DIY賃貸!ペット飼育のニーズ!空室対策に有効な情報をお届け【大家さんお役立ちニュースVol.15】

  • 管理/空室対策
  • リフォーム/塗装
  • ペット共生
  • DIY

こんにちは!オーナーズ・スタイル編集部です。
当ニュースでは、大家さんに役立つお役立ち情報や業界トピックスなどを皆さまへお届けいたします。

賃貸住宅の新しいかたちとして注目のDIY賃貸!その法規や実例、書面などが揃ったガイドラインが公開!

建築分野の専門家や不動産関係者などが集まり、組織された一般社団法人「HEAD研究会」。

その不動産マネジメント分野とリノベーション分野で、最新の2019年4月版「賃貸DIYガイドライン」がつくられ、一般公開されています。

このガイドラインには、DIY賃貸において安全を担保する最低限の法規がチェックできるフローチャートのほか賃貸契約でオーナーと管理会社、住み手が共有するべき事例、書面ひな形などがセットされており、これから賃貸DIYを始める人にもイメージできるように考えられています。

「ペットの飼育と支出」アンケート調査結果!猫を飼っている人は賃貸住まいが20%以上

2019年2月、SBIいきいき少額短期保険(株)が、全国の20歳以上の方を対象に「ペットの飼育と支出」に関するアンケート調査を実施。

アンケートでは、犬・猫をそれぞれ飼っている頭数やペットにかけている1か月あたりの支出、ペットの入手先などについて質問・調査しています。

注目したいのが、犬・猫飼育者の居住環境。ペット飼育者は持家一戸建ての方が過半数なのは納得ですが、猫のみの場合は1匹でも2匹以上でも賃貸の方が20%以上。賃貸でも猫は比較的飼いやすいという傾向が現れています。

6割以上が17時以降に部屋探し!入居希望者会員へ「部屋探しに関するアンケート」

2019年5月、賃貸サイト「ウチコミ!」で入居希望者会員に実施したアンケートの結果がまとめられています。

それによると、インターネットで部屋探しをする際の時間帯は

昼(12時~17時) :29.5%
夜(19時~23時) :27.6%
夕方(17時~19時):19.5%
深夜(23時以降) :14.6%
朝(6時~12時) :8.8%

17時以降に部屋探しする人が61.7%と半数を占める結果に。仕事を終えた時間から気になる物件を絞り込んで、お休みの日に不動産会社へ行く方が多いと予想されます。

また、契約の際に特に負担に感じている費用は

礼金 :17.7%
仲介手数料 :15.9%
更新料 :12.2%
敷金 :12.1%
保証料 :9.7%

以下、クリーニング費、鍵交換費用、消毒費と続きます。
アンケートでは、家賃が安ければ住んでもよい物件や隣が民泊だと分かった場合の対処方法、実際の入居期間などについても質問しており、「今後の賃貸募集では、入居者に必要な情報をインターネットでどれだけ提供できるか、初期費用を抑えられるなどのサービスを提供していくことが空室対策の鍵となる」とまとめています。

最新のお役立ち情報はメルマガでもお届け中!

オーナーズ・スタイルでは、本誌でお伝えしきれない情報や、より早くお伝えしたいお役立ち情報、近日開催のセミナー・イベント情報などをメルマガにて配信しています。

メルマガをご希望の方は下記ページよりご登録ください。

スムスム君

記事をシェアしてみよう!