ウチの物件、なぜ選んでもらえない!? 内見者のがっかり体験に学ぶ空室解消の決め手

  • 管理、空室対策
  • 住宅設備
  • 仲介・入居者募集
  • 住宅設備

リフォームもしたし家賃も見直したから、内見者はやってくる。それなのに入居が決まらないのはどうしてだろう?内見者は入居する気満々で100点の気持ちで物件を見始め、「がっかり」するごとに減点、合格点に達しないと契約に至らない。内見者の視点で物件を観察すると、対策方法が見えてくる。

START:内見決定

内見者「素敵なお部屋をいくつか発見!この3物件、内覧してみよう」

今や部屋探しはインターネットの時代。入居希望者は募集サイトで見比べ、2~3件に絞って内見する。内見自体が貴重だと心得て、機会を逃さないことが重要だ。

内見ポイント1:外観・共用部

室内だけでなく、共用部の美観もキープ

内見者「部屋を気に入って見に来たけど、エントランスが汚いなあ。ポストもチラシがあふれてる…」

内見者の第一印象を左右するのが外観やエントランス。集合ポストのチラシがあふれていたり、掲示板が乱れている状態は言語道断。ゴミ箱を置いて、掲示内容は定期的に確認を。

外壁の汚れやコケは高圧洗浄で落とせる場合もあるので試してみるといい。季節の花や飾りで装飾すると内見者に「歓迎」の気持ちをアピールできて効果的。

古いのと汚いのは別!「清潔感」のある物件に

内見者「ごみ置き場が汚い!駐輪場も荒れているし、書き殴りの張り紙にどん引き…。マナーが悪い人がいそう」

管理が悪い印象を与えると内見者に敬遠される。ゴミ置き場は特に目に付きやすい。専用ストッカーを設置してこまめな掃除を心がけよう。駐輪場が乱雑なのも厳禁。利用者不明の自転車は撤去し、床にラインを引くだけでも、入居者の意識が変わって整頓できる。

共用部に『タバコ厳禁!』『ゴミを捨てるな!』といった張り紙はないだろうか。これは入居者のマナーが悪い物件、あるいはオーナーがうるさい人柄という印象を内見者に与えるので逆効果。『〇〇はきれいにご利用ください』とお願いの気持ちが伝わる張り紙に。また、エントランスや廊下に入居者の私物が置かれているのも見過ごしがちだが、全戸に注意文を配布し、室内に入れてもらおう。

内見ポイント2:居住空間

空室は管理に気を配る

内見者「ホコリが溜まっているし、あっ、虫の死骸もある。それになんだかドブ臭い…。ずっと空室の物件なのかな?」

空室が続く部屋はリフォーム済みでも要注意。定期的に訪れて清潔さが保たれているか入居者目線でチェックし、空気を入れ換えよう。水まわり設備は排水トラップから下水臭が上がらないよう、水を流して補充するのも忘れずに。

収納力を高めて好印象に

内見者「リフォーム済みでキレイ!だけど、収納少ないなあ。家具を買う余裕もないし」

女性入居者は荷物が多め。収納の少なさに踵を返す内見者も実は多い。洗濯機置き場やトイレの上に棚を付けるなど、デッドスペースを賢く活用して収納を増やそう。

また壁の1面のみDIY可能にして、モノを掛けたり飾れるようにするだけで好感度は上がる。

内見ポイント3:住宅設備

「あって当然」の設備は導入

内見者「エアコンもガスコンロもないの?さっき見た部屋は付いていたから、そっちにしようかな…」

入居者は初期費用をなるべく抑えたいもの。必需品の設備がないと落胆は大きい。エアコンは各部屋にあるのが理想。ガスコンロがないキッチンも今や常識外れ。

ちなみに人気設備はTVモニター付きインターフォン、温水洗浄便座、宅配ボックス、無料Wi-Fiなど。周辺物件との差別化を図りたい。

古い設備は適宜交換

内見者「宅配ボックスとオートロックに惹かれて内見に来たけど、ほかの設備は古いし、水アカだらけで汚い」

いくら人気の設備を導入していても、既存の設備が古びていると、内見者の入居意欲は萎えるもの。まだ使えるからと、建てた当時の設備を使い続けていないだろうか。

特にキッチンや洗面台など水まわり設備は経年の汚れや水垢が目立ちやすく、クリーニングだけでは落ちにくい。古い設備は思い切って交換し、物件価値の維持・向上につなげよう。

エアコンやトイレは新型に変えると節電・節水にもつながり喜ばれる。汚れた水栓レバーやシャワーヘッド、スイッチパネルなどの交換だけでも印象が改善できる。なお、設備新調の際には募集広告への反映も忘れずに。

※この記事内のデータ、数値などに関する情報は2017年12月12日時点のものです。

取材・文/菱沼 晶 イラスト/野田 節美

その他のカテゴリーを探す

初心者のための
空室対策ノウハウ事典

空室対策には、「物件力アップ」、「販促力アップ」、「顧客満足度アップ」の3本柱が必要です。それぞれについて、不動産オーナー初心者の方にもわかりやすくノウハウをまとめています。

ノウハウ事典トップへ

動画でわかる!賃貸経営

オーナーズ・スタイル主催セミナーやカンタンDIY講座、物件見学会レポート、など、記事では紹介しきれないノウハウや話題のテーマを動画でお届けまします。

動画一覧を見る