ローディング

見守りサービスの選び方|孤独死対策をして高齢入居者の受け入れを

  • 管理/空室対策
  • 駆け付け、見守り
見守りサービスの選び方|孤独死対策をして高齢入居者の受け入れを1

単身高齢世帯の増加に伴い、見守りサービスを提供する会社が増えています。高齢者の住宅確保は国の重要な課題であり、賃貸オーナーにとっては所有する物件を活用するチャンスでもあります。そこで、大きく3つのタイプに分類して見守りサービスの種類や選び方を紹介します。適切な孤独死対策を行い、安心して高齢者へ部屋を貸すための参考にしてください。

見守りサービスとは?

見守りサービスとは、センサーやカメラ、電話確認、訪問などの方法で、高齢者の健康状態の把握や異常を監視、早期発見するためのサービスです。民間のセキュリティ会社、ガス、電気、介護事業者など、他にも多くの企業が提供しています。自治体が見守りサービスを提供している場合は、民間会社と連携するなど外部の力を借りていることが一般的なようです。

見守りサービスは大きく分けて3種類

見守りサービスは多数ありますが、ここでは3つの種類に分類して見守りサービスの特徴を紹介します。また、以下で紹介する3つの分類を組み合わせたサービス提供を行っているケースもあります。

「接触型」見守りサービス

接触型見守りサービスとは、緊急通報装置付きペンダントや押しボタン式通報装置など、見守り対象者が機器を直接操作するものです。電話での安否確認は対面型に分類できますが、自動音声による発信に対して指定されたボタンをプッシュする安否確認はここに分類してもいいかもしれません。

セキュリティ会社などから多く出ており、異常を確認すると駆けつけてくれるサービスをセットにしているものが多いです。注意する点は、何か異常があったときに高齢者が自分で操作をしないといけないことです。加速度センサー付きで転倒などを検出するものもありますが、それ以外は操作をしなければ通報されません。そのため、大手セキュリティ会社から監視カメラなどもセットになったパックで提供されています。

「非接触型」見守りサービス

非接触型見守りサービスとは、監視カメラやセンサー、ガスや電気のスマートメーターなど、見守り対象者が直接機器に触れることのないものです。スマートメーターは、通常生活パターンに 照らし合わせていつもと違う状態が発生すると異常とみなします。異常を検知すると、事前に設定された人へメールや電話で連絡が行くようになっています。24時間監視ができることで、異常 を見逃さずに検知することが期待できます。

注意する点としては、機器を設置するための工事が必要なものが多く、初期費用が数万円かかるようなものもあります。月額利用料は数百円のものから数千円のものまでさまざまです。

「対面型」見守りサービス

対面型見守りサービスとは、定期的な訪問や電話での安否確認を行うものです。介護事業所や郵 便局、電気、ガスなど日々地域を巡回する人員がいる企業が行っているケースが多いです。電話での安否確認であってもテレビ電話の活用などで、表情などを確認できるような体制を整えているものもあります。

見守り対象者と直接話せるため、日々の生活状況のヒアリングができ、異常が発生する前の異変 に気づける可能性があります。ただし、人が直接動くため費用が高くなりやすいことや、訪問・ 電話回数が週に1回、月に1回と少ないものもあります。

見守りサービス選び方|孤独死対策で重要な早期発見と入居者の意向

孤独死対策で大切なことは早期発見です。居室内での死亡を防ぐ、死亡を早期発見することで被害を最小限に防ぐことができます。3日以内に発見をするためには、最低でも3日に1回の確認を行えることが必要です。

緊急時の対応に注意! ライフスタイルに合わせたサービスを

センサーや監視カメラ、スマートメーターなどは24時間の状況を確認できるため、早期発見が可能です。安価に導入できるものもあるため、費用負担も少なくできます。孤立を防ぐために訪問型を利用する場合は、3日に1回のサービスを導入するか、非接触型などを併用することで訪問頻度を下げて費用を抑えることも可能です。また、介護サービスを利用されている方が入居する場合には、介護サービスの利用頻度に合わせることで週1回の見守りでも十分なケースもあります。

