ローディング

空室が続くのは「NG風水」のせいかも…運気ダウンをインテリアで改善!~居室編~

  • 法律
  • 占い
空室が続くのは「NG風水」のせいかも…運気ダウンをインテリアで改善!~居室編~1

「長期間空室だったお部屋についに内見が!」はりきって万全の準備をしても、なかなか入居が決まらない…。そんな大家さん必見!入居者が次々に逃げていってしまう「NG風水」を改善させる方法を、英国式風水コンサルタントの工藤沙美先生にお伺いしました。

空室が続くのは「NG風水」のせいかも…運気ダウンをインテリアで改善!~居室編~2 工藤 沙美先生

風水コンサルタント 工藤 沙美(くどう さみ)氏

日本生活空間研究会主宰/英国公認インテリアデザイナー/宅地建物取引士/ロンドン大学心理学部卒

中国の風水師直伝の「中国正統派風水」と英国インテリアデザイナーの資格を活かした、ハイセンスでモダンな風水が幅広い層から支持を受けている。著書、出版物多数。掲載誌、テレビ出演も多数。


お部屋の運気ダウンをインテリアで改善!「風水」でセンスと入居率をアップ

「なぜか空室が続く部屋がある」「特定の部屋だけ退去率が高い」そんなお悩みを抱えた大家さんは少なくありません。いくらリフォームを重ねても、家賃を下げても改善されず「もう、これ以上なにをしたらいいか分からない!」なんて思っていませんか?

もしかしたら、それは「風水」が関係しているかもしれません!

日本では「西に黄色」「家は南向き」など、偏った風水の認識が広まっていますが、本来は「足りないものを補う」「多すぎるものは和らげる」のが基本的な考え方です。陰陽のバランスをとり、良い「気」を循環させること、それは一般的に「気持ちいい」「快適」と感じる状態を作りだすものなのです。

今回は、内見の際のNGポイントやお部屋の魅力を上げる風水アイテムについてご紹介します。

リフォーム前の内見はNG!内見者の想像力に頼るのはキケン

空室が続くのは「NG風水」のせいかも…運気ダウンをインテリアで改善!~居室編~2

編集部:内見について、オーナーさんが心がけた方がいいことってありますか?

工藤先生:これから入居者を決めたいオーナーさんに気をつけてほしいポイントは、内見に来た方に「陰」のイメージを持たせないようにすることです。例えば、リフォーム中は「早く内見させてほしい」と言われても、施工が終わってから見せることが大事です。リフォーム前の室内を見てもらっても、入居者はそこからどのくらい部屋がキレイになるのか想像ができないからです。

編集部:確かに、物件を比較する立場からすると、すでにキレイに仕上がっているところに行きたいと思ってしまいますよね。

工藤先生:特に、日本では自分で部屋をメンテナンスするという文化がないので、リフォーム後のお部屋を想像しづらいんです。探している方は一つの物件にこだわる必要もないので、よりキレイな物件に目移りしてしまいますよね。

カーテンだけで印象が変わる? いやな景色は内見前に一手間を

空室が続くのは「NG風水」のせいかも…運気ダウンをインテリアで改善!~居室編~2

工藤先生:内見するお部屋によっては、窓の向こうに看板や気になる建築物がある場合がありますよね。それらも「殺気」や「邪気」を発するものですから、対処が必要です。

編集部:いやな気配を感じる眺望があると、無意識のうちに、お部屋に対する印象も悪くなってしまいそうですね。

工藤先生:窓の外に気になるものがある場合は、レースのカーテンをつけておくといいです。もちろん、内見の際には窓の外も見せますが、「レースのカーテンをつけておけば、そんなに気にならないな」と体験してもらうことができます。

編集部:気になるところを放っておかずに対処する、というのが大事なんですね。

工藤先生:はい。気になるところをそのままにして、「こうすればいいよ」と口頭でアドバイスしても、入居者はなかなか想像することができません。なので、内見前に対処しておいた方がいいですね。また、お墓や病院が見えるマンションは、陰の気が入りやすくなってしまいます。風水的にもよくないし、気になる方は多いですね。

編集部:お墓があるというだけで、避けてしまうこともありますよね。

工藤先生:窓からお墓が見える場合には、明るい色のアイテムを置いておくと陰の気が入りづらくなります。赤色の入ったカーテンや小物、お花なんかを飾っておくといいですね。

編集部:お墓のことが気になっていたとしても、明るいものがあれば印象が変わりますよね。

工藤先生:逆に、高速道路や幹線道路などはにぎやかな陽の存在です。そういうものが周囲にある場合は、窓辺に水色やグレー、ベージュなどの落ち着いた色のアイテムを置くといいです。

編集部:窓の外に陰の気を持つものがあれば、明るいアイテムを、逆に陽の気を持つものがあれば落ち着いたアイテムを置いて、バランスをとることが重要なんですね。

気になるニオイは、運気ダウンに!アロマの香りで入居者の心を掴もう

空室が続くのは「NG風水」のせいかも…運気ダウンをインテリアで改善!~居室編~2

編集部:他に、陰の気を持つものってありますか?

