キャンペーン

賃料減額要請・テナント退去の無料電話相談窓口|青山財産ネットワークス

その他
公開日:2020年4月17日
更新日:2020年5月28日
賃料減額要請・テナント退去の無料電話相談窓口|青山財産ネットワークス

ここがポイント

青山財産ネットワークスが新型コロナウィルスの影響でオーナー様が直面している不安やお悩みなど解決します。テナントからの賃料減額請求、所有不動産の価値、収入減での保険の見直しなどなんでもご相談ください。

申し込む

新型コロナウィルスから財産を守るための準備が大切です。

新型コロナウィルスの感染地域が、世界各地に拡大してきたことで、経済の分野にも大きな影響を与え始めています。株式市場の混乱、企業の業績悪化、不動産需要の鈍化、経済活動の自粛・縮小による収入減少・・・。今後想定される、賃貸経営者様が直面する問題について無料にてご相談を承ります。

ご相談の流れ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴いお電話による、非対面形式での実施とさせていただいております。

【リモート相談の場合】

※ご用意いただくものはWebカメラのあるパソコン又は、タブレット・携帯電話(内側カメラ搭載)です。ただし機種によっては対応ができない場合もあります。

ご注意いただきたい点
  1. 相談時間は原則30分となります。事前にご相談内容をおまとめください。
  2. リモート相談の場合、相談時のテレビ会議の準備はオーナー様ご自身でお願いいたします。
  3. お申し込みが多数の場合はご相談をお受けできない場合がございます。
  • ステップ1

    現状についてのご不安な点を申込フォームに記入してください

    ページ内の(申し込む)をクリックして、申し込みフォームを開いた後、必要事項をご記入いただき送信をしてください。

  • ステップ2

    弊社担当者から連絡が入ります

    いただいた連絡先に弊社担当者よりご連絡をさせていただきます。相談日時を確認させていただきます。

  • ステップ3

    お電話でご相談開始

    新型コロナウイルスの感染拡大に伴いお電話による、非対面形式での実施となります。個別業務の進め方につきましては、各担当よりご案内いたします。

申し込む

新型コロナウイルスの影響により入居テナントからの賃料減額請求が想定される?

国土交通省は2020年3月31日、不動産賃貸事業者に対し、新型コロナウイルス感染症の影響により、賃料の支払いに困難な事情があるテナントに対しては、その状況に配慮し、賃料の支払いの猶予に応じるなど、柔軟な措置の実施を検討するよう要請しました。これを不動産賃貸業を営む賃貸経営者様の目線で考えると、今後下記のような問題が発生すると考えられるます。

想定される賃貸経営者様が直面する問題

・ 毎月の賃料の減額を依頼されたが、どの程度まで応じるべきか。
・ 賃料の支払い猶予を依頼されたが、いつまで引き延ばすのが妥当なのか。
・ 賃料減額に応じた後の自身(自社)のキャッシュフローはどうなるのか。
・ 更新料の支払いが困難だと言われたが、退去されては困る。
・ 今後、賃料収入が減った場合、補償制度等はあるのか。

上記はあくまで一例です。個々の状況に応じ、専門的な知識も踏まえて、個別の対応が必要となります。

そのほかにも、こんなご不安はございませんか?

  1. うちの不動産の価値はどうなるの?
  2. 収入が減ってしまう!保険の見直しは必要?
  3. 円滑に財産を残すために今できることは?
  4. 法人を活用したら良いって聞いたけど、どうすれば良いの?
  5. 万が一に備えて遺言書を準備したい。
  6. 資産承継について専門家の意見を聞きたい。
  7. 遊休資産を売却して資金化したい。
  8. 値ごろ感の出てきた収益物件を購入したい。

など、オーナー様が抱える不安やお悩みをお聞かせください。

申し込む
この企業・専門家の企業レポート
認知症・相続対策に有効な民事信託(家族信託)の注意点と企業を選ぶポイント|青山財産ネットワークス

認知症・相続対策に有効な民事信託(家族信託)の注意点と企業を選ぶポイント|青山財産ネットワークス

相続対策・認知症対策の一つとして、民事信託の提案が増えてきています。家族信託とも呼ばれ、親の代わりに子が「契約行為」を行うことができるようになる仕組みです。しかし、ビジネスプレイヤーが増えたことで、必要のない・誤った信託設計も増加しています。民事信託活用について、注意するべきポイントを専門家に伺いました。

2020年以降、不動産価格は下がるのか?「サブリース2025年問題」で借入金返済ができなくなる?!

2020年以降、不動産価格は下がるのか?「サブリース2025年問題」で借入金返済ができなくなる?!

2020年以降、不動産価格は大きく下がるのでしょうか。借入金返済ができなくなるかもしれない「サブリース2025年問題」とは?固定資産税を払うばかりで資産を食いつぶす負動産に転落しないために、“やるべき対策”を相続コンサルの第一人者・青山財産ネットワークの高田さんにアドバイスしていただきました。

不動産の相続で失敗を防ぐには?やりすぎ対策に要注意

不動産の相続で失敗を防ぐには?やりすぎ対策に要注意

不動産の相続対策をしたいけど「相談相手によってお勧めが違う」「財産を守り、次世代に引き継ぎたいのに蚊帳の外」という感覚に襲われたことはありませんか。取返しのつかない失敗を避け、最適な対策を立てるにはどうすればいいのか?(株)青山財産ネットワークスの相続コンサルタント清水さんにお話を伺いました。

関連する企業レポート
屋上活用に携帯基地局アンテナを誘致!設置費用の負担なしで安定収入のチャンス

屋上活用に携帯基地局アンテナを誘致!設置費用の負担なしで安定収入のチャンス

物件の屋上スペースを収入源にしたい。そんな大家さんに活用してほしいのが、(株)JTOWERが提供する屋上活用プログラムです。携帯会社が携帯基地局を設置する場所を探せるようにするプログラムです。ここに登録することで、所有物件に携帯基地局を誘致する機会を増やせ、屋上を安定した収入源に変えることができます。

関連するセミナー
2020年0531日(日)
オーナーズ・スタイル主催
【投稿募集】賃貸経営にまつわる出来事や疑問、本サイトへの要望などをお寄せください!|オーナーズ倶楽部
その他
キャンペーン
公開日:2020年3月4日

【投稿募集】賃貸経営にまつわる出来事や疑問、本サイトへの要望などをお寄せください!|オーナーズ倶楽部

賃貸経営にまつわる日常の出来事やお悩み、疑問などがありましたらお聞かせください。また、オーナーズ・スタイル本誌や本サイトへの感想・要望もお待ちしています。採用された方には粗品をプレゼント!

主催:オーナーズ・スタイル
関連する記事
アパートの相続準備はいつから? 何をする? どうやる?|賃貸経営の相続

アパートの相続準備はいつから? 何をする? どうやる?|賃貸経営の相続

現役大家さんも、いつかは子供に賃貸経営を継がせたいと思っているのではないでしょうか。でもまだ準備をするのは早いのかもと考えていたら要注意。アパートやマンションの相続準備は出来るだけ早く始めることがおすすめです。ここでは、早く準備をする理由や準備するもの、引き継ぐ手段について紹介します。