部屋探しポータルサイトの特長は?どれがいい?

賃貸ポータルサイトの活用は欠かせないといわれますが、日々新しく生まれる多種多様なサイトの中で、どれを活用するのが効果的?
若い層に人気がある代表的な物件検索ポータルサイトの特長や活用方法を紹介しましょう。

数あるポータルサイト、御三家はおさえておこう

不動産の物件検索ポータルサイトが始まったのは1990年代後半からですから、古いところは20年以上の歴史があります。その後、コンピューターやインターネットの発達によって、物件情報の内容は、文字情報中心から図面や写真などの画像データ付きへ、そして動画やバーチャル・システムの導入へと進化してきました。

現在、部屋探しのできる賃貸ポータルサイトは、30件は下らないようです。ネットに馴れていないオーナーなら、それぞれのサイトの違いや良し悪しは皆目検討がつかないかもしれません。そこで、いくつかのランキング情報を基に、「ここだけは外せないサイト」をピックアップしてみました。

賃貸ポータルサイトの“御三家”“3強”といわれるのが「SUUMO(スーモ)」「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」「at home(アットホーム)」です。掲載物件数の多さ、人気度の高さから、幅広い集客効果があるといわれています。

SUUMO

リクルート住まいカンパニーが提供するサイトで、テレビコマーシャルも頻繁に目にするせいか、各種のランキングで「人気No.1」(アクセス数の多さ)に選ばれています。写真や動画などのビジュアル情報も豊富です。前身となる『住宅情報On The Net』は1996年からスタートしました(99年に「ISIZE」に変更)。もっとも古い老舗の一つでしょう。

LIFULL HOME'S

LIFULL(旧ネクスト)が運営するサイト。こちらもテレビコマーシャルの露出度が多く、「総掲載物件数No.1」と謳っています。不動産・住宅情報サイトとして立ち上げたのが1997年でした。賃貸経営に役立つエリア別分析情報の提供、月次に賃貸マーケット・レポートの発信など、オーナ向けのサポート情報も充実しています。

at home

アットホームが運営するサイト。仲介・管理会社向けに図面配布などの情報流通サービスを1967年から始めたパイオニアだけに、「掲載不動産店舗数No.1」とされています。成約の有無を電話で確認するなど、定期的に掲載物件のメンテナンスを行っているため、情報の鮮度が高いと評判です。前身となる「at home online web」のスタートは1999年。

この他、人材・採用情報を扱うマイナビが運営する「マイナビ賃貸」も人気ランクは上位に入っており、学生・新社会人に強いとされています。最近では、入居が決まるとキャッシュバックしてくれる「DOOR賃貸」「スマイティ」などの人気も高まっているようです。

空室が出た時には、複数のポータルサイトを訪問し、自分の部屋の情報がどこに掲載されているか、内容はどう記載されているかをチェックしてみましょう。