賃貸物件の風水を整えて運気改善!~マンション・アパートのエントランス編~

管理/空室対策
  • 清掃(共用部)
公開日:2019年2月7日
更新日:2020年6月1日
賃貸物件の風水を整えて運気改善!~マンション・アパートのエントランス編~1

賃貸マンションや賃貸アパートに空室が続く……それは「NG風水」のせいかも!? 大家さんが入居者を気持ちよく迎えるために、物件に良い運気を呼び込むポイントや、NG風水を改善する方法を英国式風水コンサルタントの工藤沙美先生に伺いました。

賃貸物件の風水を整えて運気改善!~マンション・アパートのエントランス編~2

工藤 沙美先生

風水コンサルタント 工藤 沙美(くどう さみ)氏

日本生活空間研究会主宰/英国公認インテリアデザイナー/宅地建物取引士/ロンドン大学心理学部卒
中国の風水師直伝の「中国正統派風水」と英国インテリアデザイナーの資格を活かした、ハイセンスでモダンな風水が幅広い層から支持を受けている。著書、出版物多数。掲載誌、テレビ出演も多数。

賃貸物件の顔! エントランスを「風水」で整えて入居率アップ!?

「なぜか空室が続く部屋がある」「特定の部屋だけ退去率が高い」そんなお悩みを抱えた大家さんは少なくありません。いくらリフォームを重ねても、家賃を下げても改善されず「もう、これ以上なにをしたらいいか分からない!」なんて思っていませんか?もしかしたら、それは「風水」が関係しているかもしれません!

日本では「ラッキーカラーは西に黄色」「家は南向きが運気UPにつながる」など、偏った風水の認識が広まっていますが、本来は「足りないものを補う」「多すぎるものは和らげる」のが基本的な考え方です。陰陽のバランスをとり、良い「気」の流れを循環させること、それは一般的に人が「気持ちいい」「快適」と感じる状態を作りだすものなのです。

今回は、すべての人の目に必ず触れる正面玄関インテリアなど、エントランスまわりを中心に、入居者を逃してしまうNG風水と、開運への対処法をご紹介します。

暗いエントランスが邪気を呼ぶ! 北向きの運気改善方法とは?

賃貸物件の風水を整えて運気改善!~マンション・アパートのエントランス編~2

編集部:内見のときに悪印象を与えてしまう物件には共通した特徴があるのでしょうか?

工藤先生:まず、日本は南向きの部屋を良しとするので、反対側にあるエントランスが暗いという物件は多いですね。ただ、エントランスが暗いと「嫌だなぁ」という第1印象を与えてしまいます。

編集部:確かに、暗いエントランスから入るだけで、気分も暗くなりますね。でも、だからって建て替えるわけにもいきませんよね?

工藤先生:もちろんです!そもそも、なぜ南向きの方角がいいと言われているかというと、明るいからなんですね。明るいのは「陽」なんです。だから、エントランスが暗いのであれば、照明で明るくして「陰」を和らげてあげればいいんですよ。特に暗いところを照らしてあげるようにするのがオススメです。天井の隅が暗ければ下から照らすライト、足元が暗ければ足元用のライトを足してあげることで、おしゃれな空間の演出にもつながりますよね。センスを上げて運気もあげましょう。

編集部:一気に温かみのあるエントランスに変わりそうですね!

殺気を発する「アレ」に要注意! 重要なのは数とバランス

賃貸物件の風水を整えて運気改善!~マンション・アパートのエントランス編~2

工藤先生:オープンなエントランスの場合、大きな木などの植物が植えてある物件もよく見掛けますが、木や柱にも注意が必要です。

編集部:エントランス周辺に目隠しのための植栽や、大きな柱があったりしますよね。どうして注意が必要なのでしょうか。

工藤先生:実は、一本だけで立っている大きな木や柱は「殺気」を出しているんです。退去率が高くなりがちなお部屋の玄関前には、大きな木や柱があることも多いんですよ。

編集部:え?「さっき」って、殺気ですか?植物はいいものだというイメージがあるのですが。

工藤先生:2本以上になると殺気も和らぐので、木を植えるのであれば低めの木を2本以上植えるのがおすすめです。かといって、密集させてしまうと「気」の通り道を塞いでしまうので気を付けてくださいね。柱の場合は、リースを付けて植物の陽の気を足してあげたり、明るく温かみのある色に変えたりすると効果的ですよ。

この記事をシェアする

関連する企業レポート
築25年でも平均入居率99.2%!デ・リードなら築古でも10年一括借り上げ

築25年でも平均入居率99.2%!デ・リードなら築古でも10年一括借り上げ

築古物件を所有しているが空室が多いのが悩み、管理業務が面倒といった方にデ・リードの10年契約での一括借り上げシステムがおすすめです。共用部分や室内をリフォーム、モデルルームを設けるなど、ゲスト目線も大切にする同社が、築25年以上の物件で平均入居率96.7%を実現している仕組みをご紹介します。

