夢をカタチにしたオーナーの「大家業を楽しむ」ための秘訣とは?【素敵な大家さん】

  • 法律、その他
  • 管理、空室対策
  • 不動産を学ぶ
  • シェアハウス

「楽しくないと大家はやっていられない」と語るKさんはサラリーマン大家さん。平日はフルタイムで勤務しながら、これまでなんと5棟もの賃貸物件の自主管理をしてきた。入居者とのふれあいや、入居者の暮らしやすさを何よりも大切にするKさんにとって、今回の「シェアハウス+入居者によるDIYが可能な賃貸」の運営・管理は念願だったと言っていい。夢を叶えるまでのストーリーを紹介したい。

世話好きの大家さんは自主管理を選んだ

Kさんが自主管理を始めたのは、実はある後悔がきっかけだった。横浜に学生向け物件を購入して間もなく、入学したばかりの入居学生が大学に馴染めず、退去し田舎に帰ってしまったと聞いたのだ。

「これから明るい未来があるはずの人に、どうしてそんな思いをさせてしまったのか。大家の私がもっとコミュニケーションをとっておけばよかったのでは、と反省したのです」(Kさん)

自主管理ならば、掃除や草むしりをしている際に入居者と顔を合わせれば言葉を交わしたり、困っていることを聞いたりすることができる。以降、全物件で自ら管理業務を行うことで、入居者との心の距離を縮める努力をしてきたという。もちろんKさん自身が人と接することが好きで面倒見のいい性格だからこそできたことだろう。

そんなKさんにとってみれば、入居者同士のコミュニケーションを重視するシェアハウスはまさにぴったりの物件。「ぜひやってみたかった」という言葉にもうなずける。

シェアハウスの研究中に良きパートナーと出会う

研究熱心なKさんはインターネットで調べながらシェアハウスに関する理解を深めていったという。そんな活動中にたまたま参加したのが、株式会社Rバンクのシェアハウス経営セミナーだった。

同社は首都圏を中心に多くのシェアハウスの運営実績のある企業。同社取締役である鈴木氏のセミナーに参加し、感銘を受けたKさんが鈴木氏を訪ね、意気投合。同社からアドバイスを受けながら、シェアハウスの大家さんという夢に向けてステップを踏み始めた。

鈴木氏は「最近はシェアハウスでも普通の賃貸住宅でもどちらでもいいという方が増えてきているので、市場としては今後ますます有望と考えています。また、エリアに関してですが、多少通勤時間が長くなっても自分らしいライフスタイルで暮らしてみたいという若い人は多くなっていますね」 と語る。

生まれ育った逗子の街に若い人を呼びたい

心強いパートナーを得て自信を深めたKさんは、自身が生まれ育った、愛着の深い逗子エリアを中心に物件探しを始めた。

「逗子の街は過疎化、高齢化が進んでいるので寂しさを感じていたんです。若い人に住んでもらって、街の活性化にも貢献してみたいという気持ちが強かったですね」

程なくして出会ったのが築約30年のこの物件。母屋と独立した1棟から構成されている。逗子駅から徒歩約9分で海にも約10分の好立地が気に入り、購入を決意。母屋をシェアハウスに、もう1棟を入居者によるDIYが可能な賃貸にすることにした。

「DIY賃貸に興味がある人ならシェアハウスを希望する人とも相性がいいと思ったからです」

物件名となっている「アミキエソーレ」とはイタリア語で「太陽と友」という意味。

「逗子の地で、太陽のもと友達をつくって、仲間と楽しく遊んで欲しいという思いからつけました」

DIY賃貸の外壁は太陽をメージする鮮やかなオレンジに塗り替えた。また、内部の壁材は本来壁の中に使う木材を使用しているが、無垢の木目がナチュラルな印象でいい雰囲気に仕上がっている。

鈴木氏は「シェアハウスもDIY賃貸も、運営ルールがとても大切です。共用部の使い方や退去時の精算など、細部にいたるまで契約書を作ってしっかりした運営を心がけて欲しいですね」と注意を促すが、Kさんは「私自身は昔からルールというものが嫌いでして(笑)。これから入居者の方とじっくり話し込んで決めていきたいですね」と語る。

今後どんな物語がここで紡がれていくのか、「これから」にも注目したい物件だ

「Amici e sole」(アミキエソーレ/太陽と友)

所在地:神奈川県逗子市
交通:JR横須賀線「逗子」駅より徒歩10分
構造:木造2階建て+木造平屋
間取り:シェアハウス4LDK、DIY賃貸1DK
家賃:シェアハウス4万9000円~6万円、DIY賃貸8万9000円

左がシェアハウス棟で右がDIY可能棟。アプローチを兼ねた中庭は両棟入居者のコミュニティスペースとして利用予定で、現在はKさんが皆で遊べるようにと用意した共有のサーフボードが飾ってある。

シェアハウス

お洒落なポスト

清潔感に溢れた共用のトイレと洗面化粧台

共有のリビングスペース。IHクッキングヒーターは置き型なのでテーブルに運んで鍋パーティーにも活躍しそう

2階の居室。2面採光で明るく開放的

1階の居室。色違いの琉球畳が、光の加減で市松模様のように見える。ここにもKさんの遊び心が

DIY賃貸

壁や床は一定の基準のもとに、自由にDIYを楽しむことができる。壁はクロスを張っても、ペンキを塗ってもOK。

キッチンはシェアハウス同様、造作のカウンター型に仕上げ、食器棚を置く必要がないほど収納スペースを確保

リビングとキッチンの仕切りに、元々あった窓の障子の枠を採用している。紙や布を張って楽しんでもらいたいという

押入れは既存のまま。入居者がどう工夫するか楽しみ

※この記事内のデータ、数値などに関しては2015年9月7日時点の情報です。

取材・文/本多 智裕 撮影/青木 茂也

【会員限定】この記事の「オーナーズ・スタイル誌」での掲載ページを
PDFでダウンロードできます。

PDFをダウンロード

その他のカテゴリーを探す

初心者のための
空室対策ノウハウ事典

空室対策には、「物件力アップ」、「販促力アップ」、「顧客満足度アップ」の3本柱が必要です。それぞれについて、不動産オーナー初心者の方にもわかりやすくノウハウをまとめています。

ノウハウ事典トップへ

動画でわかる!賃貸経営

オーナーズ・スタイル主催セミナーやカンタンDIY講座、物件見学会レポート、など、記事では紹介しきれないノウハウや話題のテーマを動画でお届けまします。

動画一覧を見る