金融庁発表「投資用不動産向け融資に関するアンケート調査結果」で消極的姿勢が増加傾向【大家さんお役立ちニュースVol.13】

  • 建てる/融資
  • アパートローン

こんにちは!オーナーズ・スタイル編集部です。
当ニュースでは、大家さんに役立つお役立ち情報や業界トピックスなどを皆さまへお届けいたします。

投資用不動産への融資「消極的」姿勢が増加傾向!金融庁が銀行、信金、信用組合にアンケート調査

投資用不動産向け融資についての調査結果を発表しました。これは、金融庁が2018年10・11月に、121の銀行と261の信用金庫、148の信用組合にアンケート調査を行ったものです。

投資用不動産向け融資の規模の推移(銀行)については、1棟建て(土地・建物)では17年3月期をピークに減少。融資態度についても、銀行および信金・信組のいずれも「消極的」の割合が増加しています。

2018年の敷金の全国平均は0.77カ月分。礼金、更新料は地域差も。

東急住宅リース(株)とダイヤモンドメディア(株)が協同で、全国の賃貸マンションの一時金について調査しています。

それによると、2018年の敷金の全国平均は0.77カ月分で敷金0物件を除く敷金の平均は1.44カ月。敷金0の物件の割合は46.6%となりました。

礼金については全国平均が0.74カ月、更新料は0.34カ月。ですが、広島から近畿圏は礼金が0.8カ月以上と高い反面、更新料については京都以外の近畿圏が0.1カ月未満。逆に、60%以上の物件が更新料設定のある首都圏では更新料0.5カ月以上と地域差も大きいようです。

最新のお役立ち情報はメルマガでもお届け中!

オーナーズ・スタイルでは、本誌でお伝えしきれない情報や、より早くお伝えしたいお役立ち情報、近日開催のセミナー・イベント情報などをメルマガにて配信しています。

メルマガをご希望の方は下記ページよりご登録ください。

スムスム君

記事をシェアしてみよう!