ローディング

賃貸住宅の建築時に起こりうるトラブルQ&A

  • 法律
  • 建てる/融資
  • 弁護士・司法書士
賃貸住宅の建築時に起こりうるトラブルQ&A1

久保原弁護士による法律相談、「管理」におけるトラブルのQ&Aです。建て替え・新築時から入居開始までに起こりうるトラブルにはどんなものがあるのでしょうか。リスクを回避するために、オーナーは何を気を付けるべきなのでしょうか?起こりうる事例と対策を把握しましょう。

賃貸住宅の建築時に起こりうるトラブルQ&A2

九帆堂法律事務所 弁護士 久保原 和也

2007年、京都大学大学院法学研究科修了。同年、司法試験合格。


2008 年、九帆堂法律事務所設立。


最高裁で勝訴した更新料裁判の大家さん側弁護団の首都圏担当。更新料裁判では、首都圏で唯一の弁護団所属弁護士としてさまざまな情報を発信。


Q1:建築途中で建築費用の安い業者を見つけた場合、建築会社を変更できる?

A1:変更は可能ですが、通常は違約金が必要となります。安易な変更はおすすめできません。

建築会社との契約は請負契約ですので、民法上、注文者であるオーナーは仕事が完成しない間は、いつでも契約解除ができます。建築工事はオーナーの利益のために行われるものであり、信頼関係が損なわれた相手が工事を完成させても無意味であると考えられているのです。

しかし、建築会社に生じた損害は賠償をしなければならず、具体的には、契約で定められた請負代金からまだ生じていない費用支出を控除した額を賠償することになります。また、通常は違約金が契約で定められており、その場合は違約金も必要です。このように考えると、建築途中で建築費用の安い企業を見つけたからといって、安易な変更はかえって負担を大きくすると言えるでしょう。

Q2:建築会社の見込みに反し入居者募集が苦戦した場合、損害賠償できる?

A2:残念ながら、通常はできません。事業リスクはオーナーにあります。

建築会社が、建築契約前に賃貸マンションを建築した場合の収支予定表を作成し、参考資料として交付してくれる場合があります。しかし、それは通常はあくまでもサービスの一環であり、その収支計画について建築会社が何らかの保証をしているとまでは考えられません。したがって、事業が思い通りにいかなくても、建築会社に損害賠償請求をすることはできないということになります。

このように事業リスクはオーナーが負うわけですから、建築契約の前にオーナー自身が収支計画の検証を十分に行う必要があります。周辺の賃貸市場をリサーチし、立地・間取り・景観などからどのように差別化を図ることができるか、入念に検討してから建築契約を締結しましょう。

Q3:入居者トラブルを回避するために、建築前から注意しておくべきことは?

A3:騒音問題や原状回復、定期メンテナンスなどを見据えておくことが重要です。

代表的な入居者トラブルに騒音のトラブルがあります。発生するとオーナーが関与せずにはいられず、かつ、簡単には解決に至らないため、大きな悩みの種となることもあります。建築会社とよく相談をし、ある程度の防音構造にしておく方が無難です。

また、賃貸マンションは入退去の度に原状回復工事が行われ、工事費用の一部を入居者に請求することもあります。明確で合理的な金額の原状回復工事が可能なのかを確認し、クロスなどの費用の目安の一覧表を作成しておくとよいでしょう。定期的なメンテナンスが必要な設備等についても、メンテナンス費用やその時期を確認し、収支計画を検証することはもちろん、入居者対応も後手後手にならないように準備をしましょう。

Q4:資材の高騰を理由に、建築会社から請負代金の増額請求を受け困っています。

原則として、請負代金の増額請求に応じる必要はありません。

請負代金の金額は、請負契約の重要な要素です。オーナーは金額に納得したからこそ工事を依頼しているので、工事内容に変更がないのに後で増額を要求されても、原則として応じる必要はありません。逆に、建築会社は資材の高騰などのリスクを加味して見%E

  • 大規模修繕ナビ|大家さんの賃貸経営を応援するオーナーズ・スタイル・ネット
  • 初心者のための空室対策ノウハウ事典 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営
  • 動画でわかる!賃貸経営 | 【オーナーズ・スタイル・ネット】で賃貸経営