入居者家族や管理会社、大家さん自身が緊急時に駆けつけることができない場合には、接触型のような駆けつけサービスがついた見守りサービスを導入、併用するなどの検討も必要です。

入居者の要望にも注意! 入居者が受け入れられるものを

実は見守りサービスはこれだけでは決められません。入居者が加入するものが多いため、入居者に納得してもらう必要があります。

・高齢者扱いされたくない
・常に監視されているのはイヤ
・プッシュボタンの操作などが覚えられない

など、入居者によっては見守りサービスに難色を示す場合やうまく使えない場合もあります。その際に、入居者が見守りサービスを選べるようにいくつか選択肢を用意しておくことで、納得して見守りサービスを契約してもらいやすくなるでしょう。例えば、24時間モニタリングであっても電気などのスマートメーターであれば直接監視されているわけではないので、導入のハードルは低いかもしれません。操作に不安がある場合には、操作の必要ないものから選んでもらいましょう。

実際の見守りサービスを紹介

具体例として、「孤独死対策サミット2019」で紹介された2社の見守りサービスを紹介します。

孤独死対策サミット2109レポート

費用負担の少ない「見守り電気」

株式会社アイキューフォーメーションが提供する見守りサービスが「見守り電気」です。(株)アイキューフォーメーションは電力自由化を契機に電力事業に参入した企業。電力会社は電気の使用量にあった買付をすることが重要だそうです。そのため、1時間前の電力使用データを30分ごとに受信しています。このデータを活用したのが「見守り電気」です。

受信データをAIが分析し、日頃の電気使用量と違う状況が10時間から12時間程度続くと、事前に設定された5カ所の連絡先に通知が行くようになっています。例えば、いつもは22時に電気を消して就寝するため電力の消費量が下がるのに朝までずっと使用量が多くなっている、というような場合に通知が行われます。

通知方法は、メール、ライン、アプリの3つ。しかも、見守り電気の利用料は、電気代を除けば 300円のみです。スマートメーターの取り付けはアイキューフォーメーションが負担するため初期費用はかかりません。

また、「見守り電気」はアイアル少額短期保険株式会社と協力して孤独死保険と見守りサービスのセットも用意しています。通常、1棟単位での加入が必要な孤独死保険に1戸から加入できます。他にも、家賃保証とセットになったプランや駆けつけサービスとセットになったプランなども用意し、幅広いニーズに応えられるようになっています。

電話による見守りサービス

一般社団法人在宅生活支援パートナー協会が提供するのは「見守りにーよんコール」です。週に3回の自動音声による安否確認コールを行い、入居者はダイヤルをプッシュして応答します。対応状況が事前に登録した5カ所へとメールで送信されます。万が一応答がない場合には、センターから利用者へ連絡、結果をキーパーソンに報告。応答がなければスタッフが在宅確認に駆けつけます(有料サービス)。

また、安否確認だけでなく、コールセンターを設置して入居者からの緊急コールや生活の相談にも対応。さらに、月に1回、コールセンターから連絡をして健康状態や生活についてのヒアリングも行っています。

個々の入居者の生活に合った見守りサービスを

見守りサービスは提供する会社によって、金額もサービス内容も様々です。そして、利用する方も様々です。週に数回の介護保険サービス利用がある方などは、最低限の見守りサービスの利用でいい場合やそもそも見守りサービスが必要ない場合もあります。

入居者の家族の協力体制、すでに利用しているサービス、入居者の性格など、一人一人の入居者に合わせた見守りサービスの利用、提案が重要です。そのためにも、特定のサービスだけでなく複数のサービスについて情報収集をしておいてはいかがでしょうか。

スムスム君 スムスム君

記事をシェアしてみよう!

  • 大規模修繕ナビ|大家さんの賃貸経営を応援するオーナーズ・スタイル・ネット
  • 初心者のための空室対策ノウハウ事典 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営
  • 動画でわかる!賃貸経営 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営