企業レポート
[提供:関西電力]

ZEH補助金を活用した高性能&オール電化の賃貸住宅|関西電力

住宅設備
  • 住宅設備
  • セキュリティ
公開日:2020年4月8日
更新日:2020年12月25日
ZEH補助金を活用した高性能&オール電化の賃貸住宅|関西電力1

「ZEH(ゼッチ)」の高性能と相性のいい「オール電化」を取り入れた賃貸住宅は、快適な暮らしを追求する建物は入居者からの評判も良く、注目すべきだ。ZEH補助金を活用して成功しているオーナーの事例を紹介する。

オーナーズ・スタイルネットでは気軽に気になる企業の資料を取り寄せることができます

この記事を読んで興味があれば、ページ内にある【資料を請求する】、または【この企業・専門家に問い合わせる】をクリックして資料を取り寄せてみてください。

オール電化と好相性◎ ZEH賃貸住宅が大阪に登場

賃貸住宅建築を検討している方に関西電力(株)がおすすめしているのが「オール電化賃貸住宅」。オーナー・入居者双方にメリットが多く、特に省エネ効果が期待できるのが一番のポイントだ。

そして、オール電化と相性のいい仕様として注目なのが、ZEH(ゼッチ)だ。
ZEHとは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」で、年間の一次消費エネルギー量の収支を、プラスマイナス「ゼロ(もしくはゼロに近づける)」にすることを目指す。2006年から補助金が用意され、普及が始まった。

お話を伺ったのはこの方
ZEH補助金を活用した高性能&オール電化の賃貸住宅|関西電力2

オーナー 加納 公生さん

補助金が利用できたので実現した賃貸併用住宅です!

「ZEH仕様にする決断ができたのは、補助金のおかげです。2019年は60万円、2020年は50万円(各1戸あたり)と減少傾向。気になる方は早い方がいいと思います」

【ZEHマンション成功事例】ZEH補助金で初期投資の負担軽減

建築した加納さんは、仕事柄、先進的な住宅にかかわることが多く、築40年の実家との快適性のギャップを痛感していた。

「建て替えを検討しましたが、年齢的に住宅ローンを組むことが困難でした。妻に先立たれ、子どもたちも独立しているので、単身で住める部屋を設けた賃貸併用住宅にして、家賃収入をローン返済に充てる方法を選択しました。もともと重視していたのは、住まいの省エネや快適性だったので、ZEH仕様での建築が希望でした」

そこで問題になったのは、初期投資の負担の大きさ。エネルギー収支ゼロに近づけるためには、断熱・気密・防音など基本性能の高い構造に加え、太陽光発電、ZEH対応エアコン、高効率給湯機などの搭載が必要になる。

2018年度から、戸建てに加えて集合住宅用の補助金(ZEH-M)が展開されることになり、建築会社と基準を満たすよう取り組んだ結果、補助金を受け取ることができた。

「2018年当時で、1戸当たり70万円。私の物件は6戸ですから、合計420万円受け取れたのは、とてもありがたかったです」

完成した物件は、相場よりも高めの家賃でありながら現在満室。断熱性が低いことによる「寒さ・暑さ」「結露・カビ」といった問題がほとんどなく、清潔さが保たれているという。入居者の住み心地は好評だ。

「高断熱で光熱費が安くなるので、今後、お部屋探しをする方たちからZEH仕様の人気が高まることが予想されます。物件価値を長く維持できるメリットもあります」

ZEH補助金を活用した高性能&オール電化の賃貸住宅|関西電力2

省エネや快適・健康的な空間を実現できるオール電化・ZEH-M仕様に加え、蓄電池、宅配ボックス、電動ブラインドなどのスマート設備満載の賃貸併用住宅は、全室入居済みだ。

ゼム湯里 物件概要
[ 所在地 ] 大阪府大阪市東住吉区
[ 構 造 ] 鉄骨造3階建1棟6戸
[ 間取り ] 1LDK
[着工年月] 2018年8月
[完成年月] 2019年2月

この記事をシェアする


06-7501-0222

お問い合わせの際は、オーナーズ・スタイル・ネットを見たとお伝えください。

商号 関西電力株式会社
受付 9:00~17:00
定休日 土曜・日曜
対応エリア 関西圏
ホームページ https://www.kepco.co.jp/
所在地 大阪府大阪市北区中之島3-6-16

この企業・専門家の企業レポート

関連する企業レポート

関連するセミナー・イベント

関連する記事