間取り変更なしのワンルームは、デザインリノベで差別化を

ワンルームマンションはどの部屋も間取りや仕様が同じで、差別化できないのがネック。空室が多い場合は、各部屋ごとにコンセプトを設定して個性的に再生しましょう。間取り変更なしで魅力アップに成功した、ワンルーム2室のリノベーション事例を紹介します。

デザインコンセプトを部屋ごとに設定し、差別化に成功した事例

ワンルームマンションは、どの部屋も間取りや仕様が同じで、差別化が図りにくいのがネックです。そこで、各部屋ごとに明確なデザインコンセプトを設定して、個性的に再生してみることをおすすめします。

ここでは、築43年、鉄筋RC造の同じマンションにある、2室のワンルームのリノベーション事例を紹介します。

一つ目は、「自慢の壁と暮らすDECO LIFE」をコンセプトにしたリノベーション事例です。

壁一面に有孔ボードをつけて、入居者が好きな場所に棚をデコレーションできるようにしています。お気に入りの小物でも音楽CDでも、あるいは洋服でも、入居者が好きな物を自由に飾って楽しめるのが魅力です。

「自慢の壁と暮らす」をコンセプトにしたリノベーション事例

Before

After

After

壁一面に有孔ボードを設置し、自由に棚をデコレーションできる仕様にした。押入は扉を取ってオープンクローゼットに。工事費150万円(キッチン、ユニットバス等の設備交換含む)

写真提供:株式会社クラスコ

二つ目は、「ムキ出しのコンクリと暮らすCOOL LIFE」をコンセプトにしたリノベーション事例です。

既存の天井を取り外して打ちっ放しのコンクリートを見せたのがポイント。そこに特注デザインの照明を設置し、インテリア性を強く打ち出しています。

壁一面をモルタルの櫛引き仕上げにして、風合いのあるアクセントにしているのも見どころです。自分のスタイルを貫きたい入居希望者にとっては、この部屋はまたとない出会いとなるでしょう。

「ムキ出しのコンクリと暮らす」をコンセプトにしたリノベーション事例

Before

After

天井をコンクリートむき出しにし、櫛引塗りのアクセント壁で風合い豊かに演出。工事費150万円(キッチン、ユニットバ ス等の設備交換含む)

写真提供:株式会社クラスコ

よく読まれているノウハウランキング