地域密着の賃貸管理で高入居率を実現!運営経費の削減で収入アップ|三島コーポレーション

地域密着の賃貸管理で高入居率を実現!運営経費の削減で収入アップ|三島コーポレーション

想定以上の運営経費や、固定期間終了後の賃料低下問題も指摘されるサブリース。三島コーポレーションでは、賃料の固定期間が長く、運営経費もほぼ負担してくれるので、サブリースを検討している賃貸経営オーナーにおすすめだ。創業70年の安心・実績でオーナーから信頼を得ている同社のサービスを紹介しよう。

関連するセミナー
2020年1211日(金) 13:00~16:50
”日管協×国交省”-大家さん・不動産事業者のための‐外国人受け入れサポート オンラインセミナー
管理/空室対策
セミナー
公開日:2020年11月25日

”日管協×国交省”-大家さん・不動産事業者のための‐外国人受け入れサポート オンラインセミナー

大家さん・不動産事業者の方向けに、外国人の民間賃貸住宅への受け入れに特化したオンラインセミナー。今回は、「外国人×民間賃貸住宅」に関する見識を持つ講師による、実体験からの事例と取り組みをご紹介します!

無料
主催:日本賃貸住宅管理協会
2020年1210日(木) 13:00~15:00
”日管協×国交省”-大家さん・不動産事業者のための‐外国人受け入れサポート オンラインセミナー
管理/空室対策
セミナー
公開日:2020年11月24日

”日管協×国交省”-大家さん・不動産事業者のための‐外国人受け入れサポート オンラインセミナー

大家さん・不動産事業者の方向けに、外国人の民間賃貸住宅への受け入れに特化したオンラインセミナー。今回は、「外国人×民間賃貸住宅」に関する見識を持つ講師による、実体験からの事例と取り組みをご紹介します!

無料
主催:日本賃貸住宅管理協会
2020年1216日(水) ※申込完了後、11/16(月)18:00~12/16(水)までの1カ月間ご視聴いただけます
【オンラインセミナー(録画)】[老朽化不動産 再生特集]今こそ考えるべき『建替え』か『改修』か⁉再生手法の判断基準を徹底解説!
建てる/融資
セミナー
公開日:2020年11月6日

【オンラインセミナー(録画)】[老朽化不動産 再生特集]今こそ考えるべき『建替え』か『改修』か⁉再生手法の判断基準を徹底解説!

ご所有資産や資産経営にかかわるさまざまな課題に対して最適解をご提案する「三井不動産のレッツ」。今回はそんなレッツ資産活用部から築古物件を所有されているオーナー様に向けてセミナーをお届けします。

無料
主催:三井不動産
2020年1213日(日) 10:00~16:00
オーナーズ・スタイル主催
【申し込みは終了しました】オンライン相談もできる!匠・プロが集結する『賃貸経営プロフェッショナル相談会』
建てる/融資
イベント
公開日:2020年10月20日

【申し込みは終了しました】オンライン相談もできる!匠・プロが集結する『賃貸経営プロフェッショナル相談会』

賃貸業界で活躍する、各業種の一流プロフェッショナルたちが相談員としてこのイベントのためだけに集結!今まで得られなかった提案や回答を受けられる貴重な機会です。オンライン相談も可能ですので、せひご参加ください!

無料
主催:株式会社オーナーズ・スタイル
関連する記事
オンラインで無料相談の予約ができる!『賃貸経営+相続対策大家さんフェスタ 2020秋』出展企業

オンラインで無料相談の予約ができる!『賃貸経営+相続対策大家さんフェスタ 2020秋』出展企業

10月17日(土)に開催するオーナーズ・スタイル主催『賃貸経営+相続対策 大家さんフェスタ 2020秋』では、イベント終了後出展企業にオンラインで無料相談の予約ができるサービスをご用意いたしました。賃貸経営のお悩みを相談したくてもできなかった大家さんはぜひご利用ください。

【大家さんフェスタin梅田】「関西大家さんの会3代表のホンネ座談会」動画配信中!

【大家さんフェスタin梅田】「関西大家さんの会3代表のホンネ座談会」動画配信中!

去る8月29日に開催された「大家さんフェスタin梅田」は、多くの読者オーナーが来場し大盛況のうちに終了いたしました!当日の講演で人気を博した「大家さんの会代表によるホンネ座談会」。〝もう一度やってほしい〞といった皆さまの熱いご要望にお応えして、当日の動画をお届けします!

賃貸経営オーナーにも影響あり?「賃貸住宅管理適正化法」の ポイントを解説

賃貸経営オーナーにも影響あり?「賃貸住宅管理適正化法」の ポイントを解説

不動産管理契約及びサブリース契約について新しい規制を定めた「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」(以下「新法」)が成立しました。サブリース契約については2020年12月に、管理契約については2021年6月に施行される見通しです。新法成立の背景と、新法の内容、オーナーへの影響について押さえておきましょう。

関連する企業レポート

関連するセミナー・イベント

関連する記事