バス・トイレが一緒の3点ユニットはどうリフォームする?

バス・トイレ・洗面台が一体の3点ユニットバスは今は人気がなく、ほとんどの入居者がバス・トイレ別を希望します。とは言え、お金をかけてリフォームしてもリターンが追い付かなければ無意味。3点ユニットのリフォームには、どのような選択肢があるのでしょうか。

低コストでも、バス・トイレ分離のリフォームは可能

20年以上前には機能的で便利と考えられ、主流だったバス・トイレ・洗面台が一体となった3点ユニットバス。しかし、現在では全く人気がありません。

ほとんどの入居希望者が「バス・トイレ別」を希望していて、部屋選びの必須条件とされています。

インターネットで検索する時のチェック項目ともなっているので、3点ユニットは当然はじかれやすく、その点からも不利な仕様です。オーナーは、何らかの対処を考えなくてはなりません。

理想は、バスルームとトイレを完全分離することです。

しかし、ユニットの取り替えや壁の新設、配管工事などのコストがかさみ、投資額が大きく膨らみます。その分だけ、家賃をグンと上げるというわけにもいきません。

またこの方法だと、大抵は居室の面積が削られてしまいます。もともと狭い部屋の場合は、特に難しい選択肢です。

 

では、3点ユニットバスの物件は、どうすれば今の入居者に受け入れられるのでしょうか。主に三つの選択肢があります。

 

一つ目は、間仕切りでバスとトイレを分離するという方法です。3点ユニットバスの面積はそのままでも分離でき、比較的ローコストで行えます。

例えば、浴槽の縁にサッシを取り付けて仕切る方法です。これは、ネットに「バス・トイレ別」と掲載できるのも大きなメリットです。

浴室とトイレをサッシで仕切り、3点ユニットを分離した例

低コストで施工可能で、インターネットで「バス・トイレ別」と表示できるのが魅力

写真提供:株式会社ビラハウジング

二つ目は、浴室をなくした上で間仕切りを入れ、シャワー室とトイレの2室に分けるという方法です。ある程度の費用はかかりますが、効果も多数聞かれます。「浴槽は不要。シャワーだけで十分」という人は意外と多いようです。

 

三つ目は、割り切ってホテルのような3点ユニットバスを目指す方法です。

デザイン性の高い鏡や水栓・便座を採用して、壁に木目調のシートを貼るなどすれば、高級ビジネスホテルのような雰囲気を出すことも可能です。また、低コストで済むのも大きな魅力です。

ホテルライクな3点ユニットの例

3点ユニットはそのままでも、木目調のシートを壁と便器に貼り、大きな鏡を設置すればホテルライクなバスルームに変身する

写真提供:株式会社モダンアパートメント

リフォームする場合の方法はこれらですが、一方で「何もしない」という選択肢もあります。

バス・トイレが一緒でも、家賃が安ければ妥協できるという人がいないわけではありません。費用をかけての改装はせず、その代わりに家賃を下げるという考え方もあっていいでしょう。

出身国や地域にもよりますが、外国人の中にはバスとトイレが一緒であることに抵抗感がない人も少なくありません。

とは言え、便器や浴槽が古びて汚らしい状態なのは論外です。そんな状態になっているのならば、やはり何らかの対処が必要になります。

よく読まれているノウハウランキング