サービス付高齢者向け住宅(サ高住)のメリットとは?【大家さんのお悩みQ&A】

  • 建てる/融資
  • 高齢者住宅

大家さんのお悩みにオーナーズ・スタイル編集部がお応えするQ&Aシリーズ。今回は、サービス付高齢者向け住宅(サ高住)についてです。サービス付高齢者向け住宅で土地活用をするメリットと、そのポイントをお伝えします。

Q、土地活用の一つとして「サービス付高齢者向け住宅」という選択肢を聞くようになりました。一般的な賃貸住宅と比べたときに、メリットはどのようなところにあるのでしょうか?

A、高齢化によるニーズの高まり、国からの補助金、長期入居率の高さなど、サ高住のメリットは色々あります。一般的な賃貸住宅と同様、入居者が長く住みたいと思えるような環境づくりを心掛けてください。

高齢化するこれからの時代に、「サービス付高齢者向け住宅(サ高住)」は注目される土地活用の選択肢です。

サービス付高齢者向け住宅におけるメリットの一つは、ニーズの高まりです。団塊世代が高齢者となるこれからの時代には、それに比例してサービス付高齢者向け住宅を必要とする人も増えていきます。

また、一般的な賃貸アパートとは異なり、サービス付高齢者向け住宅なら、国からの補助金や税制面でも優遇措置を受けることができます。

一度入居すると、そのまま長く住んでもらえることが多く、駅から離れていても家賃の下落を心配する必要がないので、安定した経営が見込めるのも、サービス付高齢者向け住宅のメリットです。

もちろん、いくらサ高住を建てても、そこに長く住みたいと思ってもらえるような環境づくりや募集活動をしなければ、経営に悩む事態になりかねません。

例えば、太陽ハウス(株)では、自ら介護事業者としてサービスを提供しているため、運営ノウハウを活かした商品開発をすることができ、病院・介護関係者とのパイプも強いです。介護事業者のテナント料と入居者の賃料という双方向から収入を得る「テナント方式」を採用することで、高収益を実現するのも同社の特徴です。

サービス付高齢者向け住宅を検討する際は、良い不動産会社と良い介護事業者、両方を見つけて、入居者が長く住みたいと思えるような環境づくりを心掛けてください。土地活用の手段の一つとして、検討してみてはいかがでしょうか。

サービス付高齢者向け住宅についてのOSnetの記事

地域に根ざした「サービス付き高齢者向け住宅」で成功!

人口減少を見据えて、賃貸アパート経営以外の方法でリスク分散をする選択肢として「サービス付き高齢者向け住宅」が注目されています。賃貸住宅を経営する傍ら、市役所で街づくりに携わってきた門倉さんの成功談をご紹介します。

サ高住の新機軸!収益性+安定性のテナント方式とは?

高齢化時代に有望な「サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)」を推奨する太陽ハウス。サブリース方式とは異なる「テナント方式」を提案することで、高収益&安定経営を実現しています。サブリースより高い収益性の秘密に迫ります。

太陽ハウス株式会社

自社運営でノウハウを蓄積し、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)ブランドを展開しているのが、太陽ハウス株式会社です。介護事業者のテナント料と入居者の賃料という双方から収益を得るスタイルで、高収益を実現しています。

サービス付高齢者向け住宅で将来のリスク分散を

いかがでしたか?サービス付高齢者向け住宅には、一般的な賃貸住宅にはないメリットが色々あります。長く住んでもらえるサ高住を作ることができれば、土地の有効活用になり、将来のリスクを分散することもできます。一度検討してみてはいかがでしょうか。