工藤先生:湿気や嫌なニオイは陰の気を呼ぶものです。常識的なことですが、内見に行ってカビ臭いところがあったり、気になるニオイが一つでもあると良くないですね。

編集部:いくら「水を流せば、ニオイはなくなりますよ」と言われても、入居を決めかねてしまいますよね。

工藤先生:たとえば、排水溝の掃除は定期的にやらなければならないのですが、それを知らずに、ずっとやっていない場合もあるので注意が必要です。

編集部:定期的な掃除を心がけないといけないですね。

工藤先生:逆に、いい香りは陽です。いい運気を呼び込みます。玄関にアロマを置いたりするのはおすすめです。

編集部:それは、良い印象につながりますね。

工藤先生:玄関に生花を飾る場合もありますが、枯れた花は陰になってしまいます。手入れが行き届かず枯らしてしまうのであれば、造花を置く方がいいと思います。

編集部:張り切って生花を飾っても、放っておいたらダメなんですね。

工藤先生:そうです。水は金運を呼び込むと言われていますが、花瓶の水が濁ってしまうのも良くないので、細かいメンテナンスできない場合は造花の方がいいでしょう。ちなみに、エントランスに造花を飾っているマンションもありますが、季節に合わせて花を変えて飾ると、その季節の「気」を呼ぶことになり、住民の運気を上げてくれることになりますから、さらに良いです。

お部屋のコーディネートが鍵!アクセントクロスで心地よい空間を演出

空室が続くのは「NG風水」のせいかも…運気ダウンをインテリアで改善!~居室編~2

工藤先生:1Kやワンルームのお部屋のコーディネートに関して言えば、壁の一部をソフトな色の壁紙に変えて、アクセントを入れるのはおすすめです。

編集部:最近、アクセントクロスを取り入れる方は多いですよね。どの位置の壁紙を変えるのがいいのでしょうか?

工藤先生:ほとんどの壁は家具で隠れてしまうので、ベッドを置く予定の場所をアクセントクロスに変えるといいと思います。入り口から見て、一番奥にベッドがあるのが最適なので、その部分ですね。

編集部:奥の壁がアクセントクロスだと、入口から目に入りやすくていいですね。おすすめの壁紙の色はありますか?

工藤先生:寝室の日差しの入り具合を考えて、壁紙の色を考えるといいと思います。よく日が当たるお部屋であれば、爽やかな色がいいし、他の建物の影になっているようなお部屋であれば、明るい色がいいです。

編集部:光とのバランスを考えるんですね。

工藤先生:それが陰と陽のバランスをとるということになります。

お部屋のNGポイントは、逆にチャンス?ライトでおしゃれに運気アップ!

空室が続くのは「NG風水」のせいかも…運気ダウンをインテリアで改善!~居室編~2

工藤先生:お部屋の中に梁があったり、天井が低くなっているところがあると、その部分の気が淀みがちになってしまいます。そういう場所には、照明を置くといいです。気が淀むところに光をあてることで、気を流すことができます。

編集部:ライトがあることで、センスも感じられる部屋になりますね。

工藤先生:上向きになっているライトなどがいいですね。間接照明になって、そこがおしゃれなポイントになります。

編集部:お部屋のNGポイントを逆手にとって、おしゃれにもできるんですね。お話を聞いていると、風水って、一概に「これをやれば良い」ということではないんですね。

工藤先生:そうです。お部屋に合わせてNGポイントの対処は異なります。悪い風水のところを対処しないと、運気が上がりづらくなります。なので、まずは悪いところを対処して、それからラッキーアイテムを置くというのがいいと思います。

編集部:オーナーさんに言えることは、少しでも気になるところは放っておかずに対処するということですね。そうすることで、ネガティブな要素があってもお部屋の印象を変えることができるし、悪い風水を逆手にとって、おしゃれなポイントに変えることもできるんですね。ぜひ参考にしたいと思います。本日はありがとうございました。

工藤 沙美先生のホームページはこちら!

風水を活かしたセンスのあるインテリアで運気を上げて入居率をアップ!

お部屋のNGポイントに手を加えることで、内見時の印象をガラッと変えることができるんですね。
・お部屋の内外の状況を細かくチェック
・気になるところは、一手間を加える
・陰と陽のバランスを考えながらインテリアを決める
このポイントを忘れずに、入居者の心をグッと掴むインテリアを目指していきましょう。