先輩大家さんはどんな空室対策をしてる?最新クチコミ集

  • 管理/空室対策
  • 住宅設備
  • リフォーム/塗装
  • 仲介・入居者募集
  • 管理会社(入居者管理)
  • 住宅設備
  • リフォーム・リノベーション

多くの大家さんが抱える空室問題。いったい他の大家さんたちはどんな空室対策をしているのでしょうか?本誌アンケートの他、不動産オーナー経営学院、がんばる家主の会の方々から寄せられた、役立つクチコミをご紹介します。

設備・環境を整える

最近はネットで色々なものを安く買うことができますから、お金をかけずにアイデア商品でイメージを高めるようにしています。例えば、無機質な3点ユニット空間では木製便座とオシャレなシャワーヘッドに交換することで、内見者にアピールできました。今後は家にある自転車を提供して、入居者がシェアできるサービスをしようと考えています。(埼玉県 Mさん)

築20年を超えて外壁にひび割れが目立ってきたので、思いっきり外壁をリニューアルしたら満室になりました。 (神奈川県 Tさん)

ゴミ置き場や駐輪場をはじめ、物件まわりを自分で毎週掃除しています。道路から玄関までのスペースに花壇を作って、季節ごとに花を植えることできれいな物件に保っています。(大阪府 Nさん)

空室対策として、5~6年前から比較的安価でてっとり早い方法として、部屋のある一部をデザインクロスにすることにしています。ところがある時、入居者の方から「このクロスは自分の趣味に合わないので、替えてください」と言われました。それからはオーナーの独断でなく、入居者様に決めていただく方法に変えました。(福岡県 Kさん)

階ごとにPRポイントを明確にしてリフォームにかける費用を変え、家賃設定に差をつけています。眺望が良い6、7階はしっかりリフォームして、家賃は7万円に設定。4、5階はほどほどリフォームで6万3000円。3階は原状回復工事程度で5万8000円。そうすると、ネット検索で5万円台、6万円台、7万円台の3つの価格帯でヒットします。また、内見者に違う階の部屋を案内することができるというメリットもあります。 (愛知県 Yさん)

あまりお金のかからないセルフリフォームをしています。例えば、LED照明への交換、キッチンのステンレス磨き、バルコニー手摺の塗装、防草シート張り、除草剤散布などです。 (千葉県 Tさん)

築20年以上経つ10世帯入りのアパートですが、お風呂に追い炊き機能を付けました。建築当初は問題なかったと思いますが、方々にアパートができたこの時勢、追い炊きぐらいできないと入居者が集まらないかと。(神奈川県 Tさん)

築29年で、空室になる度に丸ごとリノベーションをしていますが、家賃はそのままで、すぐ借手が見つかります。近所に大型マンションが次々に建っていますが、やはり家賃を上げないのが一番の空室対策と思われます。(広島県 Iさん)

桃の古木が花開き、香りで家全体が包まれています。この環境も、家賃の重要な要素だと考えています。入居者の方も大変満足しています。 (東京都 Kさん)

客付力を上げる

入居獲得は1)内見件数×2)成約率です。1)の内見件数を上げるために、手作りチラシを作成して仲介会社の店長に手渡しています。2)の成約率アップには、内見のお客様にお部屋のアピールポイントをポップで訴求しています。また成約いただいた入居者の方に日用品のプレゼントを用意しています。 (大阪府 Kさん)

自分でモデルルーム風に部屋を飾って募集をかけると、すぐに入居の知らせがありました。入居を決めた方が部屋を見て決めたかどうかわかりませんが、やはり管理会社に任せずに自分で考えて行動することは大切だと感じました。 (愛知県 Mさん)

築26年の物件ですが、ターゲット層を絞り、試行錯誤しながらリノベーションを行うことで、地域の不動産会社からはリノベーション物件と言えばうちの物件と言ってもらえるようになりました。管理会社にお願いしながら、私自身も客付け会社へ挨拶回りをして、お話ししながら入居者ニーズを聞かせていただき、賃貸経営に役立てています。 (福岡県 Kさん)

購入した5階建てビルは、契約時は1階の飲食店しか入っていない状態。でも募集活動は広告に頼らず、興味を持ってくれそうな人に自分で直接会いに行きました。このビルを利用して面白いことを発信したいという私の思いに共感してくれる方に入居してもらいたかったからです。会った人数は、約100人。今では無事満室です。 (東京都 Tさん)

チラシ(マイソク)を自分で作って、熱心に営業してくれそうな地元の仲介会社5、6社に定期的に通って届けています。チラシで特に力を入れているのが写真です。物件の魅力や強みをアピールできるよう、プロのカメラマンに安い費用でお願いして見栄えのいい写真を掲載しています。 (愛知県 Iさん)

入居者の不満の芽を摘み取る

入居者に対して毎年年賀状を出したり、契約更新時に何か不具合がないかの声掛けや、商品券等のサービスを行っております。 (神奈川県 Hさん)

入居者に長く利用してもらうために、建物周辺の草取り、清掃は当然として、入居者には会えば必ず声を掛けています。 (東京都 Tさん)

管理マンションに入居するパン屋さんのパイを、入居者全員に引換券を作って配布し、プレゼントしました。 (京都府 Jさん)

自宅と賃貸が一緒になっている物件のお客様とは食事会などをして、交流を深めています。1棟ペット可物件なので、近くの良い動物病院などを教えてあげると喜んでくださいます。 (神奈川県 Iさん)

気を遣っているのは、土日祝日はなるべくマンション内に入らないことです。入居者が気を遣わずに、友人や親等を呼べるようにと思っているからです。 (大阪府 Yさん)

毎年入退去の頃、管理人室の前に退去者の不用な物(冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなど)を並べ、ご自由にお持ちくださいとし、欲しい人が持ち帰っています。時には先にリクエストが来たり、買わずに待っている方もいるほどです。 (東京都 Kさん)

女性入居者が多いことに着目してやろうと思っているのが、「香り」をテーマにした空室対策です。プランターにハーブのラベンダーを植えて、エントランスに置いて印象を良くしたり、女性が敬遠しがちな1階にアロママッサージ店を誘致しようと考えています。 (神奈川県 Mさん)

※この記事内のデータ、数値などに関しては2016年12月12日時点の情報です。

取材・文/本多 智裕 協力/一般社団法人不動産オーナー経営学院、がんばる家主の会

【会員限定】この記事の「オーナーズ・スタイル誌」での掲載ページを
PDFでダウンロードできます。

PDFをダウンロード