ローディング

木造の常識を覆す遮音性で防音!入居者の不満1位「騒音」を解消

  • 建てる/融資
  • アパート
  • 高齢者住宅
木造の常識を覆す遮音性で防音!入居者の不満1位「騒音」を解消1

木造住宅高遮音床仕様 Mute50を開発 「L-50」が標準搭載に

圧倒的な耐震性、美しいデザインで他社とは一線を画す三井ホームが、もう一つのアドバンテージを生み出しました。それは分譲マンション並みの高い遮音性能です。集合住宅やシェアハウスの大家さんにとっても大きなアドバンテージとなること間違いなしの、その性能とメリットをご紹介します。

住宅業界最高レベルの高遮音床仕様を新開発

住宅入居者が日頃どんなところ に不満を感じているかご存知だろうか。「上下階の部屋等からの騒音」が第一位で、46.1%の入居者が不満を抱いていると回答。賃貸住宅においても賃貸マンション・賃貸アパートの入居者は、断熱性能や隣の家との遮音性に比べて、この不満を第一位に挙げている。つまり、住宅の上下階の遮音性能効果を高めることができれば、入居者の賃貸生活の満足度も高まり、長く住み続けてもらえるということになる。また、上階のトイレや洗濯機の音漏れなどの生活騒音や子供の声による騒音トラブルへの対策もできる。ここに同社は着目した。

木造の常識を覆す遮音性で防音!入居者の不満1位「騒音」を解消2

(依田さん)「2017年より、弊社が開発した木造住宅高遮音床仕様『Mute50』を全ての賃貸住宅(メゾネット型は除く)に標準採用することとしました。さらに住宅業界最高レベルの遮音床仕様『Mute45』もオプションで採用できます。これらの技術で、入居者の上下階の騒音ストレスを大幅に軽減することができるのです」

どれほど遮音性能に優れているかは、「Mute50」が床衝撃音を一般的な鉄骨住宅に比べ約3分の1に軽減すること、木造でありながらスラブ厚270mm相当のRC造分譲マンションに匹敵する性能を実現できると説明すれば想像がつくだろうか。「Mute45」はさらに凄い。床衝撃音は約4分の1 に軽減し、騒音ストレスは分譲マンションを超える。

新築分譲マンションとほぼ同じ遮音性
木造の常識を覆す遮音性で防音!入居者の不満1位「騒音」を解消2

【L値】床衝撃音に対する遮音性能を表す単位のこと。重量床衝撃音(LH)と軽量床衝撃音(LL)の2種類に分けて数値化されます。【重量床衝撃音(LH)】子どもが飛び跳ねたり、椅子を動かしたときなどに、「ドスン」「ガタン」と大きく下の階に伝わる鈍くて低い音を言います。【軽量床衝撃音(LL )】スプーンなどを床に落として発生する「コツン」という音やスリッパで歩いて「パタパタ」する、比較的軽めで高音域の音を言います。床衝撃音に対する遮音等級と生活実感(出典:日本建築学会)


この高い居住性能をアピールすることで都市部での賃貸需要をさらに開拓していく方針だという。

木造の常識を覆す遮音性で防音!入居者の不満1位「騒音」を解消2

三井ホーム株式会社 営業推進部賃貸・用地グループ長 依田明史さん

制振ゴムとスプリングの組み合わせにより過度の沈み込みを防ぎ、快適な歩行感も得られます。高齢者施設や文教施設などへも幅広く活用することも可能です


耐震性能に加えて、洗練のデザインも魅力

同社は地震に強い工法として知られるツーバーフォー住宅の日本におけるパイオニア的存在。耐震性能を追求して独自の技術からなる「プレミアム・モノコック構法」を開発している。

その耐震性能の高さは、施工物件が過去40年以上、幾多の大震災でも揺れによる全・半壊がゼロであること、国立開発研究法人土木研究所で実施した実大震動実験において、震度7の連続60回の実大震動実験でも大丈夫だったことが証明している。

