簡単リフォームで実現!木造アパートの効果的な防音対策

  • リフォーム
  • リフォーム・リノベーション
  • 原状回復
  • 修繕・補修

一般的な木造アパートは、遮音性の低さから騒音トラブルを招きやすい。一方で、手軽なリフォームで防音対策の効果を上げることも可能だ。そのポイントは?

入居者の住まいに対する不満で多いのは「騒音」!

入居者へのアンケートで、住んでいる部屋に対する不満のトップは常に「上下階、隣の部屋の生活騒音」だ。マンションよりアパートの比率が高い。

「賃貸だから仕方がない」「共同住宅のマナーの問題」と放っておけばトラブルや退去の引き金になり、入居率の悪化や収入ダウンに直結しかねない。

長期安定経営には快適な住環境の提供が不可欠。生活騒音は建物に基因する面も大きいと自覚し、早急に取り組むべきではないか。

マンションより木造アパートの遮音性が低い理由

なぜ木造アパートは騒音の不満が多いのだろうか。それは構造的な要因が大きい。まず音の種類と遮音性能について知っておきたい。

住宅の生活騒音には、大きく2つの種類がある。話し声やテレビなどの隣室の音源が空気で伝わり壁を通り抜けて聞こえる「空気伝播音」と、上階の足音や落下音のように直に床が振動して下階に響く「床衝撃音(固体伝播音)」だ。

空気伝播音の遮音性能は、壁の透過損失を示す「D値」で表し、数字が大きいほど性能が高い。隣戸との戸境壁(界壁)については、マンションが「D45-50」程度なのに対して、一般的な木造アパートは「D30以下」(壁内が空洞の場合は「 D20-25」程度 )。「共同住宅としては、D40程度の性能は欲しい」と専門家は指摘する。

床衝撃音は、下の階の音圧レベルを示す「L値」で表し、数字が小さいほど性能が高い。マンションは「L40−50」、一般的な木造アパートは「L70−75」。これまた後者が低く、「L60」 程度まで高めたいところだ。

こうした生活騒音への防音対策の基本は、音源の特性を踏まえて「吸音」「遮音」「制振」を適切に組み合わせることだという。
建物の構造や内装材の仕様によって、どの周波数の音がどう伝わるかが違い、同じ防音材を使っても効果に差が出てしまいます。それぞれの特性と相性を知った上で、もっとも効果的な防音材を選び、正しく施工することが重要です。

防音対策の考え方

① 遮音

音の侵入や漏出を防ぐこと。質量が大きくて厚い素材ほど遮音性能が高い

② 吸音

音を反射させずに吸収することで、通過する音を減らす。多孔質の素材が向く

③ 制震

固いモノを伝っていく音を抑えること。クッション材などで音の伝道を遮断

手軽なリフォームでも木造の防音対策は可能

本格的な防音対策をするには、壁の石膏ボードを剥がすなど大掛かりな工事となりコストもかかる。賃貸経営としての費用対効果を考え、今回は、原状回復に併せたリフォームで行える対策について解説しよう。対策可能な代表的部位は、壁と床だ。

木造アパートの戸境壁は、比較的軽微な工事で防音効果を高められる。日曜大工の心得があるオーナーならDIYでも対応可能だ。一般にローコストな対策として 単価の低い石膏ボードを二重張りするケースがよくある。

しかし、石膏ボード自体は高音と低音に弱点があり、2枚重ねてもその弱 点は解消できません。むしろ、遮音制振ゴムのような違う材料を合わせたほうが、その弱点を補いあって効果が出るでしょう。(下記グラフ参照)

2枚の石膏ボードの間に遮音制振ゴムを挟むと、遮音性能が10dB(デシベル)ほど向上する。わずか10dBでも、人間の耳には 音が半減したように聞こえるので、実施する価値は十分あります。

床については、音の種類によっては対策に限界がある。子供が飛び跳ねる「ドスン」「ガタン」のような鈍く重い音は、建物の構造自体を変えないと防音効果が出ない。

一方、スプーンや玩具が落ちる「コン」「カン」のような高く軽い音は、床仕上げのリフォームで改善できる。例えば、既存フローリングの上に吸音材と遮音材を組み合わせ、新規のクッションフロ ア(CF)を敷けば、15mm厚程度で対策が可能だ(下図参照)

上下階で効果を出すには、天井工事は費用がかさむため、上階床の対策を優先するのが賢明です。窓の外部騒音対策は、防音サッシは高価なので、内窓を付けて二重サッシにするほうが費用対効果が高い。

施工方法を間違えると防音効果は半減 実績豊富な会社に相談

防音対策する際に注意したいのは施工方法だ。よくある失敗は、いくら性能の高い防音材を使っても、材のつなぎ目に隙間があると防音効果が発揮されないこと。

周波数の波長ピッチが短い高音は、1mm足らずの小さな隙間でも簡単に抜けて遮音欠損が出てしまいます。コーキング材で充填しても、遮音性の面では弱い。隙間なくピタリと付けるか、一部を重ねテーピングすることが大切です。

そういう意味では、防音工事の施工実績が豊富で、かつ効果の検証をきちんとしてくれる会社に依頼することが重要だ。

全住戸を対策するとなると費用負担が重く感じる方もいるだろう。まずはクレームが出た部屋から対処し効果を見ましょう。1住戸ずつ飛ばして施工すれば、少ない費用で効果が出せます。

防音対策は奥の深い世界だ。間取り変更をして、戸境壁に収納を挟んで音源を遠ざけるなど、多様なアプローチができる。その一方で、音の感じ方は十人十色。人によって気になる周波数も違うだけに、誰にでも効く「完全防音」はあり得ない。入居者のマナー向上、管理会社との連携も大切だ。さまざまな角度から総合的に検討する必要があるだろう。

防音材の例

遮音ゴム(軟らかいのがポイント)

アスファルトマット(重く制振性も)

フェルト材(ボード状の緩衝材)

ポリエステル材(多孔質の吸音材)

※この記事は木造在来工法に対応する防音対策で、ツーバイフォーなどの木造枠組壁工法では異なる対策が必要です。

※この記事内のデータ、数値などに関しては2017年9月5日時点の情報です。

 

取材・文/木村元紀 イラスト/アサミナオ 監修/防音職人(東京)現場の体験を反映させ、生きた防音設計・対策をモットーに取り組む職人集団

【会員限定】この記事の「オーナーズ・スタイル誌」での掲載ページを
PDFでダウンロードできます。

PDFをダウンロード

その他のカテゴリーを探す

初心者のための
空室対策ノウハウ事典

空室対策には、「物件力アップ」、「販促力アップ」、「顧客満足度アップ」の3本柱が必要です。それぞれについて、不動産オーナー初心者の方にもわかりやすくノウハウをまとめています。

ノウハウ事典トップへ

動画でわかる!賃貸経営

オーナーズ・スタイル主催セミナーやカンタンDIY講座、物件見学会レポート、など、記事では紹介しきれないノウハウや話題のテーマを動画でお届けまします。

動画一覧を見る