!


株式会社エアトリステイ

03-6629-2097
お問い合わせの際は、
オーナーズ・スタイル・ネット を見たとお伝えください。
商号 株式会社エアトリステイ
定休日 土曜・日曜・祝日
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・京都・愛知・北海道・福岡
ホームページ https://www.airtripstay.com/
所在地 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー19階