ローディング

木造の賃貸アパートの効果的な防音対策を簡単リフォームで実現する方法

  • リフォーム/塗装
  • リフォーム・リノベーション
  • 原状回復
  • 修繕・補修
木造の賃貸アパートの効果的な防音対策を簡単リフォームで実現する方法1

一般的な木造アパートは、遮音性の低さから騒音トラブルを招きやすい。一方で、手軽なリフォームで防音対策の効果を上げることも可能だ。騒音トラブル回避のポイントは?

入居者の住まいに対する不満で多いのは「騒音」!

入居者へのアンケートで、住んでいる部屋に対する不満のトップは常に「上下階、隣の部屋の生活騒音」だ。賃貸マンションより賃貸アパートの比率が高い。

「賃貸だから仕方がない」「共同住宅のマナーの問題」と放っておけばトラブルや退去の引き金になり、入居率の悪化や収入ダウンに直結しかねない。

長期安定経営には快適な住環境の提供が不可欠。生活騒音は建物に基因する面も大きいと自覚し、早急に取り組むべきではないか。

マンションより木造アパートの遮音性が低い理由

なぜ木造アパートは騒音の不満が多いのだろうか。それは構造的な要因が大きい。まず生活音の種類と遮音性能について知っておきたい。

住宅の生活騒音には、大きく2つの種類がある。話し声やテレビなどの隣室の音源が空気で伝わり壁を通り抜けて聞こえる「空気伝播音」と、上階の足音や落下音のように直に床が振動して下階に響く「床衝撃音(固体伝播音)」だ。

空気伝播音の遮音性能は、壁の透過損失を示す「D値」で表し、数字が大きいほど性能が高い。隣戸との戸境壁(界壁)については、マンションが「D45-50」程度なのに対して、一般的な木造アパートは「D30以下」(壁内が空洞の場合は「 D20-25」程度 )。「共同住宅としては、D40程度の性能は欲しい」と専門家は指摘する。

床衝撃音は、下の階の音圧レベルを示す「L値」で表し、数字が小さいほど性能が高い。マンションは「L40−50」、一般的な木造アパートは「L70−75」。これまた後者が低く、「L60」 程度まで高めたいところだ。

こうした生活騒音への防音対策の基本は、音源の特性を踏まえて「吸音」「遮音」「制振」を適切に組み合わせることだという。
建物の構造や内装材の仕様によって、どの周波数の音がどう伝わるかが違い、同じ防音材を使っても効果に差が出てしまう。それぞれの特性と相性を知った上で、もっとも効果的な防音材を選び、正しく施工することが重要なのだ。

防音対策の考え方

① 遮音

音の侵入や漏出を防ぐこと。質量が大きくて厚い素材ほど遮音性能が高い

② 吸音

音を反射させずに吸収することで、通過する音を減らす。多孔質の素材が向く

③ 制震

固いモノを伝っていく音を抑えること。クッション材などで音の伝道を遮断

【会員限定】この記事の「オーナーズ・スタイル誌」での掲載ページを
PDFでダウンロードできます。

PDFをダウンロード
  • 大規模修繕ナビ|大家さんの賃貸経営を応援するオーナーズ・スタイル・ネット
  • 初心者のための空室対策ノウハウ事典 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営
  • 動画でわかる!賃貸経営 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営