編集部が潜入!「賃貸住宅専門ショールーム」に行ってきました

建てる/融資
  • 展示場、ショールーム
公開日:2019年3月4日
更新日:2019年11月29日

ここは賃貸オーナー・入居者のためのショールーム

編集部が潜入!「賃貸住宅専門ショールーム」に行ってきました0
入居者の暮らしを再現!モデルルームゾーンへ

大空:続いて、賃貸住宅モデルルームゾーンに移りましょう。

S山:おじゃまします。玄関ドアもインターホンも本物!友達の家に来たみたい(笑)

大空:こちらは1LDK、約40㎡のモデルルームです。

編集部が潜入!「賃貸住宅専門ショールーム」に行ってきました0

S山:このまま実際に住めそうです(笑)。

大空:家具なども置いているので、実際の広さや入居者の暮らしをイメージしやすくなっています。見学されたオーナー様は「これなら2人入居で募集できるね」といった具体的なお話もされていますよ。

S山:間取り図も置いてありますね。

大空:はい。ここをベースに、オーナー様がイメージされているプランの話をすることもできます。

編集部が潜入!「賃貸住宅専門ショールーム」に行ってきました0

S山:LDKと隣の洋室の間仕切りを開閉することで、間取りを変えることができるんですね?

大空:そうですね。間仕切り戸は上吊り式なので床はフラット。安全で掃除もしやすいと好評です。

S山:ライフスタイルの変化によって、間取りも可変できるのは入居者から喜ばれますよね。長期的に住んでくれそう。

 

編集部が潜入!「賃貸住宅専門ショールーム」に行ってきました0

S山:ここは収納ですね。ウォークイン・クローゼット、広い!これだけ広いと嬉しいな~

大空:収納量の充実も入居者ニーズが高いですね。収納をたっぷりとっておけば箪笥などの家具を置く必要がなく、すっきりした部屋で暮らしていただけます。

S山:地震による家具転倒の心配がないので安心ですね。

編集部が潜入!「賃貸住宅専門ショールーム」に行ってきました0

S山:すごい!壁の中の断熱材が見えてる~!

大空:実壁に手を当ててみてください。

S山:あれ?温かい!

大空:断熱性能が高いので、手が温かいと温かく、冷たいと冷たく感じるんです。

S山:なるほど!初めて断熱材を触ることができて感激です。こうなってるんですね。

大空:みなさん、そのようにお話されます。普通は建てたら見えなくなってしまう部分をお見せしているのは、ここは「賃貸オーナーと入居者のために作られた」ショールームだから。ぜひオーナー様に見て触って、驚いていただきたいですね。

編集部が潜入!「賃貸住宅専門ショールーム」に行ってきました0

大空:二重サッシの窓もご覧いただけます。

S山:サッシが二重になっていると、寒さや暑さだけでなく音の問題もなく暮らせそうですね。

大空:先ほど触れた断熱材で建物を覆って、さらに二重サッシをつけているんです。「エアコンの効きがいい」とか「光熱費が抑えられる」「室内はとても静か」など、入居者から喜びの声も。入居者は断熱性や遮音性も重視しているといった、入居者ニーズの参考にしていただけます。

S山:募集時の大きなアピールポイントになりますね。

編集部が潜入!「賃貸住宅専門ショールーム」に行ってきました0

S山:ベランダも付いているんですね!?ショールームでここまで見ることができるなんて驚きです!

大空:はい。外壁も床のシートも貼っています。ベランダは防水性・耐久性を重視した施工をし、長くきれいに保てるようにしています。

S山:特にオーナーにとってはメンテナンスのことなども考えると、キレイで長持ちする建物であることは重要なチェックポイント。これも賃貸住宅専門だからこそですね。

ショールームで見て触れることで、賃貸住宅のトレンドが学べる!

編集部が潜入!「賃貸住宅専門ショールーム」に行ってきました0
豊富な種類が展示!外装材・内装材ゾーンへ

大空:こちらのコーナーは、内装・外装材などの部材や建具のサンプルを展示しています。

S山:クロスがたくさん!それにしてもすごい種類の量ですね~

大空:最近は部屋ごとにクロスを変えたり、ひとつの部屋でも一面だけ変えるといった使い方をするケースもあるので、たくさんのサンプルを見て選んでいただけます。

S山:どれを選べばいいのか迷いそうですね。

大空:もちろん、イメージや入居者ターゲットに合ったクロスをご提案しますし、最近の人気はこれとか。時にはクロス選びの失敗談をお話して(笑)、参考にしていただくこともあります。

 

編集部が潜入!「賃貸住宅専門ショールーム」に行ってきました0

S山:タイルも大きさや色のバリエーションが豊富なんですね。

大空:色や質感は本物をご覧いただくのが一番。他の部材などもそうですが、業者さんにご協力いただくことで、常に最新の商品サンプルやパンフレットを展示できているんです。

S山:それは嬉しいですね!

編集部が潜入!「賃貸住宅専門ショールーム」に行ってきました0

S山:ドアもいろいろな種類があるんですね~

大空:そうなんです。色やデザイン、鍵やドアノブなど、いろいろな種類があります。鍵はダブルロックやカードキーも用意しています。

S山:ドアを引き出せるので見やすいですね。

大空:そこに気付いてくださって嬉しいですね。賃貸住宅専門のショールームは他になくて見本がないから、展示の仕方ひとつをとっても協力会社の皆さんと苦労してつくってきました。

S山:最新のサンプルが揃っていて、見たり触れたりしやすいので助かります。

大空:展示した部材や設備を採り入れた施工実例のパースや写真もファイルにしているので見ていただけますし、計画されている敷地の大きさに近い施工実例資料も用意しているのでこちらも活用していただきたいですね。

編集部が潜入!「賃貸住宅専門ショールーム」に行ってきました0

S山:今日は勉強になりました! 大満足です!

大空:ありがとうございます!実際に、「最新の入居者ニーズに応える間取りや設備・仕様がこれだけ揃っているのは珍しい」と不動産会社様からお墨付きもいただきましたし、入居者が見学にいらしたこともあるんです。

S山:不動産会社もおすすめなのは、オーナーさんにとっても一見の価値がありそうです。

大空:住宅展示場では「売る」を目的とするケースが多いですが、ここは賃貸オーナー・入居者のための「賃貸経営の具体的なイメージができる専用ショールーム」。最新のニーズやそれに応える設備や仕様を知ることができます。いろいろ見て、比較検討して、賃貸経営のイメージをつけてくださいね。

 

本日のまとめ

実物を再現したエントランスやモデルルームをはじめ、展示物のバリエーションも豊富で見ごたえたっぷり。入居者の最新ニーズが分かるうえ、賃貸住宅のプロからのアドバイスをもらえるのも魅力でした。オーナーさんはもちろん、情報収集をしたいという方、ぜひ足を運んでみてください!(S山)

※この記事内のデータ、数値などに関する情報は2019年1月24日時点のものです。

取材・文/神戸 久美子 撮影/豊島 正直

この記事をシェアする

関連する企業レポート

関連するセミナー・イベント

関連する記事