マンションのエントランスを好印象にするためのポイントとは

マンションのエントランスを好印象にするためのポイントとは1

マンションやアパートは、共用部分も空室対策への影響は室内と同等です。ゴミ置き場や駐輪場が汚いのは厳禁ですが、日常的に目にするエントランスなどの共用部も目立つので、注意が必要です。外構や道路からのアプローチも含めた、印象を一変する大胆なリノベーションを検討しましょう。

エントランスのコンセプトを決め、明るくオシャレに。夜間ライトアップも効果的

内見に訪れた入居希望者は、居室と外観だけでなく、必ず共用部分に目を留めます。ゴミ置き場や駐輪場が汚いのは厳禁ですが、日常的に目にするエントランスなどの共用部にも注意が必要です。

エントランスは、外構や道路からのアプローチも含めたリノベーションを検討しましょう。ターゲットとなる入居者とそのニーズを想定し、効果的な改善方法を考えます。女性が狙いならば、エントランスは明るくオシャレにし、照明を工夫して防犯性を高めます。

館名プレートを洗練されたデザインのものに替える、夜のライトアップに工夫を凝らす、集合ポスト周囲の壁をタイル貼りにして高級感を出す、なども効果的です。

また、植栽も工夫の凝らしどころです。シンボルツリーを植えたり、季節を感じられる草花を植えたりすることで、物件の第一印象がグンとアップします。

エントランスを含めた共用部リノベーションの成功例を、2つ紹介します。

一つ目は、築24年のマンションの外観・エントランス部分のデザインを変えただけで、人気物件に変貌した例です。

既存の庇を建物の個性と捉え、それを利用して白いアーチを造り、黒く塗装した壁とのコントラストで際立たせて、訪れた人の印象に残るエントランスにしています。

リノベーション成功例1:築24年のマンション

マンションのエントランスを好印象にするためのポイントとは2 マンションのエントランスを好印象にするためのポイントとは2

築24年のSRC造。ライトアップされた夜の表情も美しい。

工事費/外観約140万円、ホール約40万円
写真提供:株式会社インターデザイン

サイン・植栽のライトアップとホールのデザイン照明は、夜に煌めく劇場のエントランスのように、訪れるひとを迎え入れる心躍るような楽しさの演出です。改修前は27室中12室が空室状態でしたが、大きな反響を呼び、家賃アップにもかかわらず2カ月で満室になりました。

二つ目は、築30年のマンションを大胆な色使いでデザインチェンジさせた例です。

エントランスは腰壁やエレガントな玄関灯で、「地中海のアパルトマン」をイメージをさせる雰囲気に。無機質で薄暗かった階段や廊下は、フローリング調の床材を張って温もりを生み、壁面は白を基調に明るく一新しました。

リノベーション成功例2:築30年のマンション

マンションのエントランスを好印象にするためのポイントとは2

築30年の鉄骨RC造。「地中海」をテーマに、外観・エントランスのデザインを変え、階段・廊下には各階ごとにコンセプトカラーを設定し、明るく個性的に

写真提供:株式会社ノットコーポレーション

壁の一面やドアを鮮やかなカラーで塗装してアクセントにしています。他にない個性をオシャレに演出したことで注目を集め、長引いていた空室が埋まり、1階テナントにはヘアサロンが入りました。

  • 大規模修繕ナビ|大家さんの賃貸経営を応援するオーナーズ・スタイル・ネット
よく読まれているノウハウランキング
  • 初心者のための空室対策ノウハウ事典 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営
  • 動画でわかる!賃貸経営 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営