相続から賃貸経営!女性視点にこだわりを

  • 建てる/融資
  • 相続/節税/保険
  • アパート

上質感のある賃貸住宅お父様の資産を引き継ぎ、賃貸住宅経営を行うことになったMさん。パナホーム(現:パナソニック ホームズ)に相談に行き、設計プランを話し合ううちに「近隣でどこよりも高級な賃貸住宅にしたい」「オーナー・入居者・近隣の『三方良し』の事業にしたい」との狙いが定まっていった。資産だけでなくお父様の想いも継承しようとした、Mさんの賃貸住宅経営とは?

大阪府堺市 Mさん 亡き父から社長を継いだMさん(左)とお母様(右)

事業用資産の買い替えで賃貸住宅事業をスタート

昭和40年代から建売住宅の販売やビジネスホテル・スーパーマーケット・高級クラブの経営など、多角化経営をされてきたMさんのお父様。2011年に亡くなり、お父様の会社を継いだのが、娘のMさんだった。

引き継ぎ後、昭和42年から経営してきたスーパーを閉店し、土地を手放すことになった。その頃、ちょうど向かいの土地が売りに出ていて、大手スーパーが2つの土地を一括購入したいとMさんにアプローチしてきたという。

「スーパーがなくなって近隣の方々が困っていらっしゃったこともあり、この機会に売却しようと決めました。ただ、事業用資産は売却後1年以内に別の土地に買い替えないと税金が繰り延べできないと税理士さんに聞いていたので、すぐに買い替え先を検討する必要がありました。ですが、賃貸住宅経営は全くの素人でしたので、途方にくれました」とMさん。

そこで、パナホームを訪ねて事情と予算を伝え、どんな土地に買い替えて賃貸住宅経営を始めるべきかというアドバイスを求めた。

同社担当者と一緒に予算に合う土地を探すこと、約3か月。地下鉄御堂筋線の始発駅「なかもず」駅から徒歩10分、南海電鉄高野線「白鷺」駅から徒歩4分の好立地に、約140坪の土地が見つかった。大阪方面へ通勤するのに利便性がよく、高層マンションが多い一方で、低層の賃貸住宅はやや手薄なエリアだった。3、 4件候補地を見た中で、Mさんが最も気に入り、また一緒に見学したお母様も「ここがいい!」と思えたことが決め手となったという。

事業を継承するだけでなく親から子孫へ心をつなぐ

「父の遺した土地を売り払うだけなら、父の思い出は母と私の心の中にしか残りません。でも、代わりの土地を購入してそこで新たに事業ができたら、おじいちゃんから伝わったものがここにあるよ、と父のことを子どもたちに伝えられると思いました」(Mさん)

土地が決まると、賃貸住宅の設計に取りかかった。パナホームに真っ先に伝えたのは、「周囲の同程度の家賃の物件と比較した時に、よそに勝てる高級な賃貸住宅にしたい」ということ。コンビニでも、少し高くても上等なプレミアム商品が流行り始めた時期だった。他と比べて上質な賃貸住宅を選ぶ入居者は、必ずいるはずだと考えた。

「父の経営理念は、『三方良し』でした。売り手も買い手も世間も、三者がよいと言う商売でなくてはならない。自分の儲けだけに走ってはいけない、と。だから入居者さんにも近隣の方々にも、よい家だと言ってもらえる家にしたかったのです」(Mさん)

もう一つ意識したのは、「女性目線が活かされている」こと。女性入居者にとって魅力的な設計や工夫があれば長期的な入居に繋がり、また昨今、ストーカーなどの事件が増えてきている中、女性にとって安全・安心な住まいにすることは必須だと考えたからだ。

女性視点を活かした賃貸住宅「ラシーネ」で夢を実現

本社が豊中市千里中央にあるパナホームの住宅展示場に行った時、その理想を実現できる手応えを感じた。2012年発売の「ラシーネ」は、住まいやくらしに対する女性独自の視点や感性を形にした賃貸住宅だ。

開発にあたり、社内外スタッフや女性プロデューサー、建築家などで、「ラシーネ研究所」を設立。女性の声に耳を傾け、女性独自の価値観やライフスタイル、ニーズを研究し、入居者が“私らしく”楽しく快適に過ごせるようにと企画・開発されている。

「ここを担当した設計者の方も、女性でした。私は、とにかく素敵でオシャレな内装・設備にしてくださいと依頼しました」(Mさん)

その結果、賃貸住宅ではなかなか設置されていない全自動洗浄機能付き便器「アラウーノ」や、調湿・脱臭機能のある内装材「エコカラット」、雨の日に便利な室内物干しユニット、キッチンや洗面室にたっぷり用意された収納など、室内設備が充実。

外壁には光触媒タイル、オートロックのエントランスホールの壁面には化粧パネルと、高級感とメンテナンスのしやすさを兼ね備えた住宅が完成した。

「日々の使い勝手からお手入れまで、本当によく考えられた設計です。インテリアは基本的には同じスペックですが、間取りや設備などは部屋によって少しずつ違って、どの部屋も凝っています。きめ細やかにデザインしていただき、とても嬉しいです。家賃収入を得ることはオーナーにとって大切ですが、それだけではなく、ここを訪れる度に私まで幸せな気分を味わわせてもらっています」(Mさん)

物件名は、お父様が経営していたクラブから名前をとって「ラシーネ・アンビエンテ」とした。竣工後、入居者もすぐに決まった。

「今は、外まわりの花壇の手入れを一生懸命やっているんですよ」と笑うMさん。お父様から譲り受けた財産が、今も脈々と息づいている。

白を基調にした外観。屋根に18.5kWの太陽光発電を搭載

オープンスタイルのLDK。フラット対面キッチンの奥にはパントリー収納を設置

全自動洗浄便座「アラウーノ」で家事の負担を軽減

ワイドでオシャレな洗面カウンターが女性に人気

光触媒技術の高性能タイル「キラテックEXスクエア」の採用で、美観を長く維持できる

【事例DATA】

■物件名/ラシーネ・アンビエンテ
■所在地/大阪府堺市北区
■築年/2015年3月
■構造・規模/軽量鉄骨造2階建
■敷地面積/432.97㎡
■延床面積/354.71㎡
■戸数・間取り/全6戸・1LDK(約51~55㎡)
■主な設備/太陽光発電、外壁に光触媒タイル、オートロック、カードキーシステム、テレビインターホン、敷地内ゴミ置き場、集合郵便受、駐輪場、大型給湯器、システムキッチン(IH3口)、洗面化粧台、浴室乾燥機、暖房洗浄便座(パナソニック製アラウーノ)、トイレ内洗面、エアコン、室内物干、カウンター付き洗面台、玄関収納、1坪タイプの浴室、壁材の一部にエコカラット(LIXIL)。※設備・仕様は部屋によって異なる
■設計・施工/パナホーム株式会社(現:パナソニック ホームズ)

※この記事内のデータ、数値などに関する情報は2016年4月12日時点のものです。

取材・文/鶴見 佳子

スムスム君

記事をシェアしてみよう!

関連するセミナー・イベント