日本でも続々発売の最新設備「スマートロック」は賃貸住宅でどう活用できる?

  • 住宅設備
  • 管理、空室対策
  • 住宅設備
  • 見守り
  • セキュリティ
  • 仲介・入居者募集

「スマートロック」はスマートフォンやPCでドアの鍵の開け閉めができる最新設備。近年続々と発売され、注目度がアップしている。どんな機能があり、どう活用できるのか?スマートロック事業を行うライナフに話を伺った。

複数人で鍵を安全にシェアできることが最大の魅力

ハイテク設備のイメージがある「スマートロック」だが、その取り付け方法は、実はあっけないほど簡単だ。ドアの交換や工事は不要で、電源も必要なく、本体を購入すれば、一人ですぐに取り付けることができる。

玄関ドア内側のサムターン(鍵を開け閉めするつまみ)にはめ込むように両面テープで貼り付けるだけです」と話すのは、スマートロック「NinjaLock(ニンジャロック)」の開発・販売を行う(株)ライナフの担当者。ドアに貼り付けたら、次にスマートフォンに専用アプリをインストールして初期設定し、ユーザー登録をすればすぐに鍵の開け閉めができるようになる。アプリはi OSとアンドロイドの両方に対応している。

(担当者)「スマートロックの最大のメリットは、合鍵の受け渡しをしなくても鍵のシェアができることです。そして、鍵を利用できる人を自由に設定できること。複数人での共有や、利用できる期限を設定した使い方ができます」

賃貸では内覧時や民泊などへの活用に期待

スマートロックのオーナー権限を持つ人は、新たに利用者を招待でき、その利用権限を選ぶことができる(オーナー権限を付与するのか、開閉のみのゲストかなど)。

「例えば、オフィスやシェアハウスなど、複数人が使う不動産での利用に適しています。合鍵の場合 は、誰か一人がなくしたら鍵を変える必要がありますが、そのリスクはありません。

また、『明日の13時から15時』など利用時間の指定ができるので、賃貸の内覧時や民泊での活用にも適しています。鍵を現地ポストに入れる必要がないので、セキュリティ面でも安心です。さらに、開閉履歴が残るので、空室の防犯や高齢者向け住宅での見守りにも活用できます」

現在同社では、管理会社を対象とした内覧サービス「スマート内覧」も提供。スマホとタブレットを組み合わせて、内覧予約から現地の鍵の開閉まで、ウェブ上で一気通貫に行うサービスだ。

「個人のお客様はインターネット上で内覧予約をするだけで、直接現地に出向いて内覧できます。不動産仲介会社の担当者様は、管理会社から鍵を受け取らずに内覧予約ができるシステムです」

スマート内覧の利用会社はまだ少数だが、普及が進めば将来的には内覧の立ち会いがなくなる可能性もある。価格は現在本体2万円程度の商品が多く、決して安くはないが、今後どう普及していくのか要注目だ。

賃貸住宅での活用法

内覧時に

賃貸仲介会社の担当者が同行しなくても、内覧希望者は自分のスマホで部屋のドアの解錠・施錠ができる。

シェアハウスに

物件にスマートロックを取り付けて入居者をユーザーに設定すれば、入居者のみが鍵を安全にシェアできる。

民泊に

期間限定で鍵を設定でき、鍵の受け渡しを会ってする必要がないので便利。鍵の紛失や複製のリスクもない。

空室の防犯に

鍵がなく開閉履歴が残るので、空室を利用して現金の受け渡しを図る特殊詐欺などの防犯に効果的。

高齢者向け住宅での見守りに

鍵の開閉履歴が残るので、生活の見守りができる。宅配業者やヘルパーが来た時には遠隔で開閉が可能。

※この記事内のデータ、数値などに関しては2016年9月6日時点の情報です。

取材・文/本多 智裕

【会員限定】この記事の「オーナーズ・スタイル誌」での掲載ページを
PDFでダウンロードできます。

PDFをダウンロード

その他のカテゴリーを探す

初心者のための
空室対策ノウハウ事典

空室対策には、「物件力アップ」、「販促力アップ」、「顧客満足度アップ」の3本柱が必要です。それぞれについて、不動産オーナー初心者の方にもわかりやすくノウハウをまとめています。

ノウハウ事典トップへ

動画でわかる!賃貸経営

オーナーズ・スタイル主催セミナーやカンタンDIY講座、物件見学会レポート、など、記事では紹介しきれないノウハウや話題のテーマを動画でお届けまします。

動画一覧を見る