【大家さんお役立ちニュースVol.4】貸家リフォームにも最大30万円相当付与。次世代住宅ポイント制度とは?

  • 法律

こんにちは!オーナーズ・スタイル編集部です。
当ニュースでは、大家さんに役立つお役立ち情報や業界トピックスなどを皆さまへお届けいたします。

国土交通省「次世代住宅ポイント制度」を創設。貸家のリフォームにも最大30万円相当のポイントがもらえる!

今年10月に予定されている消費税率10%への引上げ後の住宅購入等を支援するため、一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して、新築は最大35万円相当、リフォームは最大30万円相当のポイントがもらえる「次世代住宅ポイント制度」が創設されます。(12月21日公表)

次世代住宅ポイント制度の概要

消費税率10%で一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を有する住宅や家事負担軽減に資する住宅の新築やリフォームを行う場合を対象に、様々な商品等と交換可能なポイントが付与されます。この中でリフォーム部門は「貸家」が含まれます。

・新築は最大35万円相当、リフォームは最大30万円相当のポイントを付与。

・若者・子育て世帯がリフォームを行う場合等にポイントの特例あり。

・消費税率10%が適用される住宅の取得等で、平成32年3月31日までの間に契約の締結等をした場合が対象。

リフォームの部門の対象は?

2019.4~2020.3に請負契約・着工をしたもので、以下の内容のものが対象です。

1)窓・ドアの断熱改修

2)外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

3)エコ住宅設備の設置

4)耐震改修

5)バリアフリー改修

6)家事負担軽減に資する設備の設置

 

参照:国土交通省「次世代住宅ポイント制度を創設します!」

最新のお役立ち情報はメルマガでもお届け中!

オーナーズ・スタイルでは、本誌でお伝えしきれない情報や、より早くお伝えしたいお役立ち情報、近日開催のセミナー・イベント情報などをメルマガにて配信しています。

メルマガをご希望の方は下記ページよりご登録ください。

スムスム君

記事をシェアしてみよう!