敷地面積6坪でも建築可能!?狭小地・変形地の有効活用

  • 建てる/融資
  • 設計事務所
  • 建築コンサルティング
敷地面積6坪でも建築可能!?狭小地・変形地の有効活用1 敷地面積6坪でも建築可能!?狭小地・変形地の有効活用2

所有する土地は駅から遠くないけど、狭かったり形が良くないために賃貸経営での活用は難しいと考えている大家さんは意外と多いものです。ところが実際は、敷地面積6坪から賃貸住宅の建築は可能だと知っていますか?狭小地・変形地に賃貸住宅を建てる際のポイントをご紹介します。

立地の良さが第一条件 いかに付加価値を生むか

狭小地・変形地の定義を、皆さんはご存じだろうか。変形地とは敷地の形が長方形ではないもの、例えば三角形や台形などの敷地だということはおわかりだろう。では、狭小地とは?

有限会社スモールハウス代表取締役の鈴木茂さんは、「明確な定義はありませんが、20坪以下の土地を私たちは狭小地と呼んでいます」と語る。同社は狭小住宅の専門サイトを運営し、狭小地や変形地の有効活用を考えている土地所有者に、専門の建築家や工務店を紹介する事業を行っている。相続税の増税の影響もあり、ここ数年、問い合わせが増えているという。では、どのような条件の土地なら活用が可能なのだろうか。

(鈴木さん)「やはり立地が良いところですね。東京都内や大都市の、駅から徒歩10分圏内。その条件の土地なら、十分対象となります。過去には10坪以下の土地の建築プロデュースしたこともあります。ただし、狭いということはデメリットですから、それをメリットに転換する工夫が必要になります」

その工夫について、同社とパートナー契約を結び、これまで多くの狭小住宅建築を手がけてきた設計事務所・設計工房の一級建築士、久保宗一さんはこう語る。

「一言で言えば差別化です。なるべく多くの部屋をとれる建物にしますので、一部屋は狭くなります。その狭さを克服して、長く住んでもらえるようにするのが設計士の腕の見せ所です。例えば、ロフトを設けて高さをとることで狭さを解消したり、天窓で採光を確保したり、デザイン性の高いプランにするなど、何かしらの付加価値を生み出すように工夫しています」

だからこそ、どの会社に設計・建築を依頼するかが重要になる。

(鈴木さん)「狭小地や変形地の建築は難しいので、各設計士のセンスの差が明確に出ます。施工会社でもそうです。経験が豊富で得意としているかどうかを調べたほうがいいです」

また、建築費をローンで賄う場合、金融機関の審査は広い土地に比べて厳しめになることは覚悟してもらいたいという。

(鈴木さん)「その点では、建築費を抑えられる木造住宅がおすすめです。3階建てまで建てられますから、コストと利回りを考えた場合、賢い選択肢と言えるでしょう」

敷地面積6坪でも建築可能!?狭小地・変形地の有効活用2

【会員限定】この記事の「オーナーズ・スタイル誌」での掲載ページを
PDFでダウンロードできます。

PDFをダウンロード
  • 大規模修繕ナビ|大家さんの賃貸経営を応援するオーナーズ・スタイル・ネット
  • 初心者のための空室対策ノウハウ事典 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営
  • 動画でわかる!賃貸経営 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営