インターネットでの入居者募集のポイントと注意点

物件情報は基本的にインターネットで探すものになった今、ネットでの入居者募集ノウハウを知らなくては、空室を埋めることはできません。大手不動産ポータルサイトに物件を掲載するのは当然として、掲載する際にどのような点に注意すればいいのでしょう。

物件を魅力的に見せるため、プロに撮影をお願いする手も

入居希望者の大多数が、インターネットに掲載された写真を見て、物件を絞り込みます。

まずは、写真の種類と数が豊富であることが何よりも重要です。

管理会社の中には各物件を360度パノラマで撮影し、自社サイトに掲載しているところもあります。不動産ポータルサイトには、掲載可能枚数の上限まで、物件の様々な箇所の写真を掲載しましょう。

入居者が見たい写真は、キッチン・バス・トイレなどの水まわり、建物の外観、リビング、収納などです。リフォームした箇所があれば、言葉だけでなく、写真も一緒に掲載します。

最近は、物件写真の撮影を不動産会社任せにせず、オーナー自身が行うことも増えています。物件の撮影をテーマにしたオーナー向けセミナーもよく開催されているので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

また、自身で撮影するオーナーが増える一方、近年はプロカメラマンへの撮影依頼も、ネットのおかげで格段に行いやすくなっています。

多くのカメラマンが自分のウェブサイトで仕事を募っているので、探して連絡を取りましょう。物件を新築した時やリノベーショ ンした時などに、各所をまとめて撮影してもらうのがおすすめです。

物件をアピールするために、自作のホームページを開設して写真を掲載するオーナーもいます。

不動産ポータルサイトでは情報量が少ないと思うなら、今は低コストでホームページが開設できるようになっているので、挑戦してみてもいいでしょう。

よく読まれているノウハウランキング