OSレポート
[提供:コウマスター]

築古が満室&賃料アップ!提案型フルリノベーションで空室対策

  • リフォーム
  • 相続、節税、保険
  • 税理士

賃貸住宅に特化して空室に悩むオーナーに効果的なリフォーム提案を行っているコウマスター。荒れ放題の文化住宅を見事に再生した事例を紹介しよう。

提案型リノベーションで空室対策&賃料アップ

築40年のいわゆる文化住宅で、管理会社に客付けの意欲がなく全戸が空室、荒れ放題になった物件を所有していたオーナーは、建て替えかリノベーションかを検討し、コウマスター(株)に相談。

「傷みが激しく全6戸が空室に。手入れもせずに放っておいたので、どうしたものかと困っていました」

同社はオーナーの悩みを受け、周辺の市場調査を綿密に行い、女性コーディネーターも加わり、単身者にターゲットを絞ったフルリノベーションプランを提案。1室ごとではなく1棟全体で間取りを見直し、仕様や設備の配置など、入居者が暮らしやすいプランにオーナーは納得、改修を実施した。

外壁塗装や耐震補強を行い、間取りは和室2部屋をゆとりのある1LDKに変え、フローリングやアクセントクロスなどで明るくモダンに演出。キッチンは人気の対面式にし、バランス釜の浴室は乾燥機付きユニットバスに交換、洋室には室内物干しを設置してベランダがないデメリットも解消した。

ゆとりの広さが30歳前後の単身者に人気を呼び、家賃9000円アップで3カ月後には満室となった。「満室になった上に家賃もアップして大満足。提案力のあるコウマスターのおかげです」とオーナー。

同社は賃貸アパート・マンションに特化し、蓄積された実績やノウハウに裏づけされた提案型の空室対策リノベーションを得意とする。物件の価値を高めたい方は、ぜひ問い合わせをしてみて欲しい。

【オーナー成功事例】入居率0→100%!賃料9,000円UP!

Before

キッチンは瞬間湯沸かし器や換気扇など、古くて使いにくいものだった。浴室はバランス釜で、洗濯機は外置き

After

対面キッチンのある部屋に。赤のアクセントカラーがおしゃれで好感度アップ

乾燥機能付きユニットバスや温水洗浄便座など充実した設備が好評

改修費用

総額:約1,900万
内訳:内装全面改装 270万円×6戸
外装塗装、駐車場設置 230万円
企画・プラン図作成 50万円

シェアハウスの企画・施工もお任せ

これまでのリノベーション実績を活かし、シェアハウスの企画・施工も手がけている

※この記事内のデータ、数値などに関しては2019年1月11日時点の情報です。

取材・文/皆元 初香

資料請求をするとこんな資料がもらえます

空室対策の失敗例とその解決策を盛り込んだ空室対策のヒント満載の本(全24ページ)をプレゼント。


スムスム君

記事をシェアしてみよう!


その他のカテゴリーを探す

初心者のための
空室対策ノウハウ事典

空室対策には、「物件力アップ」、「販促力アップ」、「顧客満足度アップ」の3本柱が必要です。それぞれについて、不動産オーナー初心者の方にもわかりやすくノウハウをまとめています。

ノウハウ事典トップへ

動画でわかる!賃貸経営

オーナーズ・スタイル主催セミナーやカンタンDIY講座、物件見学会レポート、など、記事では紹介しきれないノウハウや話題のテーマを動画でお届けまします。

動画一覧を見る