高齢者や単身世帯の孤独死が心配。対応策は?【大家さんのお悩みQ&A】

大家さんのお悩みにオーナーズ・スタイル編集部がお応えするQ&Aシリーズ。今回は、高齢者・単身世帯の孤独死についてです。単身世帯全体当てはまるリスクである孤独死。事前にできる対応策や、孤独死が起きた場合の対応策をご紹介します。

Q、知り合いのオーナーから、まだ若い方が孤独死となった事例を聞きました。孤独死は高齢者に多いイメージだったので驚きました。孤独死というリスクには、どのような対応策があるのでしょうか?

A、事前に孤独死を防ぐ取り組みもあれば、孤独死が起きた後に様々な補償がされる保険などもあります。増加傾向にある高齢者や単身世帯を安心して受け入れるために、万全の準備を整えておきましょう。

孤独死というと、どうしても高齢者に多いというイメージがありますね。しかし、実際には、20代~50代の働き盛りの世代が、孤独死者全体の4割を占めています。高齢者に限らず、単身世帯が入居している物件のオーナーは、他人事ではないというわけですね。

これからの時代は高齢者や単身世帯がどんどん増えていきます。高齢者や働き盛りの単身世帯の孤独死には、どのように対応すればいいのでしょうか?

一つは、孤独死を事前に防ぐための取り組みです。例えば、単身高齢入居者には、見守りセンサーなどのサービスを導入したり、オーナー自身が入居者と積極的に交流することで、気軽なコミュニケーションの場を設けて「孤独」にさせないようにするなどです。

もう一つは、孤独死が起きてしまった場合への備えです。居室の清掃や消臭、遺品整理、空室期間ができることによる家賃損失などは、専用の保険に加入していれば、金銭的なサポートを受けることができます。低コストで導入できるものもあるので、比較検討してみてください。

その他にも、孤独死の可能性がある部屋には警察官の立ち合いを依頼したり、孤独死が起きた部屋の再入居募集には告知義務が必要であったり、ということも押さえておきたいポイントですね。

高齢者・単身世帯が増え続けるこれからの時代、孤独死対策はどのオーナーにも考えてもらいたい問題です。安心して高齢者や単身世帯を受け入れられる体制を整えていきましょう。

高齢者・単身世帯の孤独死についてのOSnetの記事

孤独死は高齢者だけじゃない!月額300円で始められる孤独死に備えた保険とは

高齢者に多いと思われがちな孤独死ですが、実際には全体の4割を20代~50代の単身世帯が占めており、これからの時代に向けた対策が大切です。アイアル少額短期保険(株)が提供する、1戸室あたり月額300円で保証が受けられる保険をご紹介します。

孤独死対応保険で修繕費や家賃収入を最大6ヶ月カバー

高齢者人口が増える中、万が一孤独死が起きてしまった場合に備えておくことが必要です。(株)あそしあ少額短期保険が開発した保険では、家賃収入の損失を最大6カ月補償することができ、特約を付けることで、さらに修理費用などの補償も受けることができます。

孤独死が起きたらどうする? 事前の対策は?

単身世帯が増える中、孤独死のリスクは他人事ではありません。トラブルを最小限に抑えるためにはどうしたらいいのでしょうか?孤独死を防ぐためにオーナーができる対策と、もしも起きてしまった場合にとるべき行動をまとめました。

高齢者・単身世帯の孤独死リスクに対策を

いかがでしたか?孤独死は、高齢者だけでなく、単身世帯全体に当てはまるリスクです。高齢者・単身世帯が増えていくこれからの時代には、孤独死を防ぐ取り組みや孤独死が起きた場合の対応策をしっかり整えていくことが大切ですよ。

スムスム君

記事をシェアしてみよう!

その他のカテゴリーを探す

初心者のための
空室対策ノウハウ事典

空室対策には、「物件力アップ」、「販促力アップ」、「顧客満足度アップ」の3本柱が必要です。それぞれについて、不動産オーナー初心者の方にもわかりやすくノウハウをまとめています。

ノウハウ事典トップへ

動画でわかる!賃貸経営

オーナーズ・スタイル主催セミナーやカンタンDIY講座、物件見学会レポート、など、記事では紹介しきれないノウハウや話題のテーマを動画でお届けまします。

動画一覧を見る