OSレポート
[提供:関西電力]

過去の大規模地震で迅速な復旧を実現。資産価値も維持できる電化マンション

  • 住宅設備
  • 住宅設備

長期にわたり安定した賃貸経営を続けるために欠かせない視点は、建物の資産価値を維持することと、入居者に長く安全・快適に暮らしてもらうこと。どちらにも有効な関西電力が提案するオール電化マンションを紹介したい。

素早くお風呂を提供しオール電化の魅力が伝わる

2018年6月に関西地区を襲った大阪北部地震。この地震後、同社にはオール電化マンションに対する問い合わせが急増しているという。

「まだガスが復旧していない時、オール電化住宅に住んでいる方が、ガス給湯器をお使いの方をお風呂に入れてあげて、大変喜ばれたそうで、その話題が口コミで広まっているようです」と語るのが石川さん。

大阪北部地震時に、電気は約3時間で復旧した。一方、ガスは1週間かかったため、電気は比較的迅速な復旧が可能といえる。加えて、エコキュートならいざという時には貯湯タンクに蓄えたお湯(水)を生活用水として利用することができる。

「小さいタイプの貯湯器で180Lです。特に水洗トイレの利用には重宝されると思います」

また、オール電化マンションにすることで資産価値の維持につながることも大きなポイントだ。

「IHクッキングヒーター(IH)は火を使わないので、火災になる可能性が低い。調理時間帯に地震が発生した場合でも安心です。また、結露を防ぐことができますし、壁や換気扇などを汚す心配も少ない。大切な資産である建物の寿命を長く保つことができるのです」

関西電力株式会社 営業本部


リビング営業部門 リビング営業グループ 石川 洋輔さん


リース契約で、初期投資を抑える事業計画も可能

オール電化で気になるのは初期コスト。「オール電化は高い」というイメージがあるかもしれない。

「以前はガス給湯器に比べると、かなり開きはありました。でも、エコキュートの累計出荷台数は本年6月に600万台を突破し、導入コストはかなり下がってきています。国は今後さらなる普及を推進しているので、価格差はさらに縮まるのではないでしょうか」

一方、初期投資を抑える方法のひとつにグループ会社によるリースサービスも行っている。

「初期費用がかからず、故障にも無料で24時間365日サポート。リース料は経費計上できるというメリットもあります。新築だけでなくリフォームの際にもぜひ検討してもらいたいサービスです」

入居者メリットも多く、長期入居を望める

入居者にとって魅力的なのは光熱費の削減効果だろう。

「割安な時間帯の電気を利用する料金メニューで、光熱費を抑えることができます。また、IHはお掃除がとても簡単ですし、驚くほどのハイパワーで、スピーディーに調理が可能です。安全機能も充実しているので子どもから高齢者まで安心して利用できます」

さらに、スマートフォンや携帯電話等でいつでもどこでも電気料金をチェックできるサービスや、電気のトラブルに無料でかけつけるサービスも入居者は利用可能だ。

入居者の満足度が高ければ、長期入居を期待することができ、建物も大切に利用してくれることで、この点からも資産価値の低下を防ぐことが期待できる。

「オール電化マンションに関心のある方はぜひご参加ください」

オール電化マンションの基本プラン

※ エネルギー消費効率3以上の場合

万が一の震災時でも安心!オール電化マンションにするメリット

※この記事内のデータ、数値などに関しては2018年10月9日時点の情報です。

取材・文/本多 智裕 撮影/山本 さとる

資料請求をするとこんな資料がもらえます

「オール電化」の賃貸マンション経営のはじめ方がわかるパンフレットをお送りいたします。


スムスム君

記事をシェアしてみよう!