ローディング

【国籍別】外国人が日本での賃貸部屋探しで重視するポイントとは?

  • 管理/空室対策
  • 外国人
【国籍別】外国人が日本での賃貸部屋探しで重視するポイントとは?1

異国の地ニッポンでの部屋探し。生活習慣や物価の異なる国々からやって来る外国人は、どのような賃貸物件を好むのだろうか? 管理会社、オーナー、外国人入居者という3者の立場から話を伺った。

東南アジア系外国人は、初期費用・家賃の安さを重視

【国籍別】外国人が日本での賃貸部屋探しで重視するポイントとは?2

外国人向け事業を行う管理会社社員

様々な国籍の外国人入居希望者に日々接している、株式会社イチイ 国際部マネージャーの瀬谷徹平さん


外国人向け不動産会社のパイオニアとして、入居支援に取り組む(株)イチイ。国際部の瀬谷さんに外国人に好まれる部屋の特徴を尋ねたところ、最近来日が増えた東南アジア系外国人の場合は、「初期費用の安さ」。そして「ルームシェア可」の条件も必須だという。

「日本語学校に通うベトナム、ミャンマーなどの東南アジア系留学生の希望家賃は3~4万円。しかし、都心で一人暮らしをするには厳しい金額ですから、ルームシェアをせざるを得ません。ただ、受け入れてくれる物件は極めて少ないのが現状です。日本人には不人気の古い2Kの間取りでも、二人暮らしのルームシェアには向いていますから、空室対策にぜひ検討していただきたいです」と瀬谷さん。

一方、中国人や韓国人は、近年は一人暮らし派が主流。中国の経済成長に伴い、留学生も富裕層が増えて、高額の家賃を払う学生もいるという。では、欧米系の外国人はどんな傾向だろうか。

「一番に求められるのは部屋の広さで、一人暮らしでも30㎡以上の2DKを求める人が多いです。和室のみの物件は敬遠されますが、何室かあるうちの1室が畳でも気にならないようです」

設備に関しては、留学生の場合、数カ月から1年程で引っ越しをしたり、帰国するケースが多いので、家具家電付きが喜ばれる。また、3点ユニットはアジア系には不人気だが、欧米系の人は狭くなければそれほど抵抗がないようだ。

キッチンにもお国柄が現れる。中国人にはIHクッキングヒーターは不評。中華の炒め物が美味しく調理できるガスコンロの方が好まれる。また、自炊率が高いインド系ファミリー層は、3口コンロのシステムキッチンを望む人が多い。

このように「外国人」といっても好みは多様なので、一括りの対策は無意味。その地域には留学生が多いのか、社会人が多いのか、どんな国の人が多く住んでいるのかなどの事前分析が必須だ。「例えば日本語学校に近いなら、留学生を対象に家具家電付きにするなど、ニーズを見極めた対策が必要です」と瀬谷さんは語る。

バスルームはシャワーのみに改装し、家具家電付きに

【国籍別】外国人が日本での賃貸部屋探しで重視するポイントとは?2

シェアハウスを営むオーナー

築古アパートを改装し、2年前から神奈川県で留学生向けの女性専用シェアハウスを経営している廣田裕司さん


オーナーの廣田さんは、神奈川県の某大学近くにある築古アパートの3DKを3部屋の女性専用シェアハウスに改装し、2年前からアジア系留学生を受け入れている。共有スペースとして8畳のダイニングキッチンを設け、冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器・洗濯機などを備え付け、居室はベッド・机・本棚・洋服掛けなどの家具付きに。無料インターネットも導入した。

「入浴はシャワーのみの人が多いので、バスタブは撤去して水道光熱費を抑えました。また、『日本のトイレはウォシュレット』と期待していた人が多く、不満が出たので、後から温水洗浄便座機能を追加しました」と廣田さん。

留学生の予算に合わせて、家賃は3万5000円~4万5000円+水道光熱費1万円に設定。1年の定期借家契約を結んでいる。「大学が保証人なので安心ですし、今のところ滞納やゴミトラブルはありません。入居者しか出入りできない規則なので、パーティーで大騒ぎということもないです」留学生はSNSでつながっていて、口コミでの入居も多いという。

ルームシェア可、バス・トイレ別、学校へ近いことが条件

スムスム君 スムスム君

記事をシェアしてみよう!

  • 大規模修繕ナビ|大家さんの賃貸経営を応援するオーナーズ・スタイル・ネット
  • 初心者のための空室対策ノウハウ事典 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営
  • 動画でわかる!賃貸経営 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営