「空室対策」とは何か? なぜ今オーナーに必要?

賃貸住宅は「建てれば終わり」という時代はとうの昔に過ぎ、借り手市場の今、全てのオーナーにとって空室対策は必須になっています。空室対策が必要になったそもそもの原因とは何なのでしょうか? そして、空室対策にはどんな方法があるのでしょうか?

借り手市場の今、ソフト・ハード両面からの空室対策が必須

戦後からこれまで、日本の不動産業界は需要増加を前提とした市場構造が続いていました。人口が増加する一方だった高度成長期は、供給より需要の方が多く、賃貸住宅は建てれば建てるだけ人が入りました。

しかし、近年は少子高齢化が進み、 全国的に住宅ストックが過剰になった影響で、賃貸住宅の空室率が上昇しています。従来通りに退去後の原状回復リフォームを行っても、新しい借り手が現れないのです。築年数が古い物件や、立地が悪い物件だけではなく、比較的立地の良いアパートやマンションにもこのような現象が起こっています。

賃貸住宅も、ハードや立地が良いだけでは選ばれない時代になりつつあるのです。将来にわたって賃貸市場で生き残っていくためには、時代のニーズに合った、ソフト・ハード両面からの新たな「空室対策」が必要となっています。

空室対策とは、「賃貸住宅に空室を作らないために、賃貸オーナーが行うあらゆる対策」のことです。具体的には、「退去があった部屋になるべく早く次の入居者を決めるための対 策」や、「入居者になるべく長く入居してもらうための退去防止の対策」のことを指します。

空室期間が長引いて家賃が入らなくなれば、オーナーには大きな打撃となります。いかに満室を実現し、それを維持していくかが賃貸経営の最大のポイントです。昔は原状回復工事はするが、あとは何もしないというオーナーも多くいましたが、借り手市場の今、それでは賃貸経営は立ち行かなくなっています。

また、空室対策は、対入居者用、対仲介会社・管理会社用など様々な方法があるので、自身の物件に合った方法を慎重に検討し、実施することが大切です。

戦後からこれまで、日本の不動産業界は需要増加を前提とした市場構造が続いていました。人口が増加する一方だった高度成長期は、供給より需要の方が多く、賃貸住宅は建てれば建てるだけ人が入りました。

しかし、近年は少子高齢化が進み、 全国的に住宅ストックが過剰になった影響で、賃貸住宅の空室率が上昇しています。従来通りに退去後の原状回復リフォームを行っても、新しい借り手が現れないのです。築年数が古い物件や、立地が悪い物件だけではなく、比較的立地の良いアパートやマンションにもこのような現象が起こっています。

賃貸住宅も、ハードや立地が良いだけでは選ばれない時代になりつつあるのです。将来にわたって賃貸市場で生き残っていくためには、時代のニーズに合った、ソフト・ハード両面からの新たな「空室対策」が必要となっています。

空室対策とは、「賃貸住宅に空室を作らないために、賃貸オーナーが行うあらゆる対策」のことです。具体的には、「退去があった部屋になるべく早く次の入居者を決めるための対 策」や、「入居者になるべく長く入居してもらうための退去防止の対策」のことを指します。

空室期間が長引いて家賃が入らなくなれば、オーナーには大きな打撃となります。いかに満室を実現し、それを維持していくかが賃貸経営の最大のポイントです。昔は原状回復工事はするが、あとは何もしないというオーナーも多くいましたが、借り手市場の今、それでは賃貸経営は立ち行かなくなっています。

また、空室対策は、対入居者用、対仲介会社・管理会社用など様々な方法があるので、自身の物件に合った方法を慎重に検討し、実施することが大切です。

よく読まれているノウハウランキング