工事不要の改善策も!賃貸アパートの防音性能を高める対策

工事不要の改善策も!賃貸アパートの防音性能を高める対策1

入居者の不満のうち「遮音性」は常にトップ。木造アパートよりマンションが好まれる理由の一つです。アパートの音問題はどうする?
騒音トラブルを防ぐリフォームで防音対策の効果を上げるポイントを紹介します。

生活音の種類と正しい防音の方法を知ろう

「賃貸だから多少の音は仕方がない」「共同生活のマナーの問題」と高を括っていると、深刻なトラブルや退去の引き金になりかねません。最近の新築アパートは、こうした騒音問題を受けて基本性能のアップに努めているだけに、入居者の意識はより高くなっていると考えたほうが良いでしょう。

対策を立てる前に、まず問題となる生活音の種類について知っておきましょう。住まいの中では、表1の「空気伝搬音」と「床衝撃音」が代表的。これらの音源に合わせて、表2に示した「遮音」「吸音」「制振」の3つの手法を適切に組み合わせるのが防音対策の基本です。

建物の構造や内装材の仕様によって音の伝わり方は違うため、同じ防音材を使っても効果に差が出ます。建物と防音材それぞれの特性と相性を知った上で、もっとも効果的な防音材を選び、正しく施工することが重要です。

本格的な防音対策をするには、構造壁の下地材を剥がすなど、建物の骨組みまで手を入れなければなりません。ここでは、賃貸経営としての費用対効果を考え、内装材のリフォームで行える対策について取り上げます。ポイントは壁と床です。

工事不要の改善策も!賃貸アパートの防音性能を高める対策2
工事不要の改善策も!賃貸アパートの防音性能を高める対策2
1.壁

木造アパートの住戸を隔てる界壁については、比較的軽微な工事で防音効果を高められると、専門家は指摘しています。日曜大工の心得があるオーナーならDIYレベルでも対応可能です。

もっともローコストな対策としては、単価の低い石膏ボードを二重張りする方法があります。ただ「石膏ボード自体は高音と低温の遮音に弱点があり、二重張りにしてもその弱点は解消できない。構造用合板のような異なる材料を合わせたほうが、弱点を補いあって効果が出る」と指摘する専門家もいます。

より効果を高めるには、薄くて性能が高い防音材を活用するのがお勧めです。たとえば、2枚の石膏ボードの間に遮音・制振シートをサンドイッチする形にすると遮音性向上します。

2.床

床については、音の種類によって対策の有効性が変わります。子供が飛び跳ねるときの「ドスン」「ガタン」という鈍い「重量衝撃音」は、建物の構造自体を変えなければ防音効果は出ません。一方、食器が落ちるときに「コーン」と鳴るとか、スリッパで歩くときに「パタパタ」いう「軽量衝撃音」は、床仕上げのリフォームで改善できます。

たとえば、既存の床の上に、厚さ数ミリのクッションフロア(CF)、フェルト、遮音制振マットを組み合わせた防音対策などが挙げられます。

なお、外部からの騒音は、防音サッシよりも内窓を付けて二重サッシにするほうが費用対効果は高いでしょう。

施工方法にも注意しましょう。いくら性能の高い防音材を使っても、材料のつなぎ目にちょっとした隙間が空いただけで防音効果は発揮されません。防音工事の施工実績が豊富で、施工後の効果検証をきちんとしてくれる、防音リフォームの得意な業者に依頼することが大切です。

  • 大規模修繕ナビ|大家さんの賃貸経営を応援するオーナーズ・スタイル・ネット
よく読まれているノウハウランキング
  • 初心者のための空室対策ノウハウ事典 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営
  • 動画でわかる!賃貸経営 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営