企業レポート
[提供:パナソニックホームズ]

収益力を高めたパナソニックの賃貸併用住宅|上へ伸ばして敷地を最大限有効活用

建てる/融資
  • マンション
公開日:2021年6月2日
更新日:2021年7月13日
収益力を高めたパナソニックの賃貸併用住宅|上へ伸ばして敷地を最大限有効活用1

パナソニック ホームズの土地の形状に合わせた敷地対応力と最高9階建まで建築可能な技術力、コンバージョン(用途変更)に対応した構造により、長期にわたり高い収益性が実現。都市部の立地でこそ検討してもらいたい、賢い土地活用をご紹介します。

オーナーズ ・スタイル ・ネットでは気軽に気になる企業の資料を取り寄せることができます

この記事を読んで興味があればページ内 にある【資料を請求する】または【この企業に問い合わせる】をクリックして資料取り寄せてみください 。

我が家を持続資産にする、賃貸住宅「ユアメゾン」

賃貸住宅の販売実績39万戸超のパナソニック ホームズが展開している賃貸住宅ブランド「ユアメゾン」。そのコンセプトは「持続資産」で、建物と暮らしの価値を保ちながら将来にわたって収益力を持続することを目指しています。そんな同社が都市部で積極的に提案しているのが賃貸併用住宅の建設です。

都市部に自宅がある場合、将来的に相続税課税対象となる可能性が高いです。そこで、建築ローンで総資産額を非課税額まで減らして建て替えることが有効な相続税対策となります。容積率が大きいエリアなら、賃貸住宅や店舗を組み込む多層階住宅に建て替えることで、毎月の家賃収入が見込め、それをローン返済に充てることがかないます。

同社の多層階住宅なら最高9階建までの建築が可能で、収益性を大きく高めることができます。

土地のポテンシャルを最大限まで活かす設計対応力

敷地を無駄にしない設計対応力も同社の強み。15㎝という細かい単位での設計や、角地の場合も建物を45度にカットできるので敷地形状に合わせたプランニングが可能です。

また、狭小地でも建物の外側に足場を設けず内部から施工する「無足場工法」により、敷地境界から30㎝あれば建物を建築することができます(※ 敷地境界との距離は、建物状況により異なります)。

さらに、耐力壁を必要とせず、最大10.8m(※ 柱300mm角の場合)のビッグスパンが大空間を生み出し、ライフステージの変化に対応して、賃貸を店舗に変更するなど柔軟なコンバージョンで、「持続資産」をかなえることができるのです。

収益力を高めたパナソニックの賃貸併用住宅|上へ伸ばして敷地を最大限有効活用2

敷地境界から30cmあれば施工が可能

わずかな隙間も逃さず、広く建てることができる。さらに敷地境界から30cmあれば、建築が可能(※敷地境界との距離は建物状況により異なります)。

メンテナンスの手間を軽減&先進設備の導入で入居者ニーズに対応

壁にはデザイン性とセルフクリーニング機能を備えた外壁タイル「キラテック」を採用し、その美しい外観を将来にわたって維持することができます。メンテナンスの手間と将来的なコストの軽減は、階数が高く建物が大きくなるほど見逃せない差になるといえます。

また、重量鉄骨による建築工法は、工場生産の導入により、一般的な鉄筋コンクリート造に比べて短工期で建築できるので、それだけ賃貸経営を早くスタートできるという強みもあります。

収益力を高めたパナソニックの賃貸併用住宅|上へ伸ばして敷地を最大限有効活用2

省メンテナンスで外壁の美しさが持続する

汚れにくく、セルフクリーニング効果を持つタイル外壁を採用。将来的なメンテナンス費用の軽減にもつながります。

入居者の新しい生活ニーズに応える提案にも注目です。スマートフォンで外出先からエアコンや照明の操作ができるほか、オートロックや玄関ドアの施開錠ができるなど、パナソニックの技術が活きて「IoT設備」が導入されています。

オーナー、入居者双方から喜ばれるのが「ユアメゾン」。容積率が高い、都市部の敷地を無駄にしない賃貸併用住宅に興味のある方はぜひ相談してみてください。

【賃貸併用住宅オーナー事例】レガリアテラス

収益力を高めたパナソニックの賃貸併用住宅|上へ伸ばして敷地を最大限有効活用2

最上階にオーナー邸を設けた賃貸併用住宅

収益力を高めたパナソニックの賃貸併用住宅|上へ伸ばして敷地を最大限有効活用2

所在地:東京都台東区
用途地域: 商業地域
敷地面積: 195.90㎡( 約59坪)
延床面積: 499.92㎡( 約151坪)
戸 数: 賃貸住戸7戸+オーナー邸+ガレージ
間取り:1LDK(約35~45㎡)

収益力を高めたパナソニックの賃貸併用住宅|上へ伸ばして敷地を最大限有効活用2

2色のキラテックを貼った外観

収益力を高めたパナソニックの賃貸併用住宅|上へ伸ばして敷地を最大限有効活用2

風除室には石積み調内装材を使用

収益力を高めたパナソニックの賃貸併用住宅|上へ伸ばして敷地を最大限有効活用2

共用部には美術品が飾られている

収益力を高めたパナソニックの賃貸併用住宅|上へ伸ばして敷地を最大限有効活用2

オーナー邸は天井を高く設計。ビル用サッシや縦長スリット窓の採用で開放的な空間が実現

さらに詳しく「ユアメゾン」について知るなら

パナソニック ホームズの賃貸住宅ブランド「ユアメゾン」について、さらに詳しく知るためには資料請求がおすすめ。【この企業・専門家に問い合わせる】ボタンをクリックするか、下記の【資料請求をする】をクリックすると簡単に資料請求ができます。

もらえる資料はこちら

「成功する賃貸併用住宅ガイド」と「賃貸併用住宅カタログ」を2冊セットでお送りします。

収益力を高めたパナソニックの賃貸併用住宅|上へ伸ばして敷地を最大限有効活用2

※この記事内のデータ、数値などに関しては2021年5月19日時点の情報です。

取材・文/本多 智裕

この記事をシェアする


パナソニック ホームズ<OS首都圏版>

0120-114-639

お問い合わせの際は、オーナーズ・スタイル・ネットを見たとお伝えください。

商号 パナソニック ホームズ株式会社
受付 9:00〜17:00
定休日 土曜・日曜・祝日
対応エリア 全国(一部地域を除く)
ホームページ https://homes.panasonic.com/company/
所在地 大阪府豊中市新千里西町1-1-4

この企業・専門家の企業レポート

関連する企業レポート

関連するセミナー・イベント

関連する記事