リノベで間取りを変える時に、外してはいけないポイントは?

物件選びで、家賃と立地の次に重視されるのは間取りです。最近はライフスタイルの変化で、部屋数よりもリビングの広さが重視されています。昔ながらの2DKや3DKは1LDKにリノベーションし、クローゼットを新設するなどして今の入居者ニーズに合わせましょう。

今は部屋数を少なく、リビングを広くリノベするのが正解

近年は少人数世帯が増え、ライフスタイルも変わり、入居者には部屋数が多い物件よりも、リビングが広い物件の方が好まれるようになってきました。

そのため、一部屋あたりの面積が小さい昔ながらの2DKや3DKは人気がなく、空室になりがちです。加えて和室が多い間取りの場合、さらに古さが際立ってしまい、好印象を与えることは難しくなります。

そこで最近は、このような2DK・3DKの物件を、1LDKにリノベーションすることが増えてきました。最も一般的なのは、DKと、隣接する部屋との間の壁を撤去し、ひと続きのLDKに変える方法です。

一昔前の2DKの場合、DKに相対して2部屋が置かれた間取りがよく見られます。こうしたつくりであれば、工事は比較的簡単です。実際に部屋数を減らすことで、すぐに空室が埋まるケースも珍しくありません。

大掛かりなリノベをするなら、同時にクローゼットの新設もおすすめです。

近年は収納を重視する入居者が多く、居室の壁一面をクローゼットにしたり、ウォークインクローゼットやシューズインクローゼットを備えた物件が増えています。

例えば、狭い3DKの場合、広い1LDK+ウォークインクローゼットに間取り変更ができるかもしれません。スペースに余裕があれば、中を通り抜けできるウォークスルークローゼットも魅力的です。

また、部屋と部屋を仕切る壁を取り払うだけでなく、視界を遮る仕切りを撤去することで、より部屋を広く見せることもできます。例えば、収納の扉を外したり、押し入れの襖を外して隠す収納から見せる収納へ変えたり、天井板を外して空間を広く見せるなどです。

同じ面積でも印象がガラッと変わり、空間の広がりを感じさせることができます。

2DKや3DKではなくワンルームの空室に悩んでいる場合は、さらに大胆な間取り変更を行うことで解決することもあります。

隣り合う2戸のワンルームの間の壁を撤去して1住戸としたり、上下階を隔てる床と天井を抜いて階段を通し、メゾネットにするなどです。

既存の部屋単位ではなく建物全体で考えるリノベなので、入念な検討と準備が必要ですが、空室が長引いている場合はそこまでする選択肢もあることを頭に置いておきましょう。

よく読まれているノウハウランキング