「住宅性能表示制度の耐震等級3に対応しています。これは、消防署など災害時の支援拠点となる建物に匹敵する高性能です」

木造の常識を覆す遮音性で防音!入居者の不満1位「騒音」を解消2

※本実験(2016年7月11〜13日)に使用した建物はプレミアムモノコックタイプG

また、「デザインメゾンアーバニティ」をはじめとして、注文住宅で長年培ったノウハウを生かしたラインナップも高い人気を集めている。この商品は都市部の良質な入居者を対象とした高級感に溢れた生活空間を実現する賃貸住宅だ。

外観デザインは入居者ニーズに対応した多彩なプランを用意
木造の常識を覆す遮音性で防音!入居者の不満1位「騒音」を解消2

木造の常識を覆す遮音性で防音!入居者の不満1位「騒音」を解消2

木造の常識を覆す遮音性で防音!入居者の不満1位「騒音」を解消2

「木の温かみ、やさしさに洗練されたデザイン性がプラスされた都会的な商品です。注文住宅同様自由設計ですから敷地形状や法規制に対応して、様々なプラン・デザイ ンを提供できることも強みです」

耐震性、デザインに加えて、遮音性でも業界に先んじている同社こそ、長期安定経営を願うオーナーの信頼できるパートナーとしてふさわしいのではないだろうか。

※この記事内のデータ、数値などに関しては2018年6月5日時点の情報です。

取材・文/淵脇 祐樹

大家さんがDIYできる木造アパートの防音対策を紹介!

遮音性の高い三井ホームの木造住宅を紹介したが、建て替えまではできない大家さんも多いだろう。そこで、木造アパートで簡単にできる防音対策も紹介したい。木造アパートは、マンションよりも遮音性が低いことが一般的。騒音によるストレスが蓄積するとトラブルが起きてしまうこともある。大家さんにもできる防音対策にはどのうような方法があるのだろうか?

木造アパートの防音対策は「遮音」「吸音」「制振」

木造住宅で防音対策をするには、「音の侵入や漏出を防ぐ(遮音)」「音を反射させずに吸収する(吸音)」「固いものを伝わる音を抑える(制振)」という3つの視点から遮音性を上げる工夫をする必要がある。

例えば、窓を二重サッシにすると、窓からの音漏れが軽減されて遮音性が上がると言われている。また、壁に石膏ボードを二重で張る、石膏ボードの間に遮音制振ゴムのような違う素材を挟むなどの工夫でも、遮音効果が期待できる。床材も、吸音材と遮音材を組み合わせて、その上に新しくクッションフロアを敷けば、高く軽い音に対しては防音効果がある。
また、DIYでできる簡単な防音対策もあるが、防音材にちょっとの隙間があるだけでも効果が発揮されなくなるので、オーナーや入居者にはハードルが高いことも。そんな時は、三井ホームのように、分譲マンションレベルの遮音性を持った木造住宅を開発している企業に相談してみるのもオススメだ。

木の温かみやデザイン性は、木造住宅のメリットでもある。あなたの資産を活かす、効率的なプランを検討してみてはいかがだろうか。

アパートの防音性能は、どう改善できる?

入居者の不満の中で「遮音性」は常にトップに上がり、木造アパートよりマンションが好まれる理由の一つです。そんな木造アパートの騒音トラブルはリフォームで対策をすることができます。防音対策の効果を上げるポイントをお伝えします。

簡単リフォームで実現!木造アパートの効果的な防音対策

防音対策には、「遮音」「吸音」「制振」という考え方があります。本格的な工事から、日曜大工の心得があればできるようなDIYまで、対応策の幅は広いです。木造アパートとマンションの遮音性の違いから、具体的な防音対策までをまとめました。


0120-06-2331
お問い合わせの際は、
オーナーズ・スタイル・ネット を見たとお伝えください。
商号 三井ホーム株式会社
受付 9:00~18:00
定休日 水曜・日曜(一部エリアは土曜・日曜)
対応エリア 全国(一部地域除く)
ホームページ http://www.mitsuihome.co.jp/property/
所在地 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル53階
  • 大規模修繕ナビ|大家さんの賃貸経営を応援するオーナーズ・スタイル・ネット
関連するセミナー・イベント
  • 初心者のための空室対策ノウハウ事典 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営
  • 動画でわかる!賃貸経営 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営