賃貸オーナーが実際に行っている空室対策とは?

世の賃貸オーナーたちは、どのような空室対策を行っているのでしょうか? 賃貸住宅オーナー向け情報誌 『オーナーズ・スタイル』(首都圏版)に寄せられた、「客付力を上げる」「環境・設備を整える」「不満の芽を摘み取る」の3つのテーマのクチコミを紹介します。

クチコミで紹介! 物件の魅力&PR力をアップさせる方法

客付力を上げる

  • 近所の不動産会社に依頼して入居を待つこと5年。インターネット掲載に熱心な会社に変えたらすぐに入居希望者が現れ、現在6棟満室。(神奈川県 Hさん)
  • 例えバス・トイレが一緒でも「その代わりに部屋が広く使える」など、マイナス面をプラスに変えるアピールを不動産屋さんにお願いする。(東京都 Iさん)
  • 物件撮影時は太陽光の入り方に注意する。画像データは不動産屋さんに提供。(埼玉県  Hさん)
  • 物件写真は新緑の季節、晴天の日に撮影した。(東京都 Hさん)
  • インターネット動画サイト「YouTube」に、物件紹介の映像を投稿・公開しました。(東京都 Iさん)
  • 内覧時は不動産屋さんとともに立ち合い、アピールポイントを大家自ら説明します。(東京都 Nさん)
  • 近隣の仲介業者へマイソクと手土産持参で営業。(千葉県 Iさん)
  • 物件の魅力を伝える資料を作成し、内覧者が持ち帰れるように室内に備え付ける。(東京都 Yさん)
  • 建物の耐震性・工法を明示し、安全をアピールしました。(千葉県 Tさん)
  • 管理会社と提携し、家具付き賃貸プランを提供しています。(東京都 Aさん)

環境・設備を整える

  • LEDの最新型シーリングライトをつけるとなぜかすぐ決まる。薄型は部屋が広く感じ、心休まる明かり。(東京都 Sさん)
  • 居住空間の確保を優先し収納が少なかったので、イケアで収納家具を買い取り付けた。思ったより見た目も良く現代風になり、入居者が決まった。(東京都 Sさん)
  • 黄砂、煙霧、PM2.5などを考え、数年前より退去発生ごとに順次室内物干しを設置。募集時の売りにしている。(埼玉県 Hさん)
  • 17 坪の1軒家を1、2階に分けて賃貸に。1階を約200万円かけて水まわりを新しくし、部屋もフローリングに。全て白にしたところ、中年の男性が部屋の明るさを気に入り入居した。(東京都 Kさん)
  • 自分が住みたい部屋にリフォーム。棚をつけたり、キッチンの水栓を混合シングルレバーに替えたり。先日空いた部屋はアクセントクロスに落ち着いた赤、トイレはコンクリ打放し風クロスにしたらすぐに入居が決まった。(東京都 Aさん)
  • 退去後のリフォーム工事をすぐ行う。時期を逃すとその後空室が埋まらないので。(東京都  Tさん)
  • 築13 年2カ月。外壁を塗装したら、女性入居者が続いて決まった。明るくリフレッシュされた効果だと思う。(千葉県 Tさん)

不満の芽を摘み取る

  • 更新時、 10年以上一度も故障していないエアコンを新品に交換した。電気代が大幅に減少したと入居者に喜ばれた。(東京都 Kさん)
  • アパート前が消防署。夜間のサイレン音について深夜時間帯の配慮を依頼。入居者から苦情が来る前に対応できた。(東京都 Tさん)
  • 共用部を毎日掃除しています。入居者に「いつもきれいにしてくれてありがとう」と挨拶されました。そのせいか更新割合が高いです。(東京都 Kさん)