賃貸リノベーションのトレンドは?空室対策につながるポイントと注目プランをピックアップ!

リフォーム/塗装
  • リフォーム・リノベーション
公開日:2022年3月3日
更新日:2022年4月18日
賃貸リノベーションのトレンドは?空室対策につながるポイントと注目プランをピックアップ!1

「築古」「お金がない」「広さがない」ーこんなことが理由で空室に悩んでいる賃貸オーナーでも、高収益物件に生まれ変わらせることができるリノベーションのトレンドを解説!今の賃貸入居者にはどんなニーズがあるのか、そのニーズを生かした事例もあわせてご紹介します。

賃貸ニーズをおさえれば高収益物件への再生も夢じゃない!

築年が古く、時代遅れの設備仕様が残っているなど、小手先の空室対策では追いつかない場合、大胆なリノベーションで再生し、価値を高める決断も必要です。

コロナ禍でテレワークやオンライン授業が増加し、部屋数や住戸面積を広くしたいニーズが高まった一方、従来通り通勤・通学する人々への視点も重要。

開放感のある間取りや飽きの来ない自然素材への支持も根強くあります。こうした入居者のニーズを深堀りして価値を上げるリノベーション事業者は、志向が同じファンの集まる物件検索サイトを運営し、入居付けまでサポートしているケースも少なくありません。

「空室を埋める」対策から「早期入居、家賃アップで高収益物件に再生」へステップアップも狙ってみましょう。

キッチンだけ、土間空間…トレンドをおさえた注目のリノベーションプランをピックアップ!

「たのしいキッチン空間」に特化|クックパッド、Panasonic、パナソニックAWE
賃貸リノベーションのトレンドは?空室対策につながるポイントと注目プランをピックアップ!2

料理好きな単身者向けのキッチンが充実したリノベーションプラン

おうち時間の増加につれて高まった自炊のニーズに応えるリノベーションで強力に差別化。ワンルームで3 口コンロ、多目的カウンターなど、「おうち時間の充実」とテレワークの両方に対応しています。

仕事・遊びに活かせる土間空間|エイムズ「エイムズ クラフト」
賃貸リノベーションのトレンドは?空室対策につながるポイントと注目プランをピックアップ!2

自社大工による造作力、オリジナリティの高い企画力が魅力のリノベーション

老朽化が進み、空室続きの賃貸をSOHO・住居どちらの需要にも応えられるように施工。仕事場としても趣味空間としても使えるように9.6 帖の土間スペースを設けています。賃料3.5 万アップで成約しました。

開放感のある空間でおうち時間を快適に|グッドルーム「TOMOS(トモス)」
賃貸リノベーションのトレンドは?空室対策につながるポイントと注目プランをピックアップ!2

新旧ニーズに応える的確リノベーションで高入居率・賃料アップを実現

風通しの良い2LDK で、19 帖のリビング・ダイニングはおうち時間をゆったりと過ごすのに十分な広さを確保。収納の一部をデスク化できるオプションも人気で、テレワークのニーズにも応えています。

“負動産”を0円でシェアオフィスに|エンジョイワークス「0円!リノベーション」
賃貸リノベーションのトレンドは?空室対策につながるポイントと注目プランをピックアップ!2

定期賃貸借契約で借上、リノベーションをして5~8年運用後に返却

海辺の好立地にもかかわらず、稼働率が低くなってしまったビルを「0円!リノベーション」でワークプレイスに。テレワークのニーズに合致し、空きのない賃貸物件として運用しています。

本気で空室対策をするならあわせて読みたい!こちらの記事もおすすめ

この記事をシェアする

関連する企業レポート

関連するセミナー・イベント

関連する記事