「住宅セーフティネット制度」で新たな活用を
東京都住宅政策本部
管理/空室対策

総合満足度

-

高齢者や障がい者など、住宅の確保に配慮が必要な方の入居を拒まない民間賃貸住宅を登録する制度「住宅セーフティネット制度」。登録は1戸から可能で、住宅の改修費や家賃の低廉化補助など経済的な支援が受けられる。

この企業のポイント
  • ・登録は1戸から可能。住宅の改修費や家賃の低廉化補助など経済的な支援が受けられる
お問い合わせの際は、
オーナーズ・スタイル・ネット を見たとお伝えください。
商号 東京都 住宅政策本部
受付 9:00~17:00
定休日 土曜・日曜・祝日
対応エリア 東京都
ホームページ https://www.juutakuseisaku.metro.tokyo.lg.jp/juutaku_seisaku/chintaitorokuseido.html
所在地 東京都新宿区西新宿2-8-1 都庁第2本庁舎13階南側

東京都 住宅政策本部に関する資料

資料はありません。

東京都住宅政策本部に関連するセミナー・イベント

現在、開催中のセミナーはありません。

東京都住宅政策本部

補助金で空室対策!安定経営と社会貢献が両立する「住宅セーフティネット(東京ささエール住宅)」
更新日:2022年12月06日

賃貸住宅の新たな空室対策として注目の「住宅セーフティネット制度(愛称:東京ささエール住宅)」。入居を敬遠されがちな方を受け入れる住宅として登録することで、物件の改修費用や家賃の補助金など、経済的な支援が受けられます。この制度を活用して安定経営を実現している大家さんの事例を紹介しましょう。

「東京ささエール住宅」で物件価値向上!改修費や設備改善費の補助も
更新日:2022年10月11日

「住宅セーフティネット制度(東京都の愛称:東京ささエール住宅)」は空き家・空き室の新たな活用法として注目を集めています。住居の改修費や家賃低廉化補助など手厚い支援が受けられるのに加え、社会貢献にもつながる制度です。東京都では独自の補助制度も用意しているので、紹介していきます。

手厚い補助と社会貢献、東京都の「住宅セーフティネット制度」で空室の悩みを解消!
更新日:2022年05月10日

空き家・空き室の新たな活用法として注目を集めている「住宅セーフティネット制度」は、住居の改修費や家賃低廉化補助など手厚い支援が受けられるのに加え、社会貢献にもつながる制度です。実際に制度を活用されているオーナーの事例をご紹介します。

東京都住宅政策本部の口コミ・レビュー 0件

総合満足度

-
価格
品質
営業マン・接客
アフターフォロー
×

こちらのサービスは会員限定のサービスです。会員の方は「ログインする」、そうでない方は会員登録をして、再度アクセスしてください。

ログインする会員登録する