企業レポート
[提供:ユニヴァクレスト]

調査は無料!ユニヴァクレストが火災保険の支給額に合わせた「負担ゼロ」の修繕を提供

リフォーム/塗装
相続/節税/保険
公開日:2021年3月4日
更新日:2021年3月30日
調査は無料!ユニヴァクレストが火災保険の支給額に合わせた「負担ゼロ」の修繕を提供1

横浜市を拠点に、住宅点検、大規模修繕工事、リフォーム、リノベーションなど、総合リフォーム事業を展開する(株)ユニヴァクレストが提供する住まいの無料建物診断「建物Dr.(ドクター)」。所有物件の調査を無料で行い、自然災害での被害が確認されれば、火災保険で支給された保険金を使って実質負担0円で修繕工事を行ってくれるオーナーには嬉しいサービスです。

オーナーズ・スタイルネットでは気軽に気になる企業の資料を取り寄せることができます

この記事を読んで興味があれば、ページ内にある【資料を請求する】、または【この企業・専門家に問い合わせる】をクリックして資料を取り寄せてみてください。

今回お話しを伺った方
調査は無料!ユニヴァクレストが火災保険の支給額に合わせた「負担ゼロ」の修繕を提供2

(株)ユニヴァクレスト 第一推進部主任 与呉 汐里さん

「人間ドッグのような感覚で、建物診断を受けていただき、建物がどんな状態かを把握していただくのに最適なサービスです。お気軽にお問い合わせください」

火災保険を使って修繕費用負担の悩みを解決

2015年に創業し、横浜市を拠点に、住宅点検、大規模修繕工事、リフォーム、リノベーションなど、総合リフォーム事業を展開する(株)ユニヴァクレスト。同社が提供するのが住まいの無料建物診断「建物Dr.(ドクター)」です。

これはオーナーが所有する建物の調査を行い、自然災害での被害が確認されれば火災保険で支給された保険金を使って実質負担0円で修繕工事を行うサービス。これまでの調査件数は1万件以上で、月間100件~150件を調査。台風月には200件を超えています。

被害に心当たりがあれば相談を!火災保険で実質0円の住宅修繕

調査は無料!ユニヴァクレストが火災保険の支給額に合わせた「負担ゼロ」の修繕を提供2

火災保険の多くは火事になったときだけでなく、自然災害が原因の屋根、付帯部の破損・被害が確認できれば火災保険の支給を受けることができます。何度使っても保険料は上がりません。

創業以来実績を重ね、保険会社などとの厚い信頼関係を構築

このサービスを始めた経緯について、同社代表取締役の西村勝彦さんは、
「宮城県の気仙沼から独立を目指して上京し、フリーペーパーで見つけた不動産管理会社の面接を受け、7年間勤務しました。原状回復のリフォームに携わるなかで、火災保険を使って修繕ができることを知り、実行。

無駄なお金をかけることなく修繕の悩みを解消できるといってオーナー様にとても喜んでいただけました。この経験が現在のサービスを作る原点になっています」と語ってくれました。

創業前からのサービス提供を合わせるとキャリアは10年近く。オーナーを紹介してくれる不動産会社、申請先の保険会社との信頼関係も厚く、豊富な経験と実績は大きな強みです。さらにリフォーム会社としての力を高めることにも注力しています。

「リフォーム会社として建築業許可の認可申請を行い、施工品質を上げるため工事の内製化にも力を入れています。お客様の大切な建物の工事を行うのですから、できる限りの体制を整えています」(西村さん)

自社職人による高品質なリフォーム実績も豊富

アパート・マンションの定期的な点検からメンテナンスまで、よりリーズナブルで安心できる高品質なサービスを提供。入退去時のクロス・床張替え、窓・建具の交換、水廻り設備の交換・改修工事なども数多く行っています。

