ローディング

空室対策に!入居者満足度アップの最新設備ランキング

  • 住宅設備
  • 住宅設備
空室対策に!入居者満足度アップの最新設備ランキング1

さまざまな空室対策がある中で、手軽に取り組める割に効果的なのが、新しい設備の導入です。うまくいけば物件の価値も収益もアップにつながる設備導入の機会を無駄にしていませんか?今回は、入居者にアピールできる設備の最新トレンドを本誌の編集長、上田が解説します。

空室対策に!入居者満足度アップの最新設備ランキング2

オーナーズ・スタイル編集長 上田 英貴

株式会社オーナーズ・スタイル 代表取締役。株式会社リクルートに20年在籍後、株式会社オーナーズ・スタイルを設立。大家歴26年。宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士


キーワードは「便利で快適」と「安心・安全」な設備

物件の絞り込みに使われるインターネットの「こだわり検索」には、入居希望者に人気の高い項目がずらっと挙げられています。そこに含まれる設備の有無が、空室対策にも非常に重要というわけです。そこで、最新の人気設備ランキングを見てみましょう。

空室対策に!入居者満足度アップの最新設備ランキング2

入居者を対象にした調査では、エアコンが不動の1位です。エアコンは、新しい物件ならほとんどが設置済みと思うかもしれません。しかし、人気設備のトップにくるのは、まだ付いていない物件があることの裏返しです。エアコンは給湯器と同じで、当然ついているべき設備と言えます。ファミリータイプなら、複数台の設置も珍しくありません。

その他の設備は、調査する年によってランキングが入れ替わりますが、常に上位に入る設備に共通するキーワードがあります。「便利で快適」と、「安心・安全」です。

まず「便利で快適」な設備としては、BT(バストイレ)関連が上位に来ています。バストイレ別はもはや当り前となり、追い焚き機能付き・浴室乾燥機・温水洗浄便座など、一歩進んだ機能が求められています。

近年ニーズが高まっているのは、インターネット関係の設備です。接続無料の光回線や、Wi-Fi(ワイファイ)が上位に入っています。仲介会社に対して業界新聞が実施した「家賃が高くても入居が決まる設備」の調査では、「インターネット無料」が第1位でした。入居者が自分で設置した場合の費用と、設置済みの“おトク感”を比較してアピールしやすく、数千円の家賃アップも可能と言われます。

また、「安心・安全」と言えば、セキュリティ関連の設備です。ピッキング対策のカギやTVモニター付きインターホン、玄関扉のオートロックなどが上位に入っています。

【会員限定】この記事の「オーナーズ・スタイル誌」での掲載ページを
PDFでダウンロードできます。

PDFをダウンロード