先輩に学べ!リフォーム・リノベーション “がっかり!”失敗談

  • リフォーム
  • 住宅設備
  • リフォーム・リノベーション
  • 住宅設備

この特集では本誌の読者から送られてきたアンケートハガキのコメントの中から、リフォーム・リノベーションの「がっかり体験」をピックアップしました。同じ轍を踏まないように、気をつけるにはどうすればいい?先輩たちの貴重な失敗談から、陥りやすいミスと対策を学びましょう。

宝のもちぐされとはまさにこのこと 設備の失敗談

Tさんのケース

築26 年の部屋を頑張って内装リフォームしたのに、古くて少しサビのあるお風呂をそのままにしたせいか入居が決まりません。泣く泣く敷・礼ゼロ、3ヵ月家賃無料で募集中。

Fさんのケース

南側の建物に遮られて一日中陽が差さないアパートの部屋に、奮発して床暖房を入れたのに、入居者は使わずじまい。単身者には電気代の高さが嫌われたみたいで…、トホホ。

設備の失敗対策は

水まわりの清潔感は、特に女性入居者にとって気になるところ。使用感があったり、古びていると敬遠されがちです。全交換が無理でも、蛇口やシャワーヘッドを変えるだけで印象は全く変わります。

また、設備を導入する際は、入居者層の暮らしを具体的にイメージしてみることが大切。入居者や管理会社にニーズを聞いて、本当に喜ばれる設備を導入しましょう。

 

裏目にでちゃった… 壁紙の失敗談

Tさんのケース

30 万円もかけて豪華な壁紙に貼り替えたのに、半年も入居者が決まらず呆然です。「入居を決めたら好きな壁紙に変えてあげますよ」の特典付きにした方が良かったかも…。

Aさんのケース

壁の一面を違う柄のアクセントクロスにしたのに、他と差が出なくてガクゼン!小さなサンプルで見たときと、広い壁に張ったときの印象がこんなに違うなんて思いませんでした。

壁紙の失敗対策は

お金をかけてインパクトのあるクロスに貼り替えたのに、それが仇になるケースはよくあること。奇抜な柄は好き嫌いが分かれ、飽きられて退去の引き金になることも。主張し過ぎないナチュラルカラーのクロスを一面だけに貼ってみてはいかがでしょう。

グレー、水色、淡いグリーン、茶系などは男女どちらにも好まれます。入居者に壁紙を選んでもらうのもおススメ。

まさかトラブルになるなんて 内装・間取りの失敗談

Iさんのケース

空室の間取り変更の際、隣戸の寝室の壁を隔てた位置にトイレが配置されて。深夜に起床する新聞集配員の方が入居したため、夜中のトイレがうるさいと隣戸の入居者から苦情が…。

Kさんのケース

女性向けのとても可愛い部屋にリフォームしたら、甘えん坊のワガママお嬢さんが入居され、一般常識とのズレで小さなトラブルが続発。ターゲットを絞り込み過ぎたのかしら?

内装・間取りの失敗対策は

入居者が一番気になるのは音の問題。特に水まわりの配置は気にしたいところです。

大規模なリフォームをする場合は、床や壁の遮音性を高めるなど、性能アップも一緒に考えるといいでしょう。

Kさんのケースは不運でしたが、ターゲット通りの方が入居されたので狙いは成功しています。やはり的を絞ったリフォームは空室解消に効果的といえるでしょう。

期待はずれだった リフォーム会社の失敗談

Kさんのケース

不動産会社の営業マンの手配でリノベーションをした直後に、その営業マンがなんと退職!どこの業者がどんな工事をしたのかわかりません。アフターフォローもなく心配です。

Nさんのケース

知り合いの工務店で和室をフローリングの洋室にリフォーム。ところが襖などの建具はそのままだから何ともちぐはぐ…。お金をかけたのに印象が変わらなくてガックリきました。

リフォーム会社の失敗対策は

畳をフローリングに替えただけでは、結局、和室感が残ってしまって、部屋のイメージアップは図れません。入居者のニーズやトレンドを把握し、それに合ったプランをトータルで提案してくれる会社に依頼しましょう。

アフターフォローもしっかりとした実績のある会社ならベスト。定額制のトータルリフォームなど新たなサービスを提供する会社も増えています。

あると思うな、余計な予算 お金の失敗談

Oさんのケース

外観や内装デザインを気にしすぎて、部分的にこだわった結果チグハグになり、費用も膨らんでしまいました。それなのに空室のまま埋まらず、このまま1 年経ってしまいそう。

Yさんのケース

リフォーム会社の提案で、リノベーションによる賃料アップを狙ったのですが、結局、相場の家賃に下げない限り、反響ゼロ。費用対効果を考えると悔しいかぎりです。

お金の失敗対策は

大規模リノベーションの際は、間取り、設備、床・クロスの色に至るまで、入居者ニーズや賃貸物件のトレンドを調べることをお忘れなく。

リフォーム会社の提案をそのまま受け入れるのではなく、リフォーム費用を何年で回収できるのか、あるいは周囲の競合物件と仕様を比較して、このプランで本当に空室解消や家賃アップが図れるのかなど、しっかり見極めましょう。

編集部より

リノベーション成功事例の影には、実はこうした数多くの失敗事例が横たわっています。費用をかけたリフォーム・リノベーションで後悔しないために、本誌の記事を参考に良きパートナーとなってくれる依頼先を見つけてほしいと思います。次はあなたの「成功談」を編集部一同、心よりお待ちしています!


※この記事内のデータ、数値などに関しては2016年3月7日時点の情報です。

文/菱沼 晶 イラスト/高村あゆみ

【会員限定】この記事の「オーナーズ・スタイル誌」での掲載ページを
PDFでダウンロードできます。

PDFをダウンロード

その他のカテゴリーを探す

初心者のための
空室対策ノウハウ事典

空室対策には、「物件力アップ」、「販促力アップ」、「顧客満足度アップ」の3本柱が必要です。それぞれについて、不動産オーナー初心者の方にもわかりやすくノウハウをまとめています。

ノウハウ事典トップへ

動画でわかる!賃貸経営

オーナーズ・スタイル主催セミナーやカンタンDIY講座、物件見学会レポート、など、記事では紹介しきれないノウハウや話題のテーマを動画でお届けまします。

動画一覧を見る