・外壁

調査は無料!ユニヴァクレストが火災保険の支給額に合わせた「負担ゼロ」の修繕を提供2

・内装リフォーム

調査は無料!ユニヴァクレストが火災保険の支給額に合わせた「負担ゼロ」の修繕を提供2

・設備・水まわり

調査は無料!ユニヴァクレストが火災保険の支給額に合わせた「負担ゼロ」の修繕を提供2

安心・安全に「保険を使った修繕」を可能にする「建物Dr.」

住まいのメンテナンスの必要性をチェックでき、その調査報告書を無料でもらえる、個人では面倒とされる保険申請のフルサポートを受けられる、実費負担が0円で住宅修繕ができるなど、多彩なメリットをもつ「建物Dr.」の住宅診断。「保険を使った修繕」を安心・安全に行えるのも特長です。

住まいの無料建物診断「建物Dr.」で住宅診断を行うメリット

  1. ①住まいの状態が分かる
  2. ② 面倒な保険申請をフルサポート
  3. ③ 申請額が減額されても、支給額に合わせて工事内容を組み直してくれる
  4. ④ 調査報告書が無料でもらえる
  5. ⑤ 今後の災害に備えられる
  6. ⑥ 保険適用内で工事ができるので実質負担は0円!

適正な申請・工事で厚い信頼。将来も安心して利用可能に

「弊社では1件1件調査をし、壊れている部分だけを対象とし、法律を遵守して申請をしています。申請額と支給額で大きな差が出ないことも弊社の特長。もし鑑定で減額されたときには、認められた金額にあわせて工事を組み直すことも、手間を惜しまず行います。

同様のサービスを取り扱う企業が近年増えてきましたが、多少割高になっても、当社は適正範囲で行っているので安心・安全です。不備があった場合は次の修繕が必要になったときに保険が使えないというケースもあります。

そういうことがないように、適正な申請・工事をして、その後もこの権利を使っていただける環境を作っていきます」と第一推進部主任・与呉さんは語ります。

「将来、雨漏りに直結するような被害が見つかることも少なくありません。被害がなければ安心材料になります。もちろん全て無料です」(与呉さん)。

まずは人間ドッグの感覚で定期的に建物の調査・診断を行うのがおすすめ。建物の状態を知るために気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

保険適用工事までの流れ

  • STEP1

    依頼

    診断日を調整

  • STEP2

    無料の現地調査・診断を実施

    主に屋根や壁を無料診断
    ※自然災害被害が確認されなければここで終了

  • STEP3

    申し込み

    申し込み書に必要事項を記入

  • STEP4

    保険申請用書類の作成

    日本住宅保全協会が保険申請に必要な書類を作成

  • STEP5

    保険会社へ連絡

    保険申請を行いたい旨をオーナーから保険会社に連絡

  • STEP6

    保険会社による審査・査定

    場合により現地鑑定を実施

  • STEP7

    保険会社より災害保険金の振込

    オーナーの口座に災害保険金を支払い

  • STEP8

    保険適用工事の契約・実施

    オーナーと加盟店間で工事内容の打ち合わせ

  • STEP9

    完了報告書の提出

    工事完了後に加盟店より報告書を提出

※この記事内のデータ、数値などに関しては2021年2月16日時点の情報です。取材・文/神戸 久美子 人物撮影/青木 茂也

さらに詳しくユニヴァクレストの「建物Dr.」について知るなら

ユニヴァクレストが提供する「建物Dr.」について、さらに詳しく知るためには資料請求がおすすめ。【この企業・専門家に問い合わせる】ボタンをクリックするか、下記の【資料請求をする】をクリックすると簡単に資料請求ができます。

もらえる資料はこちら

「建物Dr.」の詳しいサービス内容について紹介している資料をお送りします。

調査は無料!ユニヴァクレストが火災保険の支給額に合わせた「負担ゼロ」の修繕を提供2

この記事をシェアする


関連する企業レポート

関連するセミナー・イベント

関連する記事