企業レポート
[提供:絆]

地震などの災害時に備えて非常用発電機はしっかり定期点検を|絆

住宅設備
相続/節税/保険
  • 税理士
公開日:2019年4月15日
更新日:2020年12月25日
地震などの災害時に備えて非常用発電機はしっかり定期点検を|絆1

万一の停電時、稼動してもらわなくてはいけないのが「非常用発電機」。だからこそ、年に1度の定期点検・負荷試験は、しっかり確実に実施したい。

オーナーズ・スタイルネットでは気軽に気になる企業の資料を取り寄せることができます

この記事を読んで興味があれば、ページ内にある【資料を請求する】、または【この企業・専門家に問い合わせる】をクリックして資料を取り寄せてみてください。

災害時の非常用発電機の整備不良が課題に…丁寧な非常用機器の点検実施を

(株) 絆は非常用発電機の定期点検・負荷試験を行う企業だ。地震や台風など、大きな災害が頻発している昨今、非常用発電機のチェックは急務。停電時に非常用発電機が正常に稼動しないと、水道やエレベーター、スプリンクラーなど、まさに最低限のライフラインが機能しなくなるからだ。

実際、東日本大震災では約30%もの非常用発電機が整備不良などで稼動せず、その維持管理の徹底が大きな課題としてクローズアップされた。しかし、法令で定められた年1回の定期点検を怠っている管理会社・オーナーが少なくないのが現状。点検実施は義務であり、建物名の公表など罰則もあることを知らない人もまだ多い。

同社では、単に非常用発電機が起動するかどうかを確認するのではなく、フル稼働させてしっかりと100%の負荷をかける負荷試験を実施。いざという時に十分な性能を発揮できるかをチェックしている。また、非常用発電機に多く用いられているディーゼルエンジンは、低い負荷では不完全燃焼でカーボンが発生し、かえって緊急時に稼動しないというトラブルも。その点、十分な負荷をかける試験ではカーボンが除去できるので、設備自体の長寿命化を図ることもできる。また、同社では新電力の代理店業務、節電システム・ブレーカーの取り扱いも開始。今後の展開が楽しみだ。非常用発電機を設置しているが、検査・試験は管理会社に任せきり…というオーナーは、ぜひお気軽にご相談を。

地震などの災害時に備えて非常用発電機はしっかり定期点検を|絆2

※この記事内のデータ、数値などに関しては2091年1月11日時点の情報です。

取材・文/村田 優子 人物撮影/水野 浩志

さらに詳しく絆のサービスについて知るなら

絆のサービスについて、さらに詳しく知るためには資料請求がおすすめ。【この企業・専門家に問い合わせる】ボタンをクリックするか、下記の【資料請求をする】をクリックすると簡単に資料請求ができます。

絆のことがよくわかる会社概要、非常用発電機のメンテナンスのことがよくわかる資料をお送りします。

地震などの災害時に備えて非常用発電機はしっかり定期点検を|絆2

この記事をシェアする


関連する企業レポート

関連するセミナー・イベント

